挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

32/289

クロ達の求婚とキノコ



 今年もザブトンの子供達が旅立っていく。

 寂しい。

 しかし、残ってくれる子供も居るし、新しい子供も居る。

 ある程度の覚悟はしていたので、泣いたりはしない。

 最初に生まれ、残っていたザブトンの子供の大きさが、ザブトンの1/4ぐらいの大きさになった。

 かなりのサイズだが、ザブトンに追い付くのはまだまだ先になるだろう。

 ……

 一瞬、どれぐらいから子供を産み始めるのだろうと考えてしまった。

 北側の果実エリアの拡張を考えるべきか。



 クロ達の角の生え変わりが始まり、角を拾い集めるのに少し苦労した。

 飾ってやりたいが、スペース的に厳しくなりつつある。

 仕方なく、まとめて食料用の地下室に収納しておく。

 角が生えると、パートナー探しの旅に出るから、それまでに色々と遊んでやる。

 フライングディスクは……投げると、激しい争奪戦が始まるので遠慮した。

 そこで、球状に加工した木を獣の皮で包んだボールを用意した。

 かなり評判が良かった。

 俺が居なくても、それで十分に遊んでいる。

 二~三十個ほど作って渡してやる。

 置き場所を決めておけば、夜には戻っている。

 賢い。

 あと、狩りの練習用として太い木を猪の形に彫ってみたら、一日持たずにボロボロにされた。

 足とか太めにしたんだがなぁ。

 猪を作った後、クロが俺の前でなにやらアピールするので、どうした事かと少し考えて答えを出した。

 自分を彫れと言う事だろう。

 彫ってみた。

 ちょっとワイルドさを強調して。

 なかなかの出来。

 クロも満足気味だ。

 問題は……飾る場所だよな。

 大きな木に作った社の近くに狛犬のように配置した。

 狛犬ならペアだなと、ユキを彫ってみた。

 なぜだろう。

 普通に彫ったつもりなのに、クロよりもワイルドに感じる。

 ……

 俺の腕が上がったからだろうな。

 クロが自分の彫刻を見に来て、ユキの彫刻にビクッとしていたのには少し笑った。



 水路を作りながら、食事に魚を利用できないか考える。

 ドロ臭ささえなんとかなればと思っていたら、リア達が解決策を知っていた。

 なんでも、綺麗な水の中に数日置けばドロ臭さは無くなるそうだ。

 貝の砂抜きみたいなものか?

 ともかく、やってみた。

 大きな岩を削って水槽を作る。

 そこに川の水……

「川の水以外じゃないと駄目なのかな?」

 川の水は飲めるが……

「川の水で良いですよ。
 しばらく、何も食べさせないのが大事らしいですから」

「なるほど」

 むう。

 白身魚。

 なかなか嬉しい味だった。

 塩を手に入れていて良かった。

 定期的に魚を捕まえて、水槽に放り込む事にしよう。

 食事が豊かになる事は良い事だ。



 クロの子供……孫、ひ孫かな?

 パートナーを探す者達が、旅立っていく。

 それなりの数が旅立ったが、予想した数よりも少ない。

 去年生まれのうち、半分ぐらいが残った。

 そして、旅立ちの少し前に、とうとう目撃してしまった。

 メスによるオス確保の方法。

 まず、求愛する。

 駄目なら勝負して負かして従わせる。

 メスが複数バッティングした時は、メス同士で話し合いか喧嘩が行われる。

 メス同士の話し合いや喧嘩の最中も、オスを逃がさないように協力はしている。

 どうも、メスの方が強い感じだ。


 オスの方は、基本的に待ち姿勢。

 と言っても寝ているだけではなく、狩りをして自分の強さをアピールする。

 オスは気に入った相手からの求愛なら、そのままパートナーに。

 気に入らなければ勝負となり、勝って別の相手を待つが……勝率はあまり良く無いみたいだ。

 稀にオスから求愛に行く事もあるが、その場合は断られても勝負しない。

 なるほどなぁ。


 しかし、見た感じ……戦っても死傷するレベルには達したりさせていない。

 生え変わったばかりの角が折れる事もない。

 となると……クロとユキに初めて会った時の怪我はなんだ?

 ユキのお腹が大きかったから、求愛の戦闘ではないという事だろう。

 パートナーとなり、励んだ後……クロとユキは何かに襲われたという事か。

 これまでクロとユキを見ているが、あの二頭はかなり強いと思う。

 ここでの生活で強くなったという事もあるだろうが、あの二頭の角を折るレベルで攻撃し、敗走させた生物が居るという事だろうか。

 ……

 クロやザブトンの子供達に囲まれ、ずいぶんとゆったりした生活をしていたが、気を引き締め直そう。

 用心はした方が良い。



 キノコの話。

 俺はこの森に足を踏み入れてから、触れなかった物がある。

 それがキノコだ。

 キノコ。

 俺の中のイメージは二つ。

 美味いと毒。

 見知ったキノコでも、似たようなモドキがあるので注意しなければいけないのがキノコ。

 森で見掛けるのは見知らぬ色と形のキノコ。

 そんなキノコを食べる気にはなれず、普通に【万能農具】で耕していた。

 つまり、キノコは諦めていた。

 キノコって畑で作るものじゃないしな。

 そんな俺が、唐突に閃いた。

 きっかけは、木材用にと切り倒していた木に生えたキノコを見た時。

 土を【万能農具】のクワで耕せば、畑になり、作物が出来た。

 ならば、木を【万能農具】で何かすれば、菌床になり、キノコ系の作物が出来るのではないか?

 マツタケとは言わない。

 シイタケが欲しい。

 俺は木を相手に色々とやり、シイタケを求めた。

 結果。

 多くの廃棄木材を生み出しながらも、成功した。

 そして再確認した。

【万能農具】で大事なのはイメージと土台。

 作りたい物を明確にイメージし、それに相応しい土台を用意してやれば良い。

 土台が、畑であり、菌床だ。

 なので、欲張ってシメジもやってみた。

 成功。

 この時、俺のイメージは前の世界のスーパーで良く見かけるブナシメジ。

 高級品らしいホンシメジは、見た事が無いのでイメージできなかった。

 次は美味いキノコのイメージでやってみた。

 ブナシメジが出来た。

 駄目か。

 マツタケが出来ると思ったが……

 と、ここで気付いた。

 マツタケは木じゃなくて地面から生える。

 地面を耕しながらマツタケをイメージしたが、失敗。

 条件が揃ってないのだろう。

 マツタケは、赤松の近くに出来やすいと聞いた事がある。

 マツタケの土台として、赤松を用意しなければいけないのかもしれない。

 とりあえず、長くなるだろうけど赤松を数本育てる事にした。

 ふふふ。

 マツタケ。

 期待しよう。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ