挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

256/291

転移門の扱い


 屋敷の会議室。

 転移門の扱いに関して、魔王と話し合う事になった。

 ビーゼル、ドライム、始祖さんもオブザーバーとして参加している。

「調べた限り、魔王国に転移門の設置を制限する法はない。
 設置場所の領主が許可を出せば、自由にしてもらって構わん。
 ただ、物が物だけに一般への公開は控えて欲しい。
 物流が死ぬ」

「物流……村の作物を運ぶのは駄目って事か?」

「それは構わない。
 控えて欲しいのは、それを使った直接的な商売だ。
 例えば、王都とシャシャートの街を転移門で結ばれると、かなり便利になるが……
 間の街や村が困る事になるだろう」

「ああ、なるほど」

「片側がこの村であるなら、どこに作っても文句は言わん。
 ただ、ある程度の配慮はしてもらいたい」

「配慮?」

「ハッキリ言えば、街中に作られると困る」

「そうなのか?」

「うむ。
 万が一だ。
 万が一……この森の魔物や魔獣が転移門を通った時の事を考えると、どうしてもな」

 わからないでもない。

 こっちが万全だと言っても、無条件に信じては為政者としては失格だろう。

「出来れば、シャシャートの街から馬車で一日ぐらいは離れて欲しい」

 他に、通行者の記録取る、一日の通行量の制限、転移門の管理者、護衛の常駐、転移門の存在は出来るだけ隠す。

 魔王からの要求は、理解できるものだった。

 しかし、転移門の扱いは面倒になりそうだ。

 それぐらいの物という事か。



「シャシャートの街が転移門の設置先の候補と聞いたが、今も変わっていないか?」

 今日の魔王との話し合いの前に、ビーゼルとは何度も相談を行っている。

 シャシャートの街が候補である事もそこから伝わったのだろう。

「関わりがあるからな」

「シャシャートの街とその周辺は王領ゆえ、転移門の設置に関して私が許可しよう」

「それは助かる」

「だが……
 シャシャートの街の外に転移門を設置し、そこに管理者や護衛を常駐させるのは手間であろう」

「そうだな」

 手間はともかく、人手不足だ。

「それらを安易に解決する方法がある」

「ん?」

「転移門を設置した場所に、新たに村を作るのはどうだ?」

「え?」

「シャシャートの街から、馬車で一日ぐらい離れた場所にちょうど良い場所があってな。
 村があれば、転移門の存在も隠しやすかろう」



 魔王との話は適当な段階で軽い食事会に移行した。

「うむ。
 やはり美味い。
 シャシャートの街の店の料理も悪くないが、ここは格別だな」

 料理人の腕もあるだろうが、ここは食材の差と自惚れたい。

 食後に、ビーゼルがフラシアを魔王に自慢していた。

 魔王の娘、ユーリには結婚の話とかはないのだろうか?

 まあ、デリケートな問題だから下手に突っつくのは止めておこう。




 新しい村か。

 候補の場所は、シャシャートの街から馬車で一日。

 海までは馬車で二日なので、内陸寄りなのだろう。

 そこに転移門を設置すれば、マイケルさんとのやり取りは格段に向上する。

 本音を言えば、シャシャートの街に設置したいが……

 万が一を考えれば、危ないか。

 転移門の存在は出来るだけ隠して欲しいとの話も、無用のトラブルを避ける為と言われれば頷くしかない。

 まあ、宣伝する気は最初っからなかったが。

 ビーゼルはともかく、ドライム、始祖さんも話的に変な部分はなかったと言ってくれる。

 ただ、新しい村を作るのは大変ではないかと心配された。

 確かに一村、二村、三村を作った時は大変だった。

 問題は村を作る事ではなく、住人の方だよな。

 転移門の管理者、護衛は当然として村の責任者はいるし、どんな村にしても労働力は必要になる。

 何人かこっちから人を出す必要もあるだろう。

 考える事が多過ぎるな。

 ビッグルーフ・シャシャートの事もあるし、転移門は後回しにするか?

 いや、転移門があればビッグルーフ・シャシャートが楽になる……

 なるか?

 食材の輸送が楽になり、マルコスやポーラの二人が一村に戻りやすくなるだけか?

 そう言えば、二人にクリッキーと名付けられたクロの子供が寂しがっていたな。

 今度、連れて行ってやろうか。

 いや、家の番をすると頑張っているしな。

 マルコスとポーラを戻した方が良いかな?

 しかし、二人は店に全力だしな。

 うーむ。

 まあ、考え込まずにみんなと相談だな。

 何をどうするにしても、春になってからだ。

 それに、大樹の村と温泉地を繋ぐ案も残っている。

 二つの転移門を同じ場所に設置して良いのだろうか?

 便利そうだけど、駄目だよな。

 あー……

 よし、今日は寝よう。

 まだ考える時間はある。





 クロの子供の一人が情けない声を出しながら俺の前に来た。

 どうやら喉に小骨が刺さったらしい。

 何をやっているのか。

 俺は口に手を突っ込み、小骨を抜いてやった。

 サイズが大きいと、こういった時は便利だな。

 小骨……うん、牙の生えた兎のあばら骨っぽいな。

 今度からは落ち着いて食べるように。

 あー……痛かったな。

 よしよし。



 ルーが情けない声を出しながら俺の前に来た。

 喉に小骨が刺さったわけではないみたいだ。

「どうしたんだ?」

「転移門、解体したい……」

「やっても良いって言ってるだろ」

「でも、壊すだけになる可能性が高いから」

「何か学び取れるなら、壊しても構わないんじゃないか?」

「そうなんだろうけど……うう」

 よしよし。

 もうしばらく悩むらしい。

 気分転換に、他の魔道具を弄ったらどうだ?

 子作り?

 直接的だな。

 いや、二人目が欲しくないわけじゃないんだ。

 本当だぞ。

 本当なんだけどな……





 転移門に関して、村の住人とまた話し合う。

 魔王の提案した新しい村作りに関しても。

 全体的に肯定も否定も半々ぐらい。

 転移門も、元がなかったと考えれば、無理に設置する必要もないのではという意見も出た。

 なるほどと思う。

 新しい村を作りにしても、住人の目処もないし、とりあえずはその場所を見に行くのはどうだと話がまとまった。

 春の畑作業が終わった後にでも、予定地を見に行く事にしよう。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ