挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

224/289

魔王国のホウ=レグ


 私の名はホウ。

 レグ家の六女で、魔王国四天王の一人。

 年齢は……数えるのを止めました。

 残念な事に、まだお相手には恵まれていません。

 おかしい。

 美貌的には問題が無い筈なのに。

 胸もお尻もそれなり。

 うん、平均並みか平均以上。

 背中の赤い翼も、派手派手しい感じではなく落ち着いた感じですし、自画自賛ですが綺麗だと思います。

 資産の方は控えめに表現してもお金持ちです。

 レグ家とは別に、私の自領を持っていますしね。

 性格は……少々キツいと言われる事がありますが心配無用です。

 男に合わせます。

 可愛い感じが良いというならそうしましょう。

 クールな感じが良いというならそうしましょう。

 四天王の地位が邪魔?

 結婚してくれるなら四天王の地位だって捨てましょう。

 なのになぜ?

 地位や名誉、お金目当てでさえ近寄る者がいないのは?

 誰かが邪魔しているの?

 私にそんなに恨みがあるの?

 それなら堂々と名乗り出なさい。

 男なら夫にしてあげますから。

 復讐プレイが楽しめますよ。

 大丈夫です。

 私、頑張りますから。

 ふふふ……

 こほん。

 この話題は止めましょう。

 飲むお酒の量が増えてしまいます。





 さて、ここ数年。

 魔王国には一つの重要案件があります。

 大樹の村。

 魔王国領内にある死の森。

 その死の森の中に出来た村です。

 最初、その話を聞いた時は笑って流しました。

 冗談だと思ったからです。

 だって死の森ですよ。

 触っちゃ駄目、近寄っちゃ駄目の死の森です。

 そこに村が出来たって、どうやってですか?

 あそこに住む魔物や魔獣は、魔王国軍の精鋭でも勝てないのですよ。

 まだドラゴンが巣を作ったと言ってくれた方が信じられます。

 まあ、それも近くに門番竜がいますから、ありえないと笑っちゃいますけどね。

 現実は冗談ではありませんでした。

 村が出来ており、そこに魔王国でも危険人物にリストアップされている吸血姫ルールーシー、殲滅天使のティアが確認されました。

 さらに、門番竜の娘ラスティスムーン。

 彼女は危険人物どころではなく、災厄です。

 自然災害がそこにあるのと一緒です。

 極めつけが死の森でも上位種のデーモンスパイダー、インフェルノウルフが群でいると。

 現実の方が冗談のようでした。

 なにがどうなって、そこにいるのか……

 まあ、この件に関してはクローム伯が担当する事になったので、私は意識から消しました。

 関わっちゃ駄目と思ったからです。

 失敗でした。

 もっと早く関わるべきでした。

 あの村にあんなに美味しいお酒があるなんて!

 そしてクローム伯。

 そのお酒を私に渡さず、魔王様や他の四天王にだけ渡していたなんて……

 思わず、クローム伯の領地にどう戦争を仕掛けるか本気で検討してしまいました。

 十回やれば七回は勝てます。

 でも、もう良いのです。

 ちゃんと謝ってくれましたから。

 魔王様も加担していたのですね。

 そんなに頭を下げなくて良いんですよ。

 そこまで怒っていませんから。

 手元にあるお酒を全て差し出してくれるのでしたら。

 それと、これからはちゃんと私にもお酒を渡してくれるのですよね。

 ……

 しまった。

 お酒じゃなくて、男を紹介してもらえばよかった。

 私の馬鹿っ。





 大樹の村に行き、お酒の取引を直接する事になりました。

 決して、お祭りの見物ではありません。

 あれは悪い夢です。

 おかしいですね。

 まだ数杯しか飲んでないのに。

 ふふふ。


 私にはお酒。

 そうお酒があれば良いのです。

 ここのお酒は最高です。

 しかも種類も豊富。

 私の領地でもお酒造りをやっていますけど、これほどの味は出来ません。

 悔しい。

 でも、美味しい。

 ここにいるドワーフ達は良いですね。

 何も言わなくても、色々なお酒を出してくれます。

 種族がドワーフでさえなければ……私は気にしないのだけど、彼らはヒゲがないと駄目だそうです。

 流石にヒゲはちょっと……うん、私には似合わない。

 残念。

 それは横に置いておいて、今度、私の考えた方法でお酒を造ってくれませんか?

 前々から色々と考えていたのです。

 自分の領地じゃ出来なくて……

 領主だったらなんでも出来ると思っています?

 残念ながら、思ったより不自由なんですよ。

 領主は領民の為に働くものですからね。

 私が自由にして良い部分なんてありません。

 上手くいっているから、お金は増えるんですけどね。

 まあ、ちゃんとお金は払うので、よろしくお願いします。

 村長が許可すれば?

 わかりました。

 今度、計画書を村長に送っておきます。





 大樹の村がシャシャートの街で店を出すそうです。

 良い話です。

 ただ、トラブルは困ります。

 手を回しておきたいですが……シャシャートの街の代官は優秀な男です。

 問題は無いでしょう。

 とりあえず、代官には挨拶だけ。

 あとは……護衛は派遣しておきますか。

 死人や怪我人が出ると、関係が悪化するかもしれませんからね。

 お酒の為だけじゃありませんよ。

 魔王国全体を考えてです。

 あと、情報も欲しいですしね。

 お店でお酒を扱うようになったら、必ず連絡するように。




 シャシャートの街に派遣した護衛から連絡が届きました。

 無事に開店したようです。

 カレーを販売するお店で、お酒は扱わないのですか。

 残念です

 カレーはライスの不足を補う為、周辺のお店からパンを購入していると……

 大樹の村でカレーは食べましたが、あれならパンでも売れるでしょう。

 周辺のお店とも仲良くやっているようですね。

 よかったですけど……この店の規模は記入ミスかしら?

 従業員の数も?




 お店は順調のようですね。

 遊戯コーナーのミニボウリングも盛況と。

 大樹の村にあった遊戯ですね。

 それをタダで……なるほど、お客を集める目的ですか。

 やりますね。

 カレーが美味しいのはわかりましたから、味のレポートは不要です。




 報告にミニボウリングのレーン状況が加わったのはどうしてかしら?

 七番レーンに関しては、やたら細かいわね。

 スプリットの取り方を報告されても困るのだけど。

 ちゃんと護衛の仕事をしているのか、不安になってしまいます。




 お店でトラブルが起きたそうです。

 暴動と呼ぶのは大袈裟ですが、大きな騒動だったようです。

 品切れによるカレーの提供停止が原因と……

 あー……確かにあの味はクセになりますからね。

 私も時々、夢に見ます。

 今度、食べに行こうかしら。

 っと、その前に報告書の続きを。

 大きな騒動は、村長と呼ばれる人が来て無事に鎮火。

 ……

 え?

 村長?

 村長って、大樹の村の村長?

 それがシャシャートの街に来ているのですか?

 ……

 駄目駄目。

 現実逃避は駄目。

 お酒に逃げちゃいけない。

 頑張って、続きを読みましょう。


 その後、カレーの無料提供で事を収め、小さなお祭りのようになったのですか。

 ゴロウン商会が全面バックアップしたみたいですね。

 この報告書だと、ゴロウン商会を手足のように使った感じになっていますけど、そんなワケないじゃないですか。

 ゴロウン商会はシャシャートの街に本部を置く大商会です。

 そのシャシャートの街は魔王国の経済の三パーセントを占めると言える経済規模です。

 三パーセントは数字の上では大した事ないように感じますが、そんな事はありません。

 魔王国の王都で五パーセント。

 他の街では一パーセント未満です。

 大きいです。

 かなり大きいです。

 その上、王都への距離を考えれば、かなり影響力を持っていると言えます。

 そのシャシャートの街を代表し、左右できるのがゴロウン商会です。

 その商会の会頭を側近のように従え、次期会頭を顎で使っていたなんて……

 大樹の村にいましたね、会頭。

 ……

 飲みましょう。

 ちょうどメイドが来ました。

 すみませんが、一杯、お願いします。

 あ、小さいグラスじゃなくて、大きいグラスで。

 先を読むのに勇気が必要です。


 ええと……その後、別のトラブル?

 近隣の飲食店から苦情が来たと……

 以前からカレーの人気でお客を奪っていたのに、カレーの無料提供で止めを刺したと。

 考えてみれば当然ですね。

 大樹の村の村長は、お店の経営者としては素人なのでしょうか?

 んー……

 村長はその苦情を予想していた?

 苦情を言って来た者を次々に取り込み、店の中に街を作った?

 それで解決?

 ?

 どういう事でしょうか?

 ワケがわかりません。

 行って確かめた方が良いでしょうか。

 うーむ。


 続きを読みます。

 ミニボウリングがサイズアップし、普通のボウリングになったと。

 今度の七番レーンは手強い。

 無駄な報告ですが、なごみます。

 そして、ボウリング大会が行われ、優勝したと。

 何をやっているのでしょうか?

 ちゃんと護衛をやっているのですか?

 優勝賞品としてお酒を貰って、大変嬉しかったです?

 え?

 ……

 …………

 ……………………

 ああ、お酒の販売を始めたのですね。

 ちょっとシャシャートの街に行ってきます。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ