挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

30/324

異世界物のお約束 リバーシとチェス


 ティアの翼は飾りではなく、飛べる。

 なので、白いドレスの下はズボンだ。

 漫画やアニメのように、そうそうパンツを見せびらかしたりはしない。

 パタパタパタ……

 飛行時の速度はそれなりにあるらしいが、疲れるので頻繁に飛んだりしていない。

 畑の近くで飛んで、ザブトンやザブトンの子供達の糸に引っ掛かり、無様な姿を三回ぐらい晒してからは尚更だ。


 背中の翼は収納自在で、出たり引っ込めたり出来る。

 理屈がわからないので深く考えない事にした。

 異世界、魔法の二言でなんでもアリになるし。


 同じく、ルーも飛べる。

 こっちは翼が無くても飛べるらしい。

 ただ、飛行は得意ではないと言っているので、本当にそうなのだろう。

 俺のいない所で、練習していたりしている。

 ちなみに、ティアと同じくザブトン達の糸には何度か迷惑を掛けている。



 料理に関して、ルーやティア、リア達は似たような腕だった。

 基本、焼くか煮るだけなのだから。

 ただ、どうもここの作物の味は、他の場所の物よりも格段に良いらしく、誰からも文句は出ない。

 逆に褒められる。

 嬉しいが、それもこれも【万能農具】のお陰。

 大きな木に作った社に手を合わせる。

 信仰を強要する気はなかったが、俺が手を合わせているのを見たルー達も社を無下には扱わない。

 そう言えば、この世界の宗教はどうなっているんだろう?

 ティアとかが詳しいかな?

 天使族とか言ってたし。

 まあ、暇な時にでも聞いておこう。


 俺は焼く、煮る以外にも蒸すや揚げるを知っている。

 また焼くの変形、炒める。

 煮るの変形、茹でるを知っている。

 調理器具や調味料が少なく、また牛乳や卵が無い状態なので出来る事が少ないが……

 つまり、何が言いたいかと言うと……

 俺が料理当番になる回数が多いという事だ。

 それは構わないが……

 数居る女性陣が、誰も俺から学ぼうとしないのはなぜだろうか。



 余談だが、自分のミスに気付いた。

 胡椒。

 あれは植物だ。

【万能農具】で育てる事が可能だろう。

 今からは厳しいだろうが、来年は胡椒をゲットしたい。

 あと、レモンやワサビ、ゴマ、トウガラシ、ショウガ、オリーブなども。

 考えてみれば、調味料って植物だ。



 冬。

 俺は寝床の小屋に篭って内職的に木や石を削る。

 ルーとティアが同居しているので、若干の狭さを感じる。

 最初は一人用としてしか考えていなかったからなぁ。

 来年の春、新しい寝床となる家を作ろう。

 ルーとティアは、俺には良くわからない魔術的な下準備をしている。

 見た感じ、薬草作りみたいだ。

 夏や秋の間に材料を集め、地下室で保存していたらしい。

 ちなみに、さすがに二人も現状では狭いと感じているのか、新しい家と研究室的な小屋をおねだりしてくる。

 現在、間取りの話し合いを時々している。


 リア達も、冬の間は自分達の家であるログハウスに篭る。

 食料やマキなどは冬になる前に、分けておいたので問題無い筈だし、問題があれば連絡してくるように手配している。

 リア達の冬場は、草や藁を使った小物作りだ。

 カゴやカバンを量産している。

 俺の作るお盆や箱では重いので、助かるといえば助かる。


 クロ達は完全に小屋でまったりモード。

 ザブトンは冬眠しているのか姿を見せない。

 ただ、冬眠前に大量にタオル地の布を作ってくれたので色々と助かっている。

 まあ、その、励むと色々と汚れるから。


 さて、冬の間だが……黙々と内職だけをしているワケではない。

 娯楽は必要だ。

 ルーやティア、それにリア達が増えた事でやれる事が増えた。

 異世界転生物の定番、リバーシを作ってみたら、良い感じでウケた。

 特にリア達の間で流行った。

 同様にチェスを作ったら、これはルーやティア、そしてクロ達に受けた。

 なんとクロ達はチェスのルールを理解した。

 リバーシのルールも理解しているみたいだが、口で掴み難いのでイマイチらしい。

 なので、口で操作しやすいチェスは好評だった。

 とりあえず、チェスはコマの種類がわかればOKなので、噛みやすい形とサイズにしたバージョンを作り、クロ達専用にした。

 時々、それなりの人数で囲んで楽しんでいる。

 その様子を見ていたが……多分、俺より強い。

 威厳を保つ為に、勝負を挑まない方が正解だろうか。

 クロ達は賢いから、こっちに花を持たせてくれるかもしれないが、そんな事をされると俺の心が折れる気がする。

 ルーやティアとヘボなチェスをしている方が、お似合いかな。

 あ、こら、ルー。

 クロに挑もうとするな。

 ボコボコにされるぞ。

 精神が。

 ……

 三日間ぐらい、落ち込んでた。



 冬の間、天気が良い時は、気分転換に外に出て丸太柵や掘のチェックをする。

 冬場はザブトン達の見張りが無いから、油断は出来ない。

 クロ達なら、丸太柵や掘は飛び越えてくるしな。

 リア達の家を囲う高めの壁を作った方が良いだろうか?

 森に行って獲物が居れば新鮮な肉の確保になるが、そうそう出会えたりできない。

 本当に気分転換で終わる。

 ……

 軽く積もった雪を集め、雪ダルマを作った。

 その雪ダルマに、ティアが目を輝かしていた。

 以後、ティアは隙を見ては雪ダルマを作るようになった。

 手がシモヤケにならないか心配だったので、余っている布で手袋を作ってやった。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ