挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

257/325

元四天王の一人


 我の名はゲーテグルー……どうでもいい。

 どうせ誰も覚えてくれない。

 我は誰からもこう呼ばれる。

 四天王の一人。

 四天王を辞してからは、元四天王の一人や、先代四天王の一人と。

 それもこれも四天王なる役職についてしまったが失策。

 内政しか才のなかった我を見出してもらったのは感謝するが、その激務は酷いの一言では表現できない。

 魔王様、政務関係がまるっきりだったからなぁ。

 まあ、それも今ではいい思い出。

 仕えていた魔王様が倒れた事で、四天王も解散。

 新たな魔王様と新たな四天王の元に魔王国はまとまり、力をつけている。

 我は元四天王の名と共に、まったりと領地経営をしつつ今後の魔王国を見守ればいい。

 そう願っていた。



 ここ数年。

 魔王国の上層部では特号案件が飛び交っている。

 特号案件は魔王と四天王のみが関われる案件の事だ。

 我が四天王であった頃は、勇者の暗殺関連がそれだった。

 今代の魔王も、勇者に苦労させられているらしい。

 ひょっとすれば、昔の話でも聞きに来るかもしれないな。

 昔の話をまとめておいてやろうか。

 などと考えていたのだが、どうも様子がおかしい。

 ……

 魔王や四天王が特号案件で利を得ている様子がうかがえる。

 まさか、勇者と組んだのか?

 それは裏切りだぞ。

 魔王国は人間とは手を組んでも、勇者とは手を組まぬ。

 あんな理不尽な存在を許してはならんのだ。

 怒鳴りに行くべきか?

 いや、慌てるな。

 我の思い込みかもしれん。

 ちゃんと調べてからだ。



 調べても何も出てこない。

 さすがは現役組。

 我も衰えてしまったという事だろうか……

 ちょっとショック。


 特号案件で、シャシャートの街に何かがあるのがわかった。

 我が密偵部隊では、それが精一杯。

 仕方なく、我も自らシャシャートの街に出向き、調査した。

 ……

 わからん。

 全然、わからん。

 ここで何かやっているのか?

 代官は口を割らん。

 いや、元から期待はしていない。

 ここの代官は優秀だからな。

 ヤツから情報を取れるとは思っていない。

 しかし、隙がありそうなヤツの息子も……駄目とは。

 勇者はまだこの街に来ていないようだし……

 裏社会の昔馴染みと話をしても、情報らしい情報は手に入らなかった。


 ふーむ。

 ともかく、今日は切り上げて少し早いが夕食にしよう。

 この時間ならまだカレーは残っているだろう。

 昨日は品切れで悔しい思いをした。

 ここのカレーはマジ美味い。

 あ、そっちの香草に包まれた羊肉も良いな。

 酒も美味いし、繁盛するのも良くわかる。

 街一つを屋根の下に収める事で、天候に左右されずに商売ができるのも良いな。

 我が四天王の時に気付いていれば……

 悔しい。

 夕食後はボウリングを少し楽しみ、宿に戻った。

 体を動かした後は、よく寝れる。





 特号案件に関して、心配していたのは我だけでなかった。

 昔の仲間、元四天王の一人、パルアネンが我を訪ねてきた。

 パルアネンの用件はシンプルで、調べてもわからないなら魔王に聞きに行こうというもの。

 素直に教えてくれるかどうかわからんが、我らが心配している事を伝えるだけでも意味があると。

 なるほどと思ったので、一緒に行く事になった。





 我とパルアネンはなぜか死の森のど真ん中にある村にいた。

 説明するより見た方が早いと言われたからだ。

 なんでも、我とパルアネンが来たのは凄くタイミングが良かったらしい。

 そうか。

 そうかもしれないが……もう少し先達に遠慮というか配慮をすべきではないかな?

 着替えを用意する気配りが出来るなら、もっと他の気配りができたんじゃないかな?

 よーし、落ち着け、落ち着こう。

 一点ずついこう。

 まず……あれインフェルノウルフだよな?

 一頭で街を滅ぼせる?

 四~五頭ぐらい揃ったら、大陸災害とか言われる……

 何頭いるの?

 軽く数えても百を超えているんだけど?

 それがなんで犬のように従順なの?

 腹を見せて撫でられているけど?


 でもって、あっちはデーモンスパイダーだよな。

 ずいぶんと子沢山で……

 それがなぜ隊列を組んで行進しているんだ?


 さらに、あそこにいるのは人間の格好をしているけど竜族だよな?

 暗黒竜のギラルって紹介されたんだけど?

 でもって、ドースって北の大陸の竜王だよな。

 ライメイレンって、南の大陸の台風竜?

 傍にいる悪魔族って、グッチ様じゃない?

 昔、一回だけあった事があるよ。

 ブルガ、スティファノまでいるし……

 世界征服の相談でもする予定なのかな?

 吸血姫と殲滅天使が仲良くお茶をしていて、皆殺し天使の三人組が上空を飛び回っている……

 コーリン教の宗主や悪辣フーシュがいるのが可愛いレベルだ。

 あ、横にいるのは聖女?

 ここに初めて来たと……一緒ですね。

 着替えは何回しました?

 二回?

 ははは、我は四回ですよ。

 あと二回、頑張ってください。


 ガーレット王国の巫女、キアービットがなぜいる?

 巫女は辞めた?

 マジで?

 今、巫女は誰がやってる?

 ……聞いた事がない無名天使だ。

 ガーレット王国、大丈夫か?

 ノーマークだった。


 ハイエルフ、エルダードワーフ、リザードマン、鬼人族……

 うん、凶暴なヤツらだよな。

 ミノタウロス族とかケンタウロス族、獣人族など見知った種族は良いなぁ。

 え?

 彼がシャシャートの街で武神とか言われてる戦士?

 じゃあ、ここで一番強い……違うんですね。

 下から数えた方が早い……頑張ってください。


 巨人族……おおう、もう。

 ラミア族……はぁ。

 スライム……癒される。

 ずっと抱きしめていたい。

 馬、いいなぁ。

 あー……落ち着く。



 この村の中心人物、村長。

 この死の森のど真ん中に、たった一人で村を作った男。

 インフェルノウルフの腹を撫で、デーモンスパイダーを肩に乗せて平然としている。

 竜族との間に子まで儲けたらしい。

 あ、子供は可愛いなー。

 何人か、英雄の才を隠そうともしないのがいるけど……


 ここで考えをまとめながら、我は昔に読んだ古い文献を思い出す。

 太古、この死の森に魔神が封じられたと。

 その死の森のど真ん中に村を作った男。

 周囲の状況。

 ……

 わかった。

 彼は神だ。

 魔神だ。

 だから、こうまで皆が従っているのだ。

 魔神は魔族の神でもある。

 つまり、我らが神。

 そう思えば、この村はなんだか神域っぽい感じもする。

 近くで神の息吹を感じられるような。

 あ、猫ちゃん。

 ちょっと向こうに行ってね。

 今、考えをまとめているから。

 ……

 この村には幸いな事に、我とパルアネンの孫娘が働いている。

 しかも、この村の支配者の寵愛を受けられる可能性があると……


 ビーゼルの娘はすでにだと?

 先を越されたか!

 いや、そうじゃない。

 めでたい。

 魔族との間に子を儲けられたのだ。

 おおっ。

 孫娘よ。

 我に出来る支援ならなんでもする!

 頑張るのだぞ。




 我の名はゲーテグルーテラーテセポネスト。

 どうせ覚えてもらえないだろうが、本日より魔神の信奉者の一人である。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ