挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

66/286

代官と娯楽



 魔王の城

「魔王様。
 お呼びですか?」

「よく来たビーゼル。
 少し聞きたい事があってな」

「なんでしょう?」

「お前、娘を大樹の村に行かせたと聞いたが、本当か?」

「はい。
 事実です」

「それはどういった意図だ?」

「代官としてです」

「代官?」

「はい。
 あの村に関しての管理は、この私に一任されております。
 代官を送るのは普通の事かと」

「そうかもしれんが……他に人材は居なかったのか?
 私の娘が寂しがっておってな」

「申し訳ありません。
 あの村の扱いを間違えますと、魔王国領に大きな影響があります。
 また、最悪の場合に責任を取れる者として私の娘を選びました」

「……わかった。
 お前の娘がこちらに戻った時は、私の娘に会いに行くように伝えて貰えるか」

「承知しました」




 大樹の村

「と言う事で、お前はこの村の代官になったから」

「お父様とは言え、ふざけた事を言うなら絞めますよ」

「絞めるってお前」

「ふざけていないなら、私がこの村の代官なんて言えません」

「慌てるな。
 それは魔王国領に関してのポーズだ。
 実際にこの村で代官として振舞えとは言わない」

「……つまり?」

「フリをするだけだ。
 別にこの村を支配したいわけじゃない。
 できれば良いが、無理だろ?
 わかってる。
 とりあえず、村長に話をしておこう。
 変な誤解を受けたら困るからな」



「フラウがこの村の代官?」

「ええ。
 魔王国として将来有望な娘を遊ばせるワケにはいかないと……もちろん、ここで遊んでいるワケじゃないのはわかっているのですが。
 ともかく、魔王国側へのポーズとしてフラウを代官として認めて貰えませんか」

「認めるぐらいなら構わないが……」

「この村にもメリットがあります」

「メリット?」

「はい。
 これまで納めていた税金ですが、代官にお渡し頂ければ構いません。
 代官は、集めた税金を管理地の為に使います」

「……つまり?」

「ここで集めた税金をどう使おうが代官の自由という事です」

 しかし、その代官は魔王国側へのポーズ。

 つまり、税金をなくすという事だが……

「良いのか?
 国に納める分とか?」

「大領地なら国に納める義務が出てきますが、村一つ二つの領地ならそんな義務はありません。
 土地で得た物をその土地を富ませる為に使う。
 それだけです」

「なるほど」

 良い話だが、良い話過ぎる。

 認めるだけなら別に構わなかったが……良く考えよう。

 罠だろうか?

 何か落とし穴があるのだろうか?

 ……

「この村の代官の任命権は誰にあるんだ?」

「私です」

「一度、任命した者を変更する事は?」

「可能ですが……
 っ!
 娘で代官を置く実績を作ってから別の者を派遣してくるとお考えで?」

「可能性として」

「私は大丈夫ですよ。
 私は大丈夫ですが……将来的に私のポジションに誰がなるかはわかりませんし、村の事を考えればそういった不安が出るのも理解できます。
 わかりました。
 では、この村の代官の任命権を村長にお渡ししましょう」

「え?」

「この村の村長が代官を任命する権利がある事にしましょう。
 これで任命も罷免も可能です」

「いや、そんな簡単に」

「大丈夫です。
 契約書も作りましょう。
 今後、他の者が来ても魔王国が続く限り効果のある契約書を。
 これで代官の上に村長が来ます」

 押し切られた。



「フラウ、代官就任おめでとう」

「おめでとう」

「やったわね」

「止めて下さい。
 イジメですか!
 村長、私を罷免して下さい。
 私が代官なんて、力不足です」

「いや、別に失敗してないし……頑張れ」

「いやぁぁぁぁっ」

 まあ、実質は名前だけだ。

 ビーゼルが税金を取りに来なくて良いのが、ビーゼル側のメリットなのかもしれない。

 取りに来いとか言っちゃったからなぁ。

 ……

 ビーゼルは月一ぐらいでここに来て作物を買って帰っている気がするが、手間だったのかな?



 リザードマンの子供達はかなり大きくなり、獣人族の男の子の身長を抜かしていた。

 卵から孵った時から、泳ぎ、動けたので成長の速さはわかっていたが、アルフレートが立つか立たないかぐらいなので少し焦る。

 まだ生まれて一年経っていないのだから、焦る必要は無いと思うのだが……これが親心だろうか。


 ティアが妊娠した事で、ティアとルーとの関係がギクシャクするかと思ったが欠片もそんな事はなかった。

 ルーが出産経験者として、色々と世話をしている。

 その様子に、グランマリア達が変な顔をして見ていた。

 昔の仲を知っていると、今の関係が不思議なようだ。

 そんなに激しくやりあっていたのだろうか。

 ともかく、仲が良いのは良い事だ。

 無事に産んで欲しい。


 あと、子供を欲しがる者の攻勢が強くなった気がする。

 俺の身体は一つしかないので大事にして欲しい。



 村の住人は、基本的に休まない。

 獣人族の幼い男の子でさえ、何かしらの仕事をしているし、させている。

 休むのは日が沈んでからと、雨の時、そして冬の間だ。

 流石に体調が悪い時は休んでいるが、少し働き過ぎな気がする。

 理由を聞いて見ると、単純に「働かざる者、食うべからず」の考えだった。

 確かに今の村は共同体だ。

 各自が各分野で働く事で村として成り立っているのだから、身勝手に休むなんて事は出来ないらしい。

 それに……

「村長がほぼ毎日、何かをしているのに私達だけ休むなんて出来ません」

 そう言われて自分の行いを反省する。

 そうか。

 確かに村長と呼ばれる立場だ。

 働く時は当然として、休む時も率先しなければ。

 ボウリングの時も、俺がやっていたから他の者が遠慮なく出来たワケだ。

 なのでとりあえず、畑の様子を見た後でのんびりしてみた。

 ……

 落ち着かない。

 なので、休みを兼ねて遊具を作る事にしてみた。

 まずは獣人族の男の子の為に……まずはボール。

 駄目だ。

 クロ達が期待した目で見ている。

 お前達の為のじゃないのだが、あんな目をされたら投げるしかない。

 クロ達と楽しんだ。


 ボールは駄目だな。

 じゃあ……ブーメランとかはどうだろう。

 とりあえず、試作。

【万能農具】をブーメランの形に出来たので、それを参考にする。

 運用試験。

 その前に、【万能農具】のブーメランで投げる練習。

 これをしないと、試作ブーメランを投げて失敗した時、ブーメランが悪いのか俺の腕が悪いのか判断できなくなる。

 ……

 なかなか上手く戻ってこなかったが、三十分ほどしたら戻って来た。

 よし、この感覚を忘れないうちに試作ブーメランを投げてみる。

 ……

 うん、ちゃんと戻って来た。

 試作ブーメランは成功のようだ。

 後は、これが獣人族の男の子達にウケるかどうかだが……

 練習風景を見ていた獣人族の男の子達は、キラキラした目でこっちを見ていた。

 よし。

 それなりに人気が出たが、ブームが去るのは速かった。

 まあ、自分で投げて自分でキャッチするだけだからな。

 それなら他の人と遊べるフライングディスクの方が人気だ。


 ならば、次だ。

 次は一気に大人な感じでゴルフ。

 木を削ってクラブを作って見る。

 これは問題ない。

 とりあえず、一本で十分だろう。

 次にボール。

 これは木を丸く【万能農具】で加工した。

 転がすと、ボールの重心がズレている所為で真っ直ぐ進まない。

 木の密度が一定じゃないから当然と言えば当然だ。

 しかし、競技をするワケではないのだ。

 極端な曲がり方をするボールを除けば、これで十分。

 次にコースだが……

 獣人族の男の子がターゲットに、まずは短いコースで良いだろう。

 居住エリアの西側に、スタート位置を適当に決め、適当な場所にカップを掘る。

 完成。

 ワイルドだが、これで良いのだろうか?

 一応、スタート位置からカップのコースを【万能農具】で耕し、芝を育てて見た。

 それっぽくなったが、芝が育つまでに時間が掛かりそうだったので、その間にクラブ、ボールが量産した。

 俺が使う大人用、獣人族の男の子が使う為の子供用の二種類。

 全部木製なので、アイアンは無いがクラブ角度は色々と用意してみる。

 こうなると、コースが一種では寂しいのでコースも増やす。

 障害物用に木を育てたり、茂みを作ったり……

 カップ位置が判り難くなったので、目立つように旗を作ってカップに立てる。

 畑仕事をしながら、頑張ってみた。

 これでウケなかったらどうしよう。


 心配は杞憂だった。

 ゴルフはウケた。

 主に鬼人族に。

「思い通りに進まないのが良いですね」

「お茶をしながら、のんびりできるもの良いです」

「ふふ。
 次は私の番ですよ。
 三番でいってみようかしら」

「あら、貴女のパワーなら五番で十分では?」

 昼食後にプレイする姿が見られるようになった。


 獣人族の子供達は、俺の作った物よりも馬や山羊に乗って遊んでいた。

 馬の扱いが俺より上手くなっている。

 俺も練習した方が良いだろうか。




 一文字 50×50メートルぐらいの大きさ。

□□□□□□□□□□□□□□□□◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□□□□□□□□□◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□□□□□□□□□◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□□□□□□□□□◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□果実果実果実果実◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□果実果実果実果実◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□果実果実果実果実◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□果実果実果実果実◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□果実果実果実果実◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□果実果実果実果実◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□果実果実果実果実◆牧場◆◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□果実果実果実果実◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□□□□□畑畑鶏畑○○○○○○○○○○○○
━上水路━━━━━池池□畑◇◇畑○犬○○○○○○○○○○
━下水路━━━━━池池□畑◇◇畑○○○○○○○○○○○○
□□□□□□□□□□□□畑家家寮○○○○○○○○○○○○
□□打球▼風呂▼▼▼▼▼△△△△△△△△△△△△△△△△薬草薬草
□□打球▼▼▼▼▼居住▼△新畑△△△△△△△△△△△△△薬草薬草
□□□□▼▼▼▼▼▼▼▼△△△△△△△△△△△△△△△△薬草薬草
□□□□▼▼▼▼▼▼▼▼△△△△△△△△△△△△△△△△薬草薬草
□□□□▼▼▼▼▼▼▼▼△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□▼▼▼▼▼▼▼▼△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□▼▼▼▼▼▼▼▼△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□▼▼▼▼▼▼宿▼△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△

←五キロぐらい向こうに川。

 打球=ゴルフ場

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ