挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

77/325

調査隊の帰還と冬到来



 ティアとの子の名は、ティゼル。

 女の子。

 健康に育って欲しい。

 ティアが落ち着いた頃に、出産祝いの宴会が始まる。

 少し飲み過ぎてしまった。

 アルフレートには妹が出来たわけだが……よくわかってなさそうだ。



 山エルフ達の代表はヤー。

 村での生活に戸惑いを見せたが、誰もが通った道を大きく外れる事はなかった。

 少しづつ慣れていき、十日もすれば落ち着く。

 見た感じ、狩りは罠を張るやり方を主流としているらしく、慣れない森の動物相手ではなかなか成果が出せないようだ。

 その分、採掘作業を頑張っており、加工も即戦力らしい。

 予想以上に優秀だったのは焼き物だ。

 俺が粘土を弄っているのを見て興味を持ったのか、やってみたら俺より圧倒的に上手かった。

 焼きも試行錯誤があったが、窯焼きで安定して焼けるようになった。

 俺が求めていた酒を納める為の甕も、キッチリ作り上げ、水漏れも無い。

 冬の間は、焼き物に集中して貰う事になった。



 そろそろ冬かなという頃に、北のダンジョンに向かった調査隊が帰って来た。

 魔物から採った素材を大量に持っており、成果に誇らしそうな顔をしている。

「ダンジョン内に友好的な巨人族が居ましたので、彼らと協力して調査を進めました。
 ダンジョンは北に向かって広がっており、全容はまだ判りませんがかなり広いかと」

「危険なヤツは居たか?」

「はい。
 ブラッディバイパーが何匹か確認できました。
 討伐は厳しいので逃げましたが、攻略するならいずれは倒さないといけません」

「ブラッディバイパー……ああ、大きいヘビか」

 前に大きい熊と暴れていたヤツだな。

「俺が行こうか?」

 提案すると、後ろからラスティとハクレンが話に入って来た。

「村長が行く事は無いわ」

「そうそう。
 私達で処理するわよー」

 ……

「お前達が行ってくれるなら助かるが、自主的に動こうとするのは妙だな」

「え?
 そ、そんな事は無いと思うけど?」

「うん。
 全然、普通じゃないかな?」

 問い詰めたら、自白した。

 ブラッディバイパーの肉を食べると、精力がつくらしい。

 えーっと……栄養、いや興奮作用があるって事か?

 聞けば、子作りを願う者達からは重宝される肉なのだそうだ。

 前に手に入れた時は、適当に焼いて食べてしまったが……

 俺が知ってたかと周囲を見ると、知らないと首を横に振られた。

「ブラッディバイパーを食べる機会自体が少ないですから」

 ただ、効果は感じていたらしい。

 俺は全然、気にならなかったけど。

「まあ、理由がわかったから行っても良いが……とりあえず、春になってからな」

 そう言ってその場は解散。

 調査隊の持ち帰った物を仕分け、倉庫に納める。

 ……

 あれ?

 精力……春になってから……

 未来の事は考えない。

 逃げ場の無い冬じゃなくて良かったと考えよう。





 冬になった。

 寒い。



「男性不足と貨幣の導入について考えたい」

 俺は村の主要人物を集めた会議で提案した。

「男性不足はわかりますが、貨幣ですか?」

「将来を考えると必要だ」

「そうですか?
 今のままで十分だと思いますけど」

「流石に今のままだと困るんだ」

「村長に何か不都合でも?」

 現状、村の物はすべて村長である俺の物という状態だ。

 狩りで得た獲物も、一度俺に納められた後で配られる。

 誰かが何かを欲しがった時、俺の許可がいる。

 最初の頃はそれでも十分だったが、今は人数が多い。

「細々した事を毎回聞きに来られたら俺の作業が滞るし、俺と連絡できない事で村がまったく動けなくなるのも困る」

 正直、小さな事は自由にしてくれと思うし、色々と俺に報告して動いてくれているが、そのうちに俺の方が処理しきれなくなるのが想像できる。

 俺としては農作業だけに集中したい。

 村の運営とかは、フラウやラスティに投げても良いかもと思い始めている。

 しかし、そうもいかないので、現状を楽にする方向で動く。

「その対策が貨幣の導入ですか?」

「ああ。
 物に値段を付ける事で、小さなやり取りは自主的に処理して貰いたいと考えている。
 だが、いきなり貨幣を導入しても馴染まない事は予想しているし、値段の乱高下に振り回される未来が見える」

 経済は化け物だ。

 素人がいきなりコントロールできるなんて微塵も考えていない。

「では?」

「段階を踏む。
 第一段階がこれだ」

 俺は少し大きめのコインの形に加工した石をみんなの前に出した。

 コインの片面に大樹の絵を彫り、もう片面に社に飾っている農業の神様を彫った。

「これはなんですか?」

「貨幣の前の段階として考えた……褒賞メダルだ」

「どういった物で?」

「一年に一回、村人全員に何枚か配る」

「あ、わかりました。
 この褒賞メダルと交換で物を貰えたり、何かして貰えるという事ですね」

「そうだ」

 貨幣よりも、利用券みたいなものかもしれない。

「村に貢献した者にもこれを渡すし、大会やゲームの勝者にも渡そう」

「おおっ」

 まずはこれに慣れて貰い、徐々に貨幣にシフトしていければと考える。

 まあ、先の長い計画だが。

「どうだろう」

「とりあえず、一年。
 やってみましょう」

 そう決定された。

「ところで……この褒賞メダルですが、村人全員に何枚かづつ配るとなると、それなりの数が必要となりますが……」

 村人に悪人は居ないと思うが、偽造は困る。

 なのでそれなりに作り込む。

 現状、石をあそこまで加工できるのは【万能農具】を持つ俺だけだ。

 辛いのは最初だけ。

 そう、最初だけだから。

 俺は自分に言い聞かせ、冬の間は黙々と褒賞メダル作りに励んだ。

 へへ。

 偽造できるもんならやってみるが良い。

 メダルの側面に通しナンバーを振ってみたり、隠し図柄を入れたりしてみた。

 面倒臭さがアップした。



「男性不足に関して、欠片も話し合いがなかったけど……」

「あっ」


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ