挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

278/290

ヨウコ


 我は九尾狐。

 この世に生れ落ちてから何百年。

 自由に生きている。

 我を繋ぐものはない。

 そう思っていた。


 百年ほど前、戯れに子を作ってみた。

 子は我の半身であるはずなのだが、それほど大事とは思えなかった。

 されど、その場に捨てるほど冷酷にもなれず、近くの人間の村に世話を任せた。

 代価は我の加護。

 過分すぎる報酬であろう。

 それから年に一回ぐらいの間隔で我が子に会うのが習慣になった。

 面倒ではあったが、悪い気分ではない。

 世話を任せた村が、我と子を崇めるようになっていたのもあるかもしれない。


 状況が変わったのは今年。

 世話を任せた村が滅んでいた。

 たった一年で?

 ありえぬ。

 我の加護はどうなった?

 打ち破られたというのか。

 そして、我が子はどうなった!

 そう思った時の心の底からにじみ出る黒い感情。

 気付けば不死人の王と殴り合っていた。



 不死人の王と休戦。

 知った顔であったからの。

 向こうは我を忘れているようであるが……

 ああ、我を忘れていたのは我か。

 はははっ。

 おもしろくない。


 我が子を攫った者がおることが判明。

 不死人の王が奪還を約束したので、我は村のあった場所に戻って留まる。

 ……

 あれほど栄えていた村が、こうもあっけなく……

 不死人の話では、勇者の仕業とか。

 まったく、碌なことをせん。

 そして、許せぬ。

 世を騒がすだけなら見逃すが、我が加護を破り、我が庇護下にあった者に被害を及ぼすとは……

 八つ裂きにしても気がすまぬ。

 永遠の煉獄にて苦しませてやる。

 ああ、いかんいかん。

 また黒い感情に心を持っていかれそうになった。

 はようせい不死人の王。

 我はいつまで自分を保てるかわからぬぞ。



 不死人の王は約束を守った。

 うむ。

 見事なり。

 我が子、ヒトエよ。

 無事であったか?

 怖い思いはせなんだか?

 そうかそうか。

 世話になった者達がおるのだな。

 うむ、我からも礼をしよう。

 すぐに?

 そうしたいが……不死人の王が死にかけておる。

 不死人だから死なぬだろうが、これ以上無理をさせると復活に時間が掛かる。

 不死人の王。

 明日まで休め。

 それまで我が守ってやろう。





「我が娘を保護していただき、感謝する」

 不死人の王に案内されたのは、とある村。

 ここは……死の森か。

 恐ろしい場所にきょを構える者がいたものだ。

 住人は……不死人、羽付き、角付き、耳長にトカゲ、なかなかの猛者揃い。

 角狼や蜘蛛も飼っておるのか。

 酔狂なことだ。

 なれど、恐ろしきは竜族。

 門番竜に……災厄か。

 災厄とは何度か殴り合ったな。

 ん?

 懐かしき顔がおる。

 古き悪魔族の者達。

 一緒に暴れたことを覚えておるか?

 ははは。

 あの時は一国を滅ぼしたな。

 いや、大陸を沈めたのだったか?

 盛り過ぎか?

 沈めたのは半分ぐらいだったな。

 いかんいかん。

 久しぶりの宴に浮かれておる。

 この美味い酒がいかん。

 もう一杯。

 食い物も美味いが、酒がいい。

 おおっと、我が子は……

 なんじゃ、子猫と戯れておるのか?

 よかろう。

 好きにするがよい。

 すまぬが酒をもう一杯。

 あの大きな器で貰おうか。



 宴が続いたが、いつかは終わりがくるもの。

 不死人の王が目を覚ましたので、別れの時が訪れた。

 なれど、我はまだ帰れん。

 このまま帰れば、我はもてなされただけではないか。

 我が子が世話になった礼をせねばならぬ。

 ここに来てから何をやるかを決めればよいと思っていたのだが、村はそれなりに充実しておる。

 となれば、我の加護か?

 いや、我の加護は勇者によって破られた。

 勇者に対するために……

 我がここに住み、守ってやるのはどうだ。

 おお、悪くない考えではなかろうか。

 そう伝えると、不死人の王に連れ出された。

 なんぞ?

 え?

 我が勘違いをしている?

 どういうことぞ?

 あの村長?

 えーっと……おお、よく我が子と猫の子をあやしていた者か。

 多少の神気は感じるが……

 ただの人であろう。

「それが勘違い。
 彼は君より強いよ」

戯言ざれごとを」

「そうかい。
 じゃあ、賭けをしよう」

「賭けとな?」

 村長とやりあい、我が勝てば我の勝ち。

 村長が勝てば、不死人の王の勝ち。

 勝った者が、負けた者に一つ、なんでも命令できる。

 愚かなことを。

 目に見えた勝敗ではないか。

 ……

 不死人の王は、なぜ哀れみの目で我をみる。

 まさか、本当にあの村長が強いのか?

 ……油断はせぬ。

 油断はせぬが、我の直感は大丈夫だと告げている。

 ふっ。

 児戯に付き合ってやろう。



 村長と五十メートルほど離れて対峙した。

 やはり、我の直感は何も反応せん。

 我がその気なれば、この程度の距離は無いも同然。

 即座に殺せる弱き者よ。

 それに、村長は我を攻撃するのを嫌がっている。

 そうであろうな。

 自分の同種を殺せるタイプにみえん。

 そのことを好ましく思うが、頼りなくもある。

 なれど……このままでは賭けが成立せん。

 我は獣の姿に戻る。

 これで武器を向けやすくなったであろう。

 ……

 なんぞ!

 急に?

 この場にいることに対する後悔。

 恐怖。

 逃げろと叫ぶ直感。

 わ、我は何と対峙しておる。

 ただの人間ではないのか。

 この圧力は……

 その槍はなんだ。

 どこから出した。

 ええい、ほうけるな!

 守りを堅める!

 槍ゆえに物理攻撃。

 対物理障壁を十八層。

 油断はせぬ。

 魔法対策として各属性の最上位を二十二層。

 合計四十層の多重障壁層。

 我の持つ最強の盾。

 この盾なれば、竜族のブレスすら防ぐ。

 さらに、我自身は常に七層の万能障壁に包まれておる。

 何を恐れることがあるか。

 落ち着け。

 そして攻勢に回るのだ。

 我が最大の攻撃を……

 我が見たのは、村長の視線が我の顔から足に移ったこと。

 なぜと疑問に思う暇すらなかった。

 村長が投擲した槍は、我の持つ最強の盾を打ち砕き、我の右足を吹き飛ばした。

 なっ……

 しかし、尻尾に溜めた魔力を使い、吹き飛ばされた右足を超再生。

 その攻撃には驚いたが、唯一の武器を投げたのは愚かなりっ!

 そして、我の顔を狙わなかったのを後悔すると良い!

 我が見たのは、次の槍を構える村長。

 ……

 ひょっとして、その槍って何本も出せるのかな?





 我は頭を下げた。

 生まれて初めてのことだと思う。

 許しを請うのは。

 いやいや、村に悪意なんてない。

 あれは村のことを考えての提案。

 子を助けてもらったのに、酷いことをしようとは思わぬ。

 この通りだ。

 言葉を間違えたことも謝る。

 我の守りがいらぬほど強き者がおるとは、考えもしなかった。

 我の無礼を許してほしい。

 不死人の王、お主からも。

 ほれ、我を庇うのだ。

 賭けの支払い?

 わかってる。

 忘れてない。

 だから頼む。



 結論、村長は話のわかる男である。

 ふう。

 我は人の姿に戻り、不死人の王に案内されて村に戻る。

 いやいや、本当に申し訳……あれ?

 なんだ?

 この我を封じる糸は?

 切れぬ?

 え?

 まさか……

 悲鳴を上げかけた。

 ちょ、え、な、なんで?

 蜘蛛の女王が……

 しかも怒ってらっしゃる。



 村にあるダンジョンに連れ込まれた後のことは語りたくない。

 尻尾に蓄えた魔力の大半を使ってしまったことと、しばらく動けないことだけ報告しておく。

 あと、群れた角狼。

 あれ、ダメ。

 反則。




+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ