挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

31/286

スライムが来た春



 春。

 春が来た。

 今年の目標は水路の完成。

 寝床の小屋を新築。

 あと、これまで後回しにして来たのがトイレの地下、排泄物を貯める場所の清掃。

 塵も積もれば山となるを理解した。

 ルーやティアの魔法でなんとかならないかと相談したが、厳しいらしい。

 だが、醗酵させて分解するのは可能との事だ。

 それで行こうと魔法で醗酵させてもらうと、凄い臭いになって近づけなくなった。

 困った。

 臭いは上の便座部分でもするので、早急な対策が必要となる。

 そこで出された案が、スライムだった。

「ああいった物を消化吸収するから、都市部とかでは活用されているわよ」

 なるほど。

 そんな生物も居るのか。

 スライム。

 ファンタジー世界なら珍しく無いが、その凶暴性は作品によって異なる。

 勇者の初期の訓練相手なら構わないが、迷宮での初見殺しだったりすると近付きたくない。

 だが、この世界のスライムは便利な下水清掃員らしい。

「スライムって、どこで捕まえるんだ?」

「沼とか池の近くに居ると思うけど……」

「捕まえてこれるか?」

「私に任せて下さい。
 十日で捕まえてきます」

 ティアが自信満々に言うので任せる事にした。

「頼んだぞ」

 そして、俺は現在のトイレを放棄。

 臭いが出る穴を塞ぎ、別の場所にトイレを建設する事にした。

 十日もあの臭いに耐えるのは厳しい。

 トイレは穴を掘るだけで、建物は流用したので簡単だった。

 一安心。



 ティアが連れ帰ったスライムは小さかった。

 一匹が拳ぐらいの大きさだ。

「これが平均サイズ?」

「野生種ですから、こんなものです」

 俺のイメージでは、もう少し大きいと思っていたが……

 柔らかい野球の球のような感じだ。

「死骸や排泄物を食べますので、森の掃除屋、平原の掃除屋、ダンジョンの掃除屋などと呼ばれています」

 そんなスライムを、壷に何十匹も入れて持ち帰ってきてくれた。

「放置で良いのか?」

「基本、そうですけど……その」

 ティアが言い難そうにする。

「なんだ?」

「クロさん達やザブトンさん達が、食べてしまわないかと……捕まえている時に気付きました」

 捕まえに出掛ける際は、トイレの臭いで思考力が低下していたのかもしれない。

「むー……」

 とりあえず、クロとザブトンを呼ぶ。

「食べる?」

 俺の質問に、クロとザブトンがNOを示した。

 雰囲気的に、他に美味い物があるのに、スライムを食べる必要は無いといった感じだ。

 スライムはマズいのだろうか?

 まあ、食べている物が食べている物だから、食用にしたいとは思わないか。

「じゃあ、新しい住人だ。
 仲良くやって欲しい。
 あと、子供達にも伝えておいて」

 クロとザブトンが了承を示した。

 うん、賢い。


 ティアが持ち帰ったスライムは全部で十七匹。

 新しいトイレと、リア達のトイレに二匹づつ。

 犬エリアに指定したクロ達のトイレ場所に三匹。

 残り十匹を、封鎖した旧トイレの穴を開き、そこに放り込んだ。

 穴を開いた際の臭いで、強い罪悪感を覚えたが……俺は自分が可愛い。

 よろしくお願いします。



 スライムの弊害。

 下にスライムが居るとわかったトイレで用を足すのは、なかなか勇気が必要だった。

 他の者達は何も思わないようで、俺だけが慣れるまで少し苦労した。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ