挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

38/324

酒が欲しい



 ワイバーンの肉で宴会をした時に思った。

 酒が欲しい。

 酒。

 酒の原料は?

 米から日本酒。

 ブドウからワイン。

 ある。

 大丈夫。

 日本酒の作り方は……TVや漫画で知っている。

 しかし、麹菌の存在がネック。

【万能農具】で麹菌をどうにかできるだろうか?

 研究の必要がある。

 なので、お手軽にワインを考える。

 ワインは簡単。

 ブドウを潰して醗酵させるだけ。

 ……

 ワインに適したブドウじゃないと駄目だよな。

 現在、収穫できているブドウは甘くて美味しいスーパーで売っているブドウだ。

 これでも出来るかもしれないが……

 ワイン用の品種があった筈。

 ワイン用のブドウと念じながら畑を作れば出来るだろうか。

 ……

 とりあえず、すぐに酒が手に入らないのはわかった。

 諦めよう。

 そして、俺はそのまま酒用のブドウ畑を作った。


 ははは。

 勢いは大事だ。

 新畑エリアの東側を拡張し、畑の面積は単純に倍になった。

 畑八面×八面の六十四面。

 そのウチ、三十二面を酒用のブドウ畑だ。

 冷静になったつもりだったが、やはりワイバーンに襲われた事でイラついていたのかもしれない。

 反省。

 それにしても、ブドウなら果実エリアだよな。

 なんで新畑エリアに作ってしまったのだろう。



 普段の仕事に戻る。

 まずは前々から考えていた追加の調味料系を、家の近くの初期の畑の空いている場所に作ってみる。

 数はそれほど要らないと思うので、数本づつだ。

 ただ、オリーブだけは多め欲しかったので果実エリアに作る。

 果実エリアも手狭になりつつあるので、北側に拡張。

 果実エリアが畑四面×八面になった。


 果実エリアと言えば、前にザブトンの子供達が面倒を見ていた蜂だが……

 順調に育っており、しかもすでに巣分けが行われていた。

 四箇所に新しい巣が作られ、ザブトンの子供達の要請によって風避けや雨避けの屋根を作ってやった。

 そして、最初の巣からそれなりのハチミツを確保できた。

 量としては三百五十ミリリットルの缶ジュース一本分ぐらい。

 石を削って作った壷に入れてもらったが、見た目を考えるとガラス瓶が欲しい。

 出来るだろうか。

 ……欲張らない。

 やれる事からコツコツと。

 貰ったハチミツを皆で味わうとあっと言う間に半分以下になった。

 好評で何より。

 料理で使う分は、次回以降に期待しよう。



 ハイエルフのララーシャが優れた技能を持っていた。

 なんと、水を入れる樽が作れるらしい。

 俺は彼女に指示に従って、樽のパーツを作る。

 主に木の伐採と加工。

 ララーシャは俺の作ったパーツを微調整しながら組み、樽を作っていく。

 ララーシャにとっても二百年振りの樽作りだったらしいが、最初の一樽から水漏れ無しの成功だった。

 水を入れる樽は、色々と役に立つ事が予想されるので大量に作ってもらう。

 最優先は、酒用だ。

 調子に乗って作った酒用のブドウを醗酵させる為にも、樽が必要だ。

 頑張ってもらった。

 その間、彼女のリクエストの料理を作ったら、他の者も参加し始めた。

 流石にいきなり成功はしなかったが、数回の失敗の後は上手に作り始めた。

 俺より器用だな。

 速度的にはララーシャに敵う者は居なかったが、樽作りが捗った。

 多くて困る事は無い。

 作れる時に作ってしまおう。


 ちなみに、リクエストで多かった料理は鍋。

 昆布や鰹節が無いのでダシが作れず、肉を煮て作ったスープに野菜をたくさんと肉を少量放り込んだ鍋だ。

 俺にすれば色々と足りない鍋だが、受けが良い。

 昆布や鰹節はともかく、調味料を増やし、もっと美味くしたい。

 ああ、柚子も育てないと……

 前の世界は恵まれていたなぁ。


 現在、シイタケを使ってダシっぽいものができないか研究中。



 一文字 50×50メートルぐらいの大きさ。

□□□□□□□□□□□□果実果実
□□□□□□□□□□□□果実果実
□□□□□□□□□□□□果実果実
□□□□□□□□□□□□果実果実
□□□□□□□□□□□□果実果実
□□□□□□□□□□□□果実果実
□□□□□□□□□□□□果実果実
□□□□□□□□□□□□果実果実
□□□□□□□□□□□□畑畑畑畑○○○○
━上水路━━━━━池池□畑◇◇畑○犬○○
━下水路━━━━━池池□畑◇◇畑○○○○
□□□□□□□□□□□□畑家家畑○○○○
□□□□▼風呂▼▼▼▼▼△△△△△△△△
□□□□▼▼▼▼▼南西▼△新畑△△△△△
□□□□▼▼▼▼▼▼▼▼△△△△△△△△
□□□□▼▼▼▼▼▼▼▼△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△

←五キロぐらい向こうに川。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ