挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

237/289

従業員


 ビッグルーフ・シャシャート。

 ここが私の働いているお店。

 貴族のお屋敷よりも大きいの。

 ここには従業員が四百人以上いるわ。

 最初は十人ぐらいだったのだけど、増えに増えて二百人。

 それが一期組。

 私はその後に入った二期組。

 一期組も二期組も宿無しの子達ばかりだけど、だからって全員の仲が良いわけじゃない。

 寝床にしている場所や得意不得意で喧嘩したり、対立したりする。

 ビッグルーフ・シャシャートで働けると聞いた時は嬉しかったけど、そこに一期組がいるのは不安要素だったわ。

 だって、一期組はゴールディさんのところでお世話になっている子ばかり。

 二期組はゴールディさんの声掛けに応じた世話役のところの子達。

 派閥が違うの。

 その上で、一期組は私達よりも二ヶ月以上も先に働いている。

 きっと、仕事の出来ない私を馬鹿にするだろうと思っていたわ。


 そんな事はなかった。

 一期組は驚くほど親切だった。

 そりゃ、失敗したり、馬鹿な事をしたら怒られたりはする。

 でも、馬鹿にされたりする事はなかった。

 どうしてだろうと疑問に思いながら仕事をして、理解したわ。

 つまらない事で、トラブルを起こしたくない。

 この仕事を失いたくないという気持ちもあるだろうけど、一番は雇ってくれた店長、店長代理のマルコス様、それにポーラ様に迷惑を掛けたくない気持ち。

 それほどの恩義を感じているから、後から来た者を馬鹿にするよりも、鍛えて使えるようにする方が優先。

 そうなるのも仕方がないと思うわ。

 だって、ここは私達にまともな生活……いや、極上の生活をさせてくれるのだから。



 寝る場所は従業員の為だけに作られた家。

 寮って呼ばれている。

 ビッグルーフ・シャシャートで働く従業員はこの寮に入れるの。

 寮は三棟。

 男子寮、女子寮、そして子供寮。

 男子寮、女子寮はその名の通り、男子だけ、女子だけが入る事ができるわ。

 子供寮は、一人で生活するのが難しい子供達が中心の寮。

 ここには希望すれば入れるから、子供達の姉や兄達が入っている事が多いわね。

 どの寮でも、四人で一部屋。

 前はもっと人数が多かったみたいだけど、棟が増えた事で今の人数になったと説明されたわ。

 その部屋で、毎日、綺麗なシーツが掛けられたベッドで眠る事ができる。

 最初はシーツを汚すのが怖くて、床で寝ちゃったけど今では良い思い出。


 寮にはお風呂があるわ。

 大きなお風呂。

 そこには温かいお湯が沸かされていて、自由に使える。

 お風呂を使う時間は班で決められているので、その時間にちゃんと行かないといけない。

 お風呂には毎日入るのが決まり。

 これはサボっちゃ駄目。

 例外は病気の時だけ。


 食事は一日三食。

 この寮に来るまでは、一つのパンが一日の食事ってのが贅沢な部類だったから、驚いたわ。

 しかも、ちゃんとした料理。

 例えば朝食。

 パンも焼いてから何日経ったかわからない硬いパンじゃなく、その日に焼きあがったパン。

 スープは雑草を煮たスープじゃなくて、ちゃんとした野菜を煮込んだスープ。

 それに日替わりで何か出る。

 茹でた卵とか、焼いた魚とか。

 その上で、スープはおかわり自由。

 初めての朝食の時は、これでもかってぐらいおかわりしたわ。

 これも良い思い出。

 今は、他の人の事を考えて、おかわりは一杯で済ませるつつしみを覚えている。


 昼食、夕食は朝食以上に豪華。

 新しい料理の研究とかで、時々は変な料理が出るけど、それだって十分に美味しい。

 少なくとも、従業員で食事に文句を言う人はいない。


 ビッグルーフ・シャシャートに雇われると、支給される物があるわ。

 それが衣服。

 仕事の時に着る服が三着、仕事以外の時に着る服が二着、寝る時に着る服が二着。

 それに下着。

 正直、こんなに大量の服をもらって、どうしたらいいかわからずに困ってしまったぐらい。

 自分の部屋に備え付けられた家具の中にしまった時は、ちょっとした高揚感だった。

 洗濯の方法も教えてもらった。

 衣服は自分で洗うのがルール。

 他の人にやらせちゃ駄目。

 盗られちゃうから、自分で管理しなさいって事かと思ったら違ったわ。

 これは従業員達が作った自主ルール。

 洗濯を他の人にさせて、空いた時間で働こうとするのはズルいという事ね。

 みんな、ちゃんと働きたいのだから。

 靴も支給してくれる。

 こっちは一足だけだけど、足に合わなくなったり、壊れたりしたら申請すれば新しい靴を支給してもらえる。

 裸足で働くのは駄目なので、大事にしないといけないわね。



 さて、本題というか一番大事な話。

 それは仕事。

 これだけの生活をさせてもらえるのだから、それだけ働かなきゃいけない。

 まず、従業員は専用の仕事を持っている人と、それ以外で分けられるわ。

 専用の仕事は、料理したり、看板を描いたり、その人じゃないと駄目な仕事。

 前は持ち回りでやっていたらしいのだけど、カウンターで注文を受ける仕事も専門の仕事になっちゃった。

 専門の仕事を持っている人は、他の従業員から凄く尊敬されるわ。

 私も……と言いたいけど、私は残念ながら専門の仕事は持っていないの。

 でも、いつかきっと。


 専門の仕事を持っている人は、その仕事を。

 持っていない人は、班に従って行動。

 料理のお手伝い、お客様の列の整理、テーブルの清掃、お水を配る仕事とかね。

 あと、遊戯エリアでボウリング、輪投げ、射的のお手伝い、舞台で何かする時はそのお手伝いをする仕事なんかもあるわ。


 どの仕事も人気だけど、今日の私はボウリングのお手伝い。

 やる事は簡単だけど、それなりに重労働。

 これは一つのレーンで、三人~四人でやるわ。

 まずは全員でレーンの清掃。

 その後、やってきたお客様に並んで挨拶。

 ここは笑顔で。

 その後、一人を残して残りはレーンの奥、ピンの裏側に移動。

 残っている一人は、ボール磨きをしながら、投球タイミングの調整。

 お客様によっては投げるタイミングが色々だからね。

 それと、乱暴な投げ方とかしないように教えてあげるの。


 レーンの奥に移動した人達は、お客様が転がしたボールで倒れたピンを回収し、また並べるの。

 ここは分担をしっかりしないと、手間取っちゃうから、ちゃんと自分のやる事を覚えないといけない。

 注意点としては、お客様が転がしたボールが、奥に当たるまで触らない事。

 倒れたピンが動いている時も、早々に回収しちゃ駄目。

 倒れたピンが他のピンを倒す事もあるからね。

 あと、転がってきたボールを返却用の横のレールに置いて、倒れたピンの数を知らせる鐘を鳴らす。

 舞台の方で何かやっている時は鐘じゃなくて旗ね。

 お客様によっては、常に旗の方が良いって方もいるから、希望される方にはその通りに。

 ああ、でもお客様の希望でも順番待ちのお客様がいる時は、きっちりと交代をしてもらうわ。



 お客様と接する機会があると、チップを貰う事があるわ。

 気前の良い人は、大銅貨をくれたり。

 チップは、貰った従業員の物というルール。

 これは最初、揉めたらしいの。

 貰ったチップをお店に渡すべきだって従業員達が。

 普通は逆よね。

 お店が従業員の貰ったチップを巻き上げる話は聞いた事あるけど、従業員がお店に渡そうとするなんて。

 でも、店長代理のマルコス様や、ポーラ様は従業員の物にしなさいと受け取らなかったわ。

 お店に何かあった時の事を考え、貯金しておきなさいって。

 だからチップは貰った従業員達の物。

 まあ、それが普通なんだけど、無駄遣いせずにしっかり貯めているわ。

 ちなみに、今度、従業員一同で店長代理のマルコス様とポーラ様にプレゼントを贈る計画があったりするの。

 ふふ。




 色々と頑張っているけど私だけど、目標というかライバルとしてみている人が三人いるわ。

 一人は一期組のポッテ。

 カウンターで注文を受ける仕事を専門にやっている。

 ポッテはその仕事の代表格。

 専用のウェイトレス服を着ていて、羨ましい。

 私は従業員としめすエプロンだけ。


 もう一人が、看板描きのラゼック。

 昔は地面に絵を描いてばかりの子として有名だった。

 その時はそんなのお金にならないと思っていたけど、今は看板を描く仕事で大活躍している。

 しかも、その仕事は店長から直接命じられたらしいの。

 羨ましい。

 何人かラゼックの手伝いをしているけど、その人達も絵が描ける人ばかり。

 私の絵は……ゴールディさんの番犬を描いたのだけど、誰もそうとはわかってくれなかった。

 うん、せめて生き物で答えて。

 さすがに机は酷くない?


 最後の一人が、シャーさん。

 料理にやたらと熱心なお客様だったけど、いつの間にか働いていた。

 今ではマルコス様の傍で、料理を手伝っている。

 時々、料理を食べてハイテンションに語りだすのが欠点だけど、私達に字や計算を教えてくれたりする。

 とても丁寧でわかりやすい。

 ただ、子ども扱いされる。

 そりゃ、年齢的には正しいのかもしれないけど、早く字や計算を覚えて子ども扱いされる事から脱却したい。

 でも、計算は難しい。




 えーっと、何が言いたいかっていうと、私よりもそっちの三人を見習いなさいって事。

 私は三期組として入ってくる二百人の前で、説明する。

 あー、なんで私がこんな説明をしているんだろう。

 ビッグルーフ・シャシャート。

 従業員は順調に増えている。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ