挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

216/325

出張


 私の名はイフルス。

 魔王国の小さな貴族の家に生まれた男だ。

 家は長兄が継ぐので、私は自身で生活の糧を得なければならなかった。

 幸いな事に文官としての才が認められ、魔王国に雇われた。

 勤続四十年。

 その間に妻を娶り、息子も産まれた。

 息子は今年で二十になる。

 息子は私に似ず、力と魔力に恵まれ、魔王国軍の将軍になれるのではないかと目されている。

 ありがたい事だ。

 ただ、少し前まではその息子は魔王国の現体制に対して不満を訴え、隠れて活動家らしき事をしていた。

 魔王様に報告すべきかどうかで悩んでいたのだが、急にそういった活動から足を洗った。

 何かあったのだろうか?

 前に比べて、明るく笑うようになったから良い事でもあったのかもしれない。

 ひょっとして、前から懸想していたパン屋の娘との仲が進展したのだろうか?

 そうであれば嬉しいな。

 ともかく、怪しい活動を止めてくれたのは良かった。


 さて、私の話だ。

 五年ほど前から、私はシャシャートの街の代官を任じられている。

 シャシャートの街は魔王国領の直轄地であり、魔王国でも有数の商業地だ。

 最近の発展もいちじるしい。

 そんな街の代官に任じられた私は、これまでの働きを認められたという嬉しさ半分、重要な役職を負かされた不安が半分だった。

 失敗はしたくない。

 安全にいきたいのだ。

 そう思い、今までやってきた。

 心掛けは一つ。

 判断に困った時は、前例に従う事だ。

 前例にない事は極力しない。

 前例にない事をどうしてもしなければならない時は、王城にお伺いをたてる。

 情けない話だが、責任が自分に覆いかぶさらないようにしてきた。

 私は出世など考えていない。

 仕事は安全に、ほどほどで、もちろん収入もほどほどになるが、欲張らない。

 自分の才覚は十分に知っている。

 シャシャートの街の代官は、私には分不相応だ。

 その心掛けが良かったのだろう。

 これまで、問題らしい問題はなかった。


 なのになぜ。

 今、私の目の前には魔王国四天王の一人、レグ様がいる。

 レグ様は財務担当。

 なんだ?

 私は金銭に限らず、不正な事は一切やっていない。

 部下の誰かがヤバい事をやったのか?

 勘弁してくれ。

 いや、素直に私の管理不足か。

 しかし、部下達が……

 何をやったんだ?

 金に困っているような者はいなかったと思うが……

「よろしいでしょうか?」

「は、はい」

 いかんいかん。

 悪い事を考えるより、まずはしっかりと話を聞こう。

 対処はその後だ。




 翌日。

 私の目の前には魔王国四天王の一人、グラッツ将軍がいる。

 なぜ?

 どうして?

 何か関係する事、あったっけ?

 もしや、このシャシャートの街に戦火が及ぶのか!

 急ぎ、兵を集めねば。

 いや、それよりも避難場所の確保をしなければ。

 シャシャートの街は最近の発展で人が多くなっている。

 避難には時間が掛かるが、船の数も多い。

 なんとかなるか。

「いいかな?」

「あ、は、はい。
 即時に動かせる船の数は二十隻ほどです。
 時間的余裕はどれぐらいでしょうか?」

「え?」



 グラッツ将軍の後は、ランダン様だった。

 魔王国の内政を統括しているランダン様は、私の上司の上司。

 これまで言葉を交わしたのも数えるほど。

 最後に会話をしたのは……

 シャシャートの街で武闘会の謁見に来られた際でしたね。

「ようこそお越しくださいました」

「役目、ご苦労」

 約二秒で終わりました。

 覚えています。

 いえいえ、怒っていません。

 面倒な会話をしなくて済むありがたい方だと思っています。

 そのランダン様がなぜ?

 まさか、解任?

 お考え直しを!



 レグ様、グラッツ将軍、ランダン様と魔王国四天王の方々と顔を会わせたのだから、次に四天王最後の一人、クローム伯が来るかもしれない。

 これまでの三人への応対に失敗はなかったと思うが、大成功でもなかった。

 どれも突然だったからな。

 来ないかもしれないが、準備しておこう。

 無駄骨になるかもしれないから、部下には命じ難い。

 自分で部屋の清掃。

 テーブルの位置は……この辺りで良いかな。

 カーテンにホコリは無い。

 メイド達の普段の働きに感謝だな。



 準備しておいて良かった。

 今、目の前にいるのは魔王様。

 いや、頭を伏せているので目の前ではないな。

 頭の先かな。

 ……

 なぜ?

 どうして?

 これまで、ほとんど会った事もありませんよね?

 え?

 頭を上げても構わない?

 いえいえ、このまま下げさせてください。

 直答?

 直接、会話する事ですよね。

 無理無理無理。





 疲れた。

 ここ数日でかなり疲れた。

 一気に老け込んだかもしれない。

 しかし、なんだっていうんだ。

 魔王様、レグ様、グラッツ将軍、ランダン様の用件は言い方は違ったが、同じだった。

「ゴロウン商会に客が来る。
 その客に失礼がないように」

 誰が来るっていうんだ?

 他国の王様か?

 そんな予定は聞いていない。

 第一、王様だったらここじゃなくて王都だよな。

 他国の王子様とかがお忍びで遊び来るとかか?

 あ、なるほど。

 それなら納得できる。

 なにせ、影から護衛しろ、便宜をできるだけ図れ、邪魔をするなと言われた。

 ……

 あれ?

 何かするのかな?

 遊ぶだけなら、便宜とか邪魔とかないよな。

 ……

 ゴロウン商会とは連絡を取り合っている。

 向こうもその客を出迎えるのでバタバタしていた。

 余程の大物か?

 会頭が直々に指揮を取っていたしな。

 到着したらすぐに連絡を寄越してくれると約束してくれた。

 私のする事は、最初の挨拶だけだ。

 それ以上は特に無いし、する気もない。

 影の護衛もレグ様が用意してくれた。

 一応、私の指揮下らしいけど……指示なんて無理だな。

 自由にやって貰おう。

 私に出来るのは、彼らの邪魔をしない事だ。

 非協力的だったと言われるかもしれないが、下手に張り切って足を引っ張るよりは良いだろう。


 お茶を飲もうとポットに近寄った時、激しくドアがノックされた。

「ゴロウン商会より連絡がありました。
 来られたようです」

「そうか」

 レグ様の用意した影の護衛達はすでに姿がない。

 私も遅れるわけにはいかない。

 用意していた馬車で、ゴロウン商会に向かう。

 この馬車、ゴロウン商会からの献上品だが非常に乗り心地が良い。

 来客者をこの馬車に乗せたら、喜んで貰えるかな?

 いやいや、押し付けはよろしくない。

 向こうが望んだ時に貸し出す方向にしよう。



「マルコスです」

「妻のポーラです」

 ゴロウン商会の客は二人。

 人間の若い夫婦だ。

 ……

 農家の夫婦か?

 いや、いや、いやっ!

 愚か者!

 あの夫婦の服装をよく見るのだ。

 一見、普通の服だがキラリと光るセンス。

 そして、生地は高級品だ。

 高級品を普通の服に仕立てたのか?

 酔狂な。

 よほどの金持ちと見える。

 いや、身分を隠したいのか。

 となると、夫婦と名乗っているが……主と侍女の可能性もあるな。

 だが、ここはしっかりと夫婦として応対。

 失礼のないように。

 ……

 あれ?

 妻の方の立ち振る舞いに品を感じる。

 逆か?

 妻の方が主で、夫が従者?

 駄目だ駄目だ駄目だ。

 先入観を排除!

 思考を停止させろ!

 目の前の二人は夫婦。

 ゴロウン商会のお客様。

「シャシャートの街の代官、イフルスと申します。
 お二人の来訪を歓迎いたします」

 よし。

 完璧な挨拶!

 では、ここから巧みな話術で二人の目的を聞き出し、それを邪魔しない!

 っと、ゴロウン商会の会頭が二人の前に……どうした?

「お二人は、この街で商売を始めるそうです」

 商売?

 ……商売?

 何かの暗号か?

 聞いてないぞ。

「ご迷惑をお掛けするかもしれませんが、どうぞご協力をお願いします」

 ……

 駄目だ。

 わからん。

「具体的に、何をどうすればよろしいでしょうか?」

 わからない時は聞く。

 知ったかぶりが一番危ない。

 頼む、ゴロウン商会の会頭、私に答えを!

「南商区の四つ角の一つ。
 街の資材置き場になっている場所がありますよね。
 あそこなんとかなりません?」

 すばらしい。

 明確だ。

「お任せを。
 即座に移動させ、お譲り致します」

「ありがとうございます。
 代金は後ほどお持ちします」

 後とは言ったけど、何年先かわからないというヤツですね。

「承知しました」






「マイケルさん。
 シャシャートの街に店を出しに来ると、代官が挨拶に来るんですか?」

「ははは。
 滅多にないですよ。
 それより、お店の方は大丈夫ですか?」

「村長と色々と練習しましたから。
 任せてください」

「頑張ってください。
 と言っても、お店が出来るまでは時間が掛かりますので、それまでは観光を」

「観光は明日一日で。
 後はお店を開店する準備に当てたいと思います。
 すみませんが、地理が不案内なので……」

「部下を用意しております。
 存分に扱き使ってください。
 なにせ、こちらからお願いした出店ですから」

 一村住人、マルコスとポーラはシャシャートの街に出張となっていた。





 翌日。

「この大金はなんだ?」

「ゴロウン商会が持って来た土地代です」

「え?
 あれ?」

「驚きますよね。
 倍額以上ですから。
 ゴロウン商会は金を持ってるなぁ」


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ