挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

25/325

冬が短く春が来た



 今年の冬は短かった気がする。

 ルーが居るからだろうか。

 ともかく、春が来た。

 今年の目標。

 水路の完成。

 頑張ろう。



 今年最初の畑作業を行う。

 いつも通りに畑を作り、今年からの作業として北側に果実エリアを作る事にした。

 大きさは五十メートル四方を一面とした畑を四面×四面の十六面。

 最初に植えた果実系の木は実をつけていないが、良い感じで成長を続けているので大丈夫だろうとの判断だ。

 それに、果実系の木は世話がそれほどいらない。

 害虫対策にザブトンの子供達が頑張ってくれているので、俺の苦労は最初だけだ。

 ザブトンの子供達も身体が大きくなってきたし、この辺りの木が新しい寝床になってくれればとも思う。

 育てる木は、リンゴ、ナシ、ミカン、オレンジ、カキ、モモの初期実験メンバー。

 それに加えて、ブドウ、パイナップル、バナナ、サクランボ、クリとやってみる。

 後は、多めにお茶を。

 ルーと俺とでお茶を消費すると、意外と減ったからだ。

 後で茶摘の手間に苦労するが、それはまた別のお話。



 クロ達はチラホラと森に行って狩りを始めた。

 今年の初獲物は、巨大な猪だった。

 相変わらず、持ち帰れないので俺を呼びに来た。

 まあ、野生ならその場で食べるから問題無いんだろうなぁ。

 だが、良い感じのペースで肉を確保できている。

 このままの勢いだと、この辺りの森から獲物が無くなったりするのではないだろうか?

 ある程度、ペースを調整した方が良いのかな?

 少し、悩む。

 悩んでいると、クロ達の角の生え変わりが始まり、落ちた角を拾ってそれぞれの小屋に飾る。

 クロイチ達の子供達も角が生え変わったら、パートナー探しに出掛けるのだろうか。

 無事に戻って来てくれると良いが……

 と思いつつ、このペースで増えるとヤバイんじゃないかなとか思う。

 ま、まあ、その時はその時で。


 ともかく、クロイチ達の子供がパートナー探しに出る事を覚悟して生活していると、俺とルーが寝床にしている小屋の前にザブトンの子供達が集まっていた。

 なんだ?

 この雰囲気、ひょっとして……

 ザブトンの子供達は、俺に向けて片足を上げて挨拶した後、お尻から糸を吐き出して風に乗せ、次々と飛んでいった。

 お前達もパートナーを探しに出掛けるのか。

 ……

 いきなりだなぁ。

 お前達の為に果実エリアを作った一面もあるんだぞ。

 クロ達と違って、戻って来ない気がしたので涙が出てくる。

 泣いている俺の前にザブトンが来て、大丈夫と片足を上げた。

 ザブトンの後ろには、旅立たなかった子グモ達がまだ何匹もいた。

 お前達……

 そうか。

 残ってくれるのか。

 そして……そのさらに後ろに、拳大サイズの子グモが無数にいた。

 ……そっか。

 春だもんな。


 子グモ達の旅立ちの少し後、予想通りにクロイチ達の子供がパートナー探しに出かけた。

 予想外だったのは、何匹かは出掛けずに残った事だ。

 見ると、残ったメンバーでカップルが成立していた。

 なるほど。

 クロの新しい子供達、クロゴ、クロロク、クロナナ、クロハチは全員出かけた事から、ある程度の血縁は自然と避ける事を理解しているのだろう。

 クロ達は賢いしな。

 唯一名前を付けたエリスの子のフブキは、アリスの子の一匹を捕まえ、居残り組だ。

 アリスの子がボロボロになっているけど、まあ、その……うん、仲良くして欲しい。

 俺は新しいカップルと、戻って来るであろう子供達の為に犬エリアに小屋を建設する事が日課になった。

 だが、流石に今後を考えると一戸建ての小屋はスペース的に無理だ。

 なので大きめの長屋風の小屋にチャレンジしてみた。

 完成した感じは馬房かな。

 悪く無い出来だと思う。

 思いたい。

 パートナー探しに出た子供達の数を考え、何棟か作った。



 良い感じに暖かくなってきたので、ザブトンが作ってくれた新作の服を着る。

 相変わらず、俺よりもファッションセンスが良い。

 服のお礼をしようと色々とファッション関係のアイテムを試行錯誤した結果、木製マネキンが喜ばれた。

 マネキンかぁ。

 俺サイズとルーのサイズで作り、渡しておく。

 これからもよろしくお願いします。

 ちなみに、木製のハンガーはすでに何個も作り、服の収納に役立てている。


 旅立たずに残ってくれたザブトンの子供達も、複雑な形は無理だが袋みたいな物は作れるようになってきているらしい。

 貰った袋に草を詰めて座布団のような物にしたら、次からはそれに適した形にしてくれた。

 座布団はルーが気に入っている。

 今までが木や石に座っていたから、柔らかい方が良いのは当然だ。

 ルーはトイレ用の座布団を作ろうと頑張っていたが、O字型の穴のサイズで苦労していた。

 なので、O字型ではなく、U字型を提案。

 喜ばれた。

 そして、ザブトンの子供達から凄いと感動の目で見られた。

 前の世界の知識だから、恥ずかしい。

 その後、調子に乗ってソファーっぽい物を作ったりした。

 それより先にベッドじゃないかなと、ルーに言われた。

 なるほど。

 夜のお誘いか。

 頑張ろう。



 一文字 50×50メートルぐらいの大きさ。

□□□□□□□□果実果実
□□□□□□□□果実果実
□□□□□□□□果実果実
□□□□□□□□果実果実
□□□□□□□□畑畑畑畑○○○○
━建設中━池池□畑◇◇畑○犬○○
━下水路━池池□畑家◇畑○○○○
□□□□□□□□畑畑畑畑○○○○
□□□□□□□□△△△△
□□□□□□□□△新畑△
□□□□□□□□△△△△
□□□□□□□□△△△△

←五キロぐらい向こうに川。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ