挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

23/290

蛮族?



 俺は少女の前に出ると、クロ達を少し下がらせ、とりあえず身を隠す物をと自分の上着を脱いで纏わせようとした。

 少女はそれで余裕を取り戻したのか、俺の元に近付いてきた。

「安心しろ」

 そう俺が言うと同時に、少女は俺の首筋に噛み付き、血を吸った。

 少女の姿が、急速に成長する。

 さっきまでは小学生低学年だったのが、高学年サイズに。

 傷だらけの身体は、一気に回復してツヤツヤの肉体になっている。

「え? え? え?」

 血を吸われている事や、目の前の少女の変化に俺が驚いて身動きを取れずにいると、クロが体当たりして俺と少女を引き離した。

 その後、他の犬達が少女をボコる。

「待って、違う。
 攻撃じゃない、やめて」

 フブキの突進で、少女の身体が空中に放り出され、落下する前に他の犬によってまた空中に放り出される。

 少女が空中で体勢を整えようとすると、高くジャンプした他の犬が上から地面に叩きつける。

 フルボッコだ。

 その様子に、俺は冷静さを取り戻す。

「あー……待て待て」

 俺はクロ達に待てをする。

 クロ達は、素直に従ってくれるが、すぐに襲い掛かる体勢は崩さない。

 クロ達によってボコボコにされた少女は、またもや傷だらけで身体のサイズは低学年ぐらいに戻っていた。

 いや、最初に見た時より小さくなっている。

「お前は、俺の敵か?」

「ち、違う、違うからこいつ等を下げてっ!」

「俺の血を吸ったのに敵じゃないと?」

 目の前の少女は吸血鬼だろう。

 人間の姿で血を吸う生物なんて、それ以外に思いつかない。

「血を吸ったのは謝るから。
 あのままだと消滅する所だったのよ」

「血を吸って、回復すると?」

「そう」

 だから、クロ達は組み付かなかったのか。

 油断すれば、血を吸われるから。

「血を吸われた俺に、何か影響があるのか?」

 吸血鬼に血を吸われたら、下級吸血鬼になるとか良く聞く話だが……

「……た、多少の魅了効果がある筈だけど……アンタには効いていない」

「俺も吸血鬼になったり……アンデットになったりは?」

「しない。
 血をもらう相手をそんな風にしたら、血がもらえなくなるじゃない」

「……なるほど。
 つまり、現状……俺に何も問題は無いと」

「うん。
 血を吸ったのは私の回復手段なだけだから。
 こ、この地に来た事が罪ならそれも謝るわ。
 だから見逃して」

 ……

 …………

 俺は考える。

「とりあえず、もう少し血を吸うか?」

 俺の提案に、少女とクロ達が少し驚いたようだ。

「い、良いの?」

「構わない。
 敵じゃないんだろ」

「あ、ああ……」

 少女は遠慮しながら、俺の首筋に噛みついた。

 チューチューと吸われている。

 少女の身体が、小学生低学年から高学年、そして中学生ぐらいのサイズになる。

 身体の傷も綺麗に消える。

 不思議な光景だ。

「ふう……」

 少女は満足気な表情を見せてくれる。

 俺は自分の身体をチェックする。

 それなりに吸われたと思うが、まるっきり影響が無い。

 前の世界に居た時、血を抜かれた経験がそれなりにあり、ヤバイ状況は感覚的にわかるつもりだが……

 血が減った気がしない。

「もう少し、どうだ?」

 俺はさらに血を薦める。

「え?」

「いいから、いいから」

「う、うむ……感謝する」

 少女はさらに血を吸う。

 中学生ぐらいのサイズから、高校生ぐらいのサイズになる。

 やはり、血が減った気がしない。

 いけるか。

「もう少し飲めるか?」

「の、飲めるけど……」

 少女はさらに血を吸う。

 高校生から、大学生ぐらいの身体になった。

「ふう……流石にこれ以上は……」

 げふっと言った感じで少女……いや、少女ではないな。

 美しい女性が、俺の傍に居た。

 血をそれなりに吸われて平気なのは、この世界に来る時に神様にもらった特典のお陰だろう。

【健康な肉体】

 先ほど、彼女が言ってた俺に魅了が効かないとかも、それが原因かもしれない。

 ともかくだ。

 俺の目の前には、美しい女性が居る。

 しかも、全裸で。

 ……

 俺はクロ達に解散を伝え、彼女を俺の家に招待する事にした。

「え、え、え?
 なに、ちょっと……え?」

 俺の行為は蛮族だろうか。

 同居人が増えた。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ