挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

22/290

冬の備えと全裸少女?



 なんだかんだと生活をしていると、いつの間にか肌寒さを感じ始めた。

 クロやクロイチ達の子供も、まだ可愛さは残しているものの、それなりに大きくなり牙の生えた兎とかを狩って来るようになっていた。

 もうすぐ冬かと少し憂鬱になる。

 果実系の木は、まだ実をつけなかった。

 来年に期待だ。

 食料の貯蔵は、かなりしている。

 地下室を増設したぐらいだ。

 万全と言えるだろう。

 今、育てている作物を収穫すればさらにだ。

 そして反省。

 水路は完成しなかった。

 さらに、塩をまだ確保できていない。

 俺、大丈夫だろうか?

 この世界に来てから塩分を搾取していない気がするが……

 食べた物は、狩った動物か収穫物、後は魚。

 ……

 動物の肉で補充できているのかな?

 よくわからない。

 焼いてるし。

 しかし、生肉を食べる気にはなれない。

 体調が悪くなってからだと手遅れなんだが……今からではどうしようもない。

 来年の目標にしよう。

 優先順位は最優先。

 次に水路作り。

 でもって……奥さんが欲しい。

 夜、一人で寝るのが寂しい。

 クロ達が家族で和気藹々としているのを見ると、尚更だ。

 そんな俺を、ザブトンが慰めてくれる。

 ありがとう。



 俺が冬の間にする事だが……

 今年も木や石で色々と作る事にしたので、その材料を集めておく。

 一応、これまでの成果で、木組みで水の漏れないマスが作れるようになった。

 接合部を樹脂で補強する方法なら、かなり前から出来たのだが、目指したのは樹脂を使わない木組みオンリーで水漏れしないマス。

 材木の接合部の角度を工夫し、筋を彫って間に繋ぎ用の木を入れる事で、水漏れを防ぐ事が出来た。

 水漏れは防げたが、そのまま大きいマスを作ったら水の圧力で分解してしまったので、内側からの力に強くなるように接合部のカットを工夫した。

 万全。

 現在、犬エリアの水飲み場の水入れとして利用している。

 これで風呂に一歩近付いた。

 うん。

 果実系の木も良い感じだし、本格的に檜を育てる事を考えてみようかな。

 風呂用に。



 クロイチ達の子供は、一匹を除いて名前は付けていない。

 数が多過ぎるからだ。

 それに見分けも難しい。

 ザブトンに名札用のスカーフでも作ってもらえるなら考えるが……

 クロの新しい子供、四匹には名前を付けた。

 クロゴ、クロロク、クロナナ、クロハチだ。

 クロゴ、クロロクがオスで、クロナナ、クロハチがメスだ。

 差別ではない。

 俺の寝床に近い場所に居るので、接する機会が多いだけだ。

 一匹、エリスとクロヨンの子供の中で真っ白な子犬が産まれている。

 これは完全に見分けられるので、名付けた。

 フブキ。

 ユキの時に考えた御下がりだが、似合うと思う。

 メスだし。


 子犬達の額に、はっきりと角が生え始めた頃。

 北側に異変があるとザブトンが知らせて来た。

 普段よりも緊急性が高そうな感じだったので、嫌な予感がする。

 それを肯定するように、クロ達が殺気立ち、一斉に北側に走り出したので驚いた。

 子犬達も同様にだ。

 なんだ?

 ヤバいヤツでも来るのか?

 俺は【万能農具】を取り出し、クロ達の後を追った。



 クロ達の居る場所に到着した時、目に入ったのは全裸の少女。

 小学校の低学年ぐらいで、目立つのはその銀髪と美貌。

 将来、絶対に美人になりますと主張しているような顔立ちだ。

 しかし、その身体はクロ達にやられたのか傷だらけで、大きな木を背にクロ達に対峙している。

 クロ達は一匹が突出し、少女の意識を向けた後、他の場所から別の一匹が襲い掛かる。

 一撃離脱。

 少女が敵だとしても、クロ達との体格差が明らかなのに、クロ達が押さえ込みに掛からないのはなぜだろう?

 いやいや、待て待て。

 なにを冷静に。

 手を叩いてクロ達に俺が到着した事を伝えても、クロ達の警戒は解かれない。

 しかし、囲まれている少女は俺に気付いたようだ。

「た、助けて」

 良かった。

 言葉が通じる。

 そして、久しぶりの言葉を聞いた気がする。

「わかった」

 俺はクロ達の間を抜けて、少女の前に出た。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ