挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

214/290

一村の豚達


 一村で問題発生。

 豚を食べる事に関して、揉めているらしい。


「駄目だ。
 トン子は絶対に絞めさせないぞ!」

「この澄んだ目を見て、食べようって発想が出るのはおかしくないか!」

「もう家族じゃないか!」

「残念だけど、豚は食料よ」

「だから名前を付けるなとあれほど……」

「さっさと持ってきなさい」

 男性が食べない派が多く、女性が食べる派が多い。

 俺は心情的に食べない派。

 当の豚達は、自分達を守っているとわかっているのか男性陣の傍から離れない。

「食料が豊富にありますからね。
 無理に豚を絞めなくてもという考えもわかりますが……」

 獣人族のマムが、困っていますと俺に説明してくれる。

「肉以外にも色々と用途があるだろ?」

「森で狩る魔獣の素材の方が、高品質ですから」

「なるほど。
 しかし、それで食べないとなると豚は食料を消費するだけの存在になってしまう」

 山羊や牛は乳を期待できるし、鶏は卵。

 馬は移動力や労働力として使える。

 豚の繁殖力を考えると、ペットには不向きだろうな。

 豚が役に立つ事を示さないと……

 俺の考えを読んだのか、豚達が相談を始めた。

 そして、俺に向けてプレゼンを開始。


 プレゼン案、その一。

 豚レース。

 あまり広くない場所で開催でき、それなりに盛り上がるのではないでしょうか?

 旗手的な意味で、デーモンスパイダーを乗せるのも面白いと思います。

 なるほど。


 プレゼン案、その二。

 簡易労働力。

 専用の荷台を作ってもらう必要はありますが、荷運びのお手伝いぐらいします。

 あと、森の硬い土は無理ですけど、家の周辺の土なら柔らかいので掘れます。

 なるほど。


 プレゼン案、その三。

 豚格闘。

 世の中は弱肉強食。

 弱き者が食べられるのは仕方が無い事。

 しかし、チャンスを下さい。

 森にいる牙の生えた兎と勝負し、勝ったらセーフという事で。

 え?

 あれ、兎だけど魔獣だぞ?

 大丈夫か?

 いける?

 やってみせる。

 でも、ハンデはもらえるだけ下さいと。

 負けたら生きてないでしょうから、そのまま食べてください。

 出来れば、美味しい料理法で……

 そうか。

 なるほど。


 ……

 食べ辛いわっ!

 そこまで言われて食べられるほど、冷徹じゃねぇ!

 もともと絞めれないから一村に渡したんだしな!

 もう家畜じゃない、ペットだよ!

 大事にしてやるよ!

 ちくしょう!

 レース場と豚用の荷車、作るぞ!

 格闘は危ないから駄目だ!


「いいんですか?」

「食料に困るまでは」

「豚って年に何回も出産しますよ。
 数年で凄い事になりません?」

「知ってる。
 その時になって考えよう」

 大丈夫だ。

 あいつら、俺にプレゼンするぐらいには賢いから。



 後日、豚小屋の増築する事になったが……

 生まれた子供の大半が、二村、三村に譲られた。

「食は大事ですから」

「可愛いがるだけでは生きていけません」

 二村、三村から怒られた。

 彼らは豚を家畜としてキッチリ扱うようだ。

 頼もしい。

 そして、反省。

 一村は……

 豚達が創造神をあがめ出した。

 見事な抵抗だ。

 一村では、引き続き簡易労働力やレースで使っていく事になった。

 仕方が無いな。

 うん。



 その日の夕食はマイケルさんのところから仕入れた豚肉を揚げたものだった。

 美味しかった。

 思考と胃袋は別。

 身勝手だと思いつつ、俺は食後のお茶を飲んだ。









消えた未来

牙の生えた兎「テメェら豚に俺が負けると……な、なんだ、あの妙な迫力」

豚A「アイツをれば、食べられなくて済むんですよね。へへっ、やってやりますよ」

豚B「お前がやられても、次は俺が行く。後は任せな」

村長「ハンデで兎の牙、折っとくか」

牙の生えた兎「贔屓ひいきが酷過ぎるっ!」






つい、書いてしまった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ