挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

68/324

トラブルドラゴン



 門番竜ドライム。

「門番竜?」

「死の森と鉄の森の間にある山に巣を構えていますから」

 フラウが質問に答えてくれる。

 ルーやティア、リア、アン、ラスティ達も色々な事を知っているが、一般常識的な事に関してはフラウが一番だった。

「死の森の魔物が南に降りるのを防いでいるので、昔から門番竜と呼ばれています」

「へぇ。
 じゃあ、南以外にも門番がいるのかな?」

 門番キマイラとか、門番巨人とか。

「いえ、南だけですね。
 他の方角は道が険しく、ここの森に入るには南側からが一般的ですから」

「そうなのか?」

「はい。
 まあ、滅多にこの森に入ろうとする人はいませんけどね」

 そうなのか。

 思った以上にハードな場所と思われているようだ。

 ちなみに、東のハウリン村からも森に入れるが、入り口としては認識されていない。

 理由は、ハウリン村に辿り付くだけでもかなり厳しいからだそうだ。

 まあ、山だしな。



 相変わらず、トラブルは突然やってくる。

 ドラゴンの襲撃だ。

 村の上空を飛んだ後、森の上でホバリングし、こちらを挑発している。

 話し合おうかと思ったら、いきなりドラゴンは森に火を放った。

 完全に敵だ。

 グランマリア達が一当たりしたが、蹴散らされた。

 無茶はしないで欲しい。

 対抗できそうなラスティは、今は里帰り中だ。

 ドラゴンのサイズはかなり大きく、色合いからドライム、ドライムの奥さん、ラスティではないのを確信し、俺は【万能農具】の槍を投げた。

 避けられた。

 ドライムの奥さんと違い、最初っから避ける気だったのがわかる避け方。

 ドラゴンがこちらを見て笑った?

 二投目を投げる。

 また避けられる。

 だが、その位置にさらに三投目。

 当たらないなら当たるまで投げる。

【万能農具】の投擲で、俺が疲れる事は無い。

 また、【万能農具】は俺が願えば手元に戻って来る。

 槍が尽きる事も無い。

 こうなれば持久戦だと覚悟を決めるが、その前に一手。

 俺は投げた槍を、ドラゴンに到達する前に消して手元に戻した。

 そして改めて投げる。

 簡単なフェイントだ。

 引っ掛かるか?

 不安に思ったが、上手くいった。

 投げた槍がドラゴンの翼を引き千切る。

 やった。

 喜びで槍の回収が遅れたので、ドラゴンの後ろにあった山にまで槍が届き、ここからでも見える土煙が上がった。

 いかんいかん。

 俺が再び槍を手にすると、ドラゴンの姿が見えない。

 森に降りて隠れたらしい。

 逃がさん。

 グランマリア、クーデル、コローネは先ほどダメージを受けているので、ルーに俺の身体を持って飛んで貰う。

 目線を高くすれば、ドラゴンが降りた場所がわかる。

 丸見えだ。

 槍を投げる。

 ドラゴンが避けようするが森の木が邪魔で避けきれず、無事だった方の翼に当たって地面に縫い付ける。

 俺は止めとばかりに、槍を構える。

 縫い付けた槍が消えるが、避け切れないだろう。

 その大きな身体目掛けて槍を投げた。

 命中する。

 俺が確信したと同時に、ドラゴンの姿が小さくなって槍を避けた。

 外れた槍が地面に刺さり、大きな震動と共に周囲の木を圧し折る。

 幻覚?

 いや、あれは見覚えがある。

 ドライムやラスティが人間の姿になる時の現象だ。

「降参、降参します。
 ごめん、許して」

 そして女の人の声が聞こえた。



「えへへ。
 ごめんね」

 村の入り口で正座しながら軽い感じに謝罪する女性が、先ほどのドラゴン。

 ハクレン。

 ぽやっとした感じがする胸の大きな女性だ。

 ドライムのお姉さんとの事で、紹介されて驚いた。

 ハクレンの横にドライム、ドライムの奥さん、ラスティ、あと知らない人(たぶん流れからドラゴン)が七人ほど正座している。

「紹介します。
 右から、お爺様にお婆様、お父様の二番目のお姉様、その旦那様、そのお二人の娘、お父様の妹様、お父様の弟様です」

 ラスティが頭を下げながら、俺の知らない七人を紹介していく。

 ダンディな中年男性、優しそうな中年女性、キツそうな目をした女性、どこかの将軍みたいな強面マッチョ男性、ラスティよりも幼く角と尻尾を生やした女の子、ゴージャスな巻き髪の女性、イケメン青年。

 名前も聞いたが、ややこしいので覚え切れなかった。

 後でもう一回教えて貰おう。

「つまり……ドライムの父と母、二番目の姉と姉の旦那、姪、妹、弟だな。
 ハクレンは一番目の姉って事で良いのか?」

「はい」

 紹介されたドライム達と七人は、ここで正座する前にハクレンが森に放った火を鎮めている。

 敵意が無いのは理解した。

「で、今回の件はなんだ?」

 俺の質問に、全員が顔を横に向けた。

 ラスティより幼い女の子もだ。

 ドラゴンだから、こんな見た目でも俺より年上なのかもしれない。

 誰も自分から言おうとしないので、一番崩せそうな相手から崩す事にした。

「ドライムの奥さん。
 説明をお願いします」

 俺が見た所、ドライムが姉に逆らう真似はしないだろう。

 前の世界でも見た事がある、姉に逆らえない弟だ。

 同様に、二番目のお姉様と紹介された女性も駄目。

 一番目の姉がハクレンなのだろう。

 次女は姉に従うタイプか、逆らうタイプかのどちらか。(俺の主観)

 逆らうタイプなら、最初の俺の質問でペラペラ喋る。

 喋ってないから従うタイプだ。

 その旦那は強面マッチョだが、先ほどから空気になろうと頑張っているのを感じられる。

 なぜか共感を覚えるので、候補から外す。

 その娘は巻き込めない。

 ドライムの妹は多分、末娘なのだろう。

 末娘は、世渡り上手。(俺の主観)

 自分から喋って姉に睨まれるような事はしない。

 促せば喋りそうだが、まだ性格を掴んでいないので危険な事はしない。

 ここで姉妹喧嘩なんかされたら村に被害が出る。

 ドライムの弟は……イケメン青年だが、ドライムと同じ姉に逆らえない弟の匂いがする。

 まあ、仕方が無いだろう。

 姉に逆らう弟など存在しないし、存在できない。(俺の主観)

 消去法で残るのはドライムの両親、奥さん、ラスティ。

 両親が娘の事を告発するなら、とっくにしているだろう。

 また、娘の事を庇う可能性が高い。

 残った奥さん、ラスティの二人を比べれば、喋り易いのは奥さんだと判断した。

 ドライムの奥さんからハクレンを見れば小姑だが……奥さんのドライムに対する態度から、大丈夫。

 小姑に注意できるタイプとみた。

「事の経緯を説明しますと」

 俺の推測は正しく、ドライムの奥さんが説明してくれた。

 事の発端はラスティの里帰り。

 俺はドライムの巣に戻るのかと思っていたが、北の山にいるドライムの両親の元に行っていた。

 そこには今のメンバーが揃っており、近況報告がなされた。


 ここで少し脱線するが、俺の最近の夜の生活に関して話そう。

 ルーが出産、ティアが妊娠した事により、村の妊娠欲(?)が高まっていた。

 お陰で俺は夜に一人で居る事は無い。

 一人で居たいと言っても無駄だ。

 希望者だけだと俺が主張しても増え続ける。

 気付けばベッドに潜り込んでくるのだ。

 抵抗しようがない。

 気付けば、ハイエルフ全員、鬼人族も全員、グランマリア、クーデル、コローネ、フローラと仲良くなっていた。

 獣人族は、セナだけだ。

 他の獣人族の女性は、身体が小さい事を理由に拒絶。

 獣人族の男の子が居るワケだし、焦らないように指導した結果だ。

 ともかく、ドワーフ、リザードマンとの会話で、俺の心が安らいだりする状態にまでなった村だが……

 そんな村でラスティ、フラウは頑張った。

 頑張ったが……

 流された。

 空気に流された。

 周囲も協力して、俺との関係を持つようになった。

 最後の砦は、ラスティの使用人ブルガとスティファノの二人。

 頑張れ。

 時々、妖しい目で俺を見ているが、頑張るんだ。

 脱線終わり。


「つまり、姪っ子が先にお相手を見つけた事にキレてこの村を襲撃したと」

「違いますー。
 姪っ子の相手の力を確かめようとしただけですー」

 ハクレンが頬を膨らませて抗議する。

 俺はあまりの下らない理由に脱力する。

 同時に、他の者達が口を噤むのも納得。

 娘が孫に嫉妬したとか、姉が姪に嫉妬したとか言えないわな。

「あー……もう暴れないなら、解散しましょう」

「良いのか?」

「ええ、正座も大変でしょう。
 席を用意します。
 食べて行って下さい」

 一応、ラスティの親族だし、ドラゴンだ。

 それに、ラスティとの事を考えれば、このまま帰れと言うワケにはいかないだろう。

「わーい。
 お酒が美味しいのよね」

 ハクレンが真っ先に立ち上がり、村に向かおうとしたのでその顔を掴む。

「え?」

 だが、ハクレン。

 貴様は別だ。

「翼の具合は大丈夫か?」

「え、あ、うん、しばらくは飛べないけど……あの、どうして顔を掴んでいるの?」

「気にするな。
 遊んだら、片付けるべきだよな」

「い、痛いんだけど……」

 燃えた森や、俺が投げた事で抉れた森をなんとかしなければいけない。

 基本、俺が【万能農具】で耕せば良いのだが、その間にハクレンが宴会に参加するのは俺の心が納得しない。

「頑張って片付けような」

 ハクレンが宴会に参加できたのは、三日後だった。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ