挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

76/289

収穫の秋と山エルフと焼き物



 収穫の秋が来た。

 まあ、秋以外にも俺の畑は何回か収穫しているのだが、秋はやっぱり収穫の秋だろう。

 黙々と働く。

 収穫は、ハイエルフ、リザードマン、獣人族を中心に行う。

 この時期は収穫作業中心。

 果実系は、ザブトンの子供達が大活躍。

 クロ達は収穫では戦力外だが、ハイエルフ達が収穫作業をするので、狩りを頑張って貰う。


 フラウの部下の娘達は、少し呼び方が面倒だったので改善を考えたが、魔族と言うと幅が広い感じがしたので本人達との相談の結果、文官娘衆と呼称する事になった。

 文官娘衆にも収穫作業はして貰うが、メインは収穫量の計測。

 収穫作業の少し前から、倉庫にある収穫物の量を数えて貰い、在庫管理をしっかりする事にする。

 最終責任者はフラウ。


 ティアはそろそろ出産なので、無理せずに休憩。

 出産経験者のルーに傍に居て貰う。


 グランマリア達はいつも通り警備。

 ドワーフ達は、平常通りに酒を造っているが……

「ここからここまでは酒用の倉庫に」

 酒の原料確保の為か、収穫作業に参加してくれている。


 ラスティ、ハクレンも収穫作業を手伝ってくれるが、残念ながら器用さが足りない。

 手伝いレベルだ。

 なので、二人には収穫した物を輸送する作業をして貰う。

 収穫量から運べる物はさっさと運んだ方が良いとの判断だ。

 ラスティはドライムの巣とシャシャートの街のマイケルさんの所に。

 ラミア族を使った輸送はしているが、輸送量や速度はドラゴン便には敵わない。

 ハクレンはドースとライメイレンの所。

 こっちは季節の挨拶みたいなものを含めてだ。

「お父様とお母様の居る場所、ここからだと真逆なんだけどー」

「じゃあ、片方だけで良いか?」

「それはそれで怖いわね」

「だろ。
 頼んだ」

「頑張る」

 ハクレンは先にライメイレンの居る南大陸に向かい、一度村に戻って、今度はドースの居る北大陸を目指す。

 飛行速度はラスティよりも圧倒的に速いらしく、なんだかんだで二週間ぐらいで輸送が終わった。

 ラスティの方は距離が短いので一週間ほどで終わっている。

 二人共、お土産があった。

 ラスティの方は、シャシャートの街の海産物。

 ラスティが街に到着したぐらいで、クジラに似た巨大な海の魔獣が街に接近。

 マイケルさんの依頼でラスティがそれを退治し、報酬代わりに得た海産物らしい。

 クジラに似た巨大な海の魔獣は、街の人総出で解体している最中。

 肉を確保できたら、ラミア便で送られて来る予定だ。

 ハクレンの方のお土産は、少し面倒だった。

「ダークエルフ?」

 褐色の肌のエルフが二十名。

 完全武装の姿で、揃っていた。

「我々の種族は山エルフと呼ばれています」

「そうか。
 すまない。
 俺の知っている種族と似ていたから、つい」

「いえ。
 ひょっとしたら、私達の種族の別称かもしれませんし……
 なんでしたらそのようにお呼び頂いても構いません」

「ははは。
 まあ、その辺りは良く考えてから。
 それで君達は、それで全員かな?」

 目の前に居る山エルフの二十名は全員、女性だ。

「はい。
 全員です」

 そうか。

 全員か。


 彼女達は元々はとある山中で暮らしていたのだが、食料事情が悪化したらしい。

 他の地に移動を余儀なくされ、移動した先の守護獣に挨拶をしたら、それがライメイレンの部下の部下の部下。

 なぜかライメイレンにまで話が通り、この村に行く事になったらしい。

 数年ぐらい掛けて移動するつもりだったが、ハクレンがタイミングよく来たので乗せてきたとの事だ。

「ライメイレンからはなんと?」

「新天地なら、お薦めの場所があるからそこで頑張ってみるようにと」

 多分、彼女達に拒否権なんてないんだろうなぁ。

 俺の方にも無いけど。

「わかった。
 ライメイレンの紹介だから村に受け入れる。
 村にはハイエルフが居るが、種族的に大丈夫か?
 対立したりしないか?」

「はい。
 問題ありません」

 良い返事だったが、一応、ハイエルフ代表のリアに意見を聞く。

「リア達は、彼女達の受け入れをしても大丈夫か?」

「大丈夫です。
 山エルフとは耳の形でよく同一視されますが、能力は別種族ぐらい違いますから、上下関係ではなく住み分けが出来ます」

「それは良かった」

 一安心。

「村のやり方と生活に慣れて欲しいが、無理をさせる気はない。
 駄目な部分は言ってくれ」

「承知しました」

 とりあえず、山エルフが寝泊りする場所として宿に案内した。

 世話役で悩んだが、ハイエルフから二人出して貰う事にした。

 村に定住してくれるなら、春になった時に家を建てよう。

 ただ、山エルフという名前だからな。

 ひょっとして、この村よりもハウリン村の方が住みやすいのかもしれない。

 その辺りも考えながら、話し合っていければと思う。



 ティアの出産が始まった。

 ルーの時と違って長い。

 長いが、俺は何も出来ない。

 ハイエルフ、鬼人族達が頑張ってくれている。

 ……

 何もしていないと色々と考えてしまうので、外で粘土を捏ねる。

 焼き物用だ。

 粘土はラミア族のダンジョンの一部から採取できたので、頼んで持って来て貰った。

 俺が粘土を捏ねるのは、前々からドワーフから問題にされていた酒を納める容器を作る為だ。

 基本、樽で良いのだが、樽だと木製なので中身が揮発してしまう。

 ワインや蒸留酒などはそれで味が熟成されるので構わないのだが、一部の酒は樽での保管に向かない。

 米から作った酒は特にだ。

 それでガラス瓶に納めるのだが、ガラス瓶は貴重だ。

 ハウリン村からそれなりの数を得ているが、最近は全て酒の保管用に持っていかれている。

 マイケルさんからガラス瓶を購入しようと考えた事もあったが、値段を聞いて諦めた。

 だからガラス瓶に代わる容器として、焼き物を思い出した。

 目指すはかめ

 粘土を紐状にし、その紐で甕の形を作っていくのだが……

 なかなか難しい。

 まずは手捏ねで茶碗からスタートかな?

 納得できる形が出来るまで頑張っていたら、いつの間にか子供が産まれていた。

 元気な女の子。

 ティアも無事だそうだ。

 良かった。

 さっそく見に行こうと思ったら、泥だらけの身体を注意され、風呂に送り込まれた。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ