挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

37/290

ワイバーンに襲われた春


 なんだかんだで春が来た。

 冬の間中、料理ばかりしていたイメージがある。

 事実、その通りだろう。

 料理の腕はかなり上がったと思う。

 思いたい。

 ルー達は何を食べても美味いとの反応なので、実際はわからないが……

 不味い時は不味いと言って欲しい。

「美味しいから美味しいって言ってるのよ」

「自信を持って下さい。
 本当に美味しいですから」



 緊急事態とは、突然やってくる。

 ザブトンからの木の警報が打ちつけられ、その音の大きさに事態が悪いと判断する。

 俺がザブトンの指示する方向に向かって走り出そうとすると、ルーが止めた。

「上よ」

 ルーが指差す方向の空に、大きな生物が飛んでいた。

 太ったトカゲにコウモリの羽をつけたような生物。

 遠いからサイズはわかりにくいが、全長は二十メートルぐらいだろうか。

「竜?」

「いえ、ワイバーンですっ!
 ルーさん、防御っ!」

 ティアが俺の認識を修正すると同時に、何かの魔法を使った。

 ルーも同じようにする。

 と、ワイバーンがこちらに向かって急接近し、止まったと思った次の瞬間、大きな炎の球をこちらに向けて吐いた。

 大きな炎の球は、本当に大きかった。

 直径十メートルぐらいだろうか。

 吐かれた直後から温度を上げ、周囲を熱で歪ませる。

 目標は、ザブトンが寝床にしている大きな木。

 それを理解した俺がザブトンと叫んだ直後、大きな炎の球が何かにぶつかり砕け散った。

 砕けた火の球が、家や畑に落ちる。

「消火します!」

 リア達が慌てて水を持って走り回る。

 ……

 ルーとティアが焦った顔をしながらワイバーンを見つめている。

 ここに被害を出さないのは難しい。

 そんな顔をしていた。

 ここを大事に思ってくれているのだなと、嬉しく思う。

 同時に、俺の中に静かな怒りが生まれる。

 なぜ?

 どうして、ここを攻撃した?

 気まぐれか?

 それとも、誰かの指示か?

 ……

 俺の手に【万能農具】が槍の形であった。

 俺はそれを全力でワイバーンに向けて投げつけた。

 普段の俺の腕力なら、とても届かない距離だった。

 しかし、俺の投げた【万能農具】の槍は、一直線にワイバーンの片羽をもぎ取った。

 ワイバーンは、俺の攻撃に困惑を見せながら下に落ちていく。

 仕留め損なったか。

 俺の手に、投げた【万能農具】の槍が戻る。

 俺はワイバーンが落ちる前に、もう一度、【万能農具】の槍を投げた。

 またもや一直線に進み、今度は身体に当たった。

 大きな悲鳴が聞こえる。

 しぶとい。

 だが、もう終わりだろう。

 いつの間にか俺の後ろに控えていたクロ達に指示を出す。

「止めを刺してきてくれ」

 俺の言葉に、クロ達が一斉に駆け出した。

 目指すはワイバーンの落ちた場所。



 クロ達が駆け出したのを見ながら、俺はクールダウンを行う。

 現状確認……

「火はどうなった?」

「大丈夫です。
 全部、消しました」

「被害は?」

「家は大丈夫です。
 トマト畑が少し駄目になりました。
 あと、ザブトンさん達の糸が……」

 畑の上空に張り巡らしていた糸が燃えてしまったのだろう。

「そうか。
 ……ルー、ティア。
 最初の一撃を防いでくれて助かった」

「う、うん」

「頑張りました」

 ……妙に余所余所しい気がするが、ひょっとして今の俺は怖い顔をしているのだろうか。

 いかんな。

 理不尽な攻撃を思い出し、再び怒りが湧き出して来る。

「あれは……魔王の仕業か?」

「え?
 魔王?
 関係無いと思うけど」

「そうなのか?」

「はい、野良のワイバーンだと思います。
 誰かの支配下にあるなら、単体で運用するのは勿体無いですから」

「そうか。
 野良か……ああいった存在……ワイバーンは数が居るのか?」

「居る所には居るけど、珍しいって存在かな」

「そうですね。
 それに、あのサイズの火の球を吐けるワイバーンとなると、ドラゴンなみに遭遇しないと思います」

「そうか。
 じゃあ、滅多にない遭遇をしたって事か」

「うん、そうじゃないかな」

 ただの不運か。

 ……

 クールダウン。

 自然災害と思って、諦めよう。

「あ、クロさん達が戻って来ました。
 呼んでますよ」

 俺達はワイバーンが落ちた場所に行き、その巨体に改めて驚く。

 TV番組とかで見たマッコウクジラよりもデカイか?

 見た感じ、墜落した時には瀕死で、クロ達が止めを刺す必要は無かったようだ。

 それなのにワイバーンの死体の上で誇らしげにしているのはどうなんだろう。

 あ、見張りね。

 他の魔物が近寄らないようにしていたのね。

 よしよし。

 しかし、大きい。

 これは食べられるのだろうか。

「ワイバーンの肉は、美味と言われてます」

 ……

 美味しく頂く事にした。

 解体して持ち帰るのに一苦労だったが、その味は確かに美味かった。

 冬の間に研究した調味料でさらにドン。

 宴会になった。





 俺は知らなかったが、ワイバーンの撃墜は色々な場所に余波があったらしい。

 身近な所でルーとティア。

「ティア。
 旦那様がワイバーンに放った攻撃……防げる?」

「無理です。
 ルーさんは?」

「当然、無理よ」

「ですよね。
 ワイバーンの張ってた三重の結界を貫通した上、刺さるではなく削り取ってましたからね」

「……最初にクロ達に襲われたのって、運が良かったのかな」

「かもしれませんね。
 最初に旦那様と敵対していたら……」

「考えるだけで怖いわ」

「運命の出会いに感謝を」

「ついでにクロ達にもね」

「悔しいですけど」



 魔王の城。

「鉄の森のワイバーンが落とされた?
 冗談はよせ」

「本当だって。
 偵察に出た時に見たんだ。
 鉄の森のワイバーンが火の球を吐いたと思ったら、ワケのわからない攻撃で落とされてた」

「……マジか?」

「ああ。
 上に報告したけど大騒ぎになってる」

「だろうな。
 なにせ、アレが近くに来たら戦力を総動員する騒ぎになるんだ。
 それを落とすヤツがあそこに居るって事は……」

「やべぇ。
 辞職するなら今のウチか?」

「慌てるなよ。
 まだそれが敵と決まったワケじゃないだろ」

「そ、そうか」

「四天王の誰かがやった可能性だってあるんだし、もう少し様子をみようぜ」

「お、おう」



 南の山に住む竜

「……俺の目がどうかしているのかもしれない」

「大丈夫です。
 正常です」

「本当に?」

「ええ。
 私にも見えましたから」

「そうか」

「はい」

「あれ、俺に向けられたらどうなると思う?」

「綺麗に貫通するのではないでしょうか」

「だよな。
 ……どうしたら良い?」

「それをお決めになるのは、ご主人様です」

「そういわず、何か提案してくれ。
 頼む」

「では、個人的にですが……
 あの攻撃を向けられる前に、友好を結んでおくのが一番かと。
 敵対は愚策と思います」

「む……むう」



 余波は色々あったが、俺に影響するのは少し先の話だった。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ