挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

201/324

鍋と報告


 屋敷の食堂で夕食。

 制圧部隊の面々が戻って来るかどうかわからなかったけど、ちゃんと用意はしている。

「向こうに残してきたクロの子供達の食事は?」

 クロの子供達は数日食べなくても平気で動くが、村にいる時は一日二回キッチリ食べているから心配だ。

「現地調達してたかな」

 ラスティが心配無用と様子を教えてくれる。

 食べられる魔物か魔獣がいるのはありがたいな。

「じゃあ、食事をしながら報告を聞こうか」



 食事は鍋料理。

 昆布ベースのダシに醤油を加え、白菜、豆腐、ニンジン、ダイコン、シイタケ、シメジ、エノキタケなどを入れている。

 メインの具材は少し悩んだが、マイケルさんの所から仕入れたエビを投入。

 なぜか人間サイズの巨大なエビが大量に送られてきたが……発注ミスか?

 あ、いや、俺が大きいと曖昧な指示をしたのが悪かった。

 うん、常識って場所によって違うよね。

 反省。

 エビのサイズに少しビックリしたが味は悪くなかったので問題無し。

 鍋には殻を剥いてブツ切りにして投入。

 エビの面影がなくなるのは残念だが……味はしっかり主張。

 エビだけだと寂しいので白身魚を切り身で投入。

 カニも入れたくなるけど、カニが苦手な者がいるからな。

 別の機会にしよう。

 そのままで食べられるけど、味が足りないならレモンやライムをどうぞ。

 柑橘系の果実酒からポン酢のようなものも用意した。

 他の薬味としてネギ、大根おろし、ゴマ、唐辛子。

 各自、自由にどうぞ。


 四人から六人で一つの鍋を囲んでもらう。

 ウルザはグラルと一緒にハクレンと同じテーブルに。

 獣人族の男の子達は、自分達の家に戻ったか。

 食べていっても構わなかったのに。


 クズデンは謝罪を終えたので客扱い。

 俺と同じ鍋をつつくテーブルに。

 話も聞きたいしな。

 酒は許可するが、まだ太陽城を制圧できていないので自制するように。

 明日もまた再アタックするらしい。



「第一制圧部隊は、悪魔族が拠点としているエリアとその周辺を確保したぐらいです」

 ティアが報告してくれる。

「そんなに広いのか?」

「そこそこですね。
 ダンジョンと考えれば狭いかと。
 ただ、生息している魔物がやっかいです」

 危険度は低いが魔力を吸収するタイプの魔物がいるらしい。

「下手に接触すると魔力を奪われ、魔力由来の攻撃も無効化されます」

 なるほど。

 その魔物がいる為、悪魔族達は城から逃げられないとの事。

 魔力がないと空が飛べなくなるからだ。

 退治したらどうだと思うが、なかなかしぶといようだ。

 ハクレンがブレスを吐いていたのも、それらを一掃する為かな?


 第二制圧部隊は、エリアの確保はしているらしいけど報告者がいないので不明。

 ラスティの報告では、怪我もなく一方的に攻撃しているから心配しなくていいとの事。

 頼もしい。

 そして、夜通し頑張るのかな?

 ……

「クロの子供達が、残っている悪魔族を襲ったりしないか?」

「その辺りを考え、残っている者達には村長の服を預けています」

 山エルフのヤーが、追加具材を運んで来てくれる。

「俺の服?
 ああ、匂いで識別する為か」

「はい。
 あと、確保しているエリアにも置いてあります。
 インフェルノウルフは賢いから、それで察するでしょう」

「確かにな。
 クズデン、詳しく聞いていなかったが……あの城にはどれぐらい悪魔族がいるんだ?」

「は、はい。
 悪魔族は私を含めて六十人ほどです。
 他に夢魔族が二百人ぐらいいます」

「夢魔族?」

「夢魔族はサキュバスやインキュバスといった方が判りやすいでしょうか」

「あ、あー……」

 ファンタジー物語のお色気担当。

 説明を聞いても間違いない。

 女をサキュバス、男をインキュバスというらしい。

「全部で二百六十人か?」

「はい」

 閉じ込められた環境で二百六十人分の食事が用意できたのだろうか?

 クズデンは鍋料理をかなり喜んで食べている。

 明日の再アタック時に、食料を運んでやった方が良いだろうか?

 あ、押し付けは失礼か。

 素直に聞く。

「ダンジョンイモを栽培しているので、悪魔族の食料は大丈夫です」

 ん?

「夢魔族の分は?」

「あー……あはは……な、なんとかなっています」

 なんとかなっているなら、なぜ目を逸らす。

「ごほん。
 ただ、ダンジョンイモばかりで。
 冬場で厳しいでしょうが余っている食料があるなら売っていただけると助かります。
 代金は……そのダンジョンイモかアイテム類との交換でお願いします」

「わかった、準備しよう」

 食事はその後、雑談を交えながら続く。

 うん、エビは人気だな。

 クズデンはお代わりか。

 遠慮なく食べると良い。

 ウドンを楽しんでいるテーブルもあるな。

 ハクレンのテーブルでは早々にご飯を投入して、オジヤにしている。

 ああ、ウルザがそろそろ寝落ちしそうなのか。

 なんだかんだ暴れてても、五歳だからな。

 グラルも似たような見た目だが、五歳じゃないんだろうなぁ。

 俺よりも年上って事もあるかもな。

 怖いから聞かないけど。


 雑談で、判明。

 ドラゴン達の従者をやっているブルガ、スティファノをはじめとした悪魔族は、太陽城にいるクズデン達悪魔族とは違うらしい。

 正確に言うと、ドラゴン達の従者をやっている悪魔族は、上級悪魔族とか古代悪魔族というのが正しいとの事。

 何が違うんだと聞くと、主に戦闘力と寿命だそうだ。

 なるほど。

 悪魔族というだけでブルガ達と同じぐらいクズデンは強いのかと思っていたが、勘違いだったようだ。

 では、実際にどれぐらいの実力なんだろうか?

 今は興味本位だが、太陽城を制圧した後の事を考えると聞いておきたい。


 一応は制圧目的で動いているが、制圧してどうこうする気はない。

 村の真上に居続けられると迷惑なので、どこかにやりたいだけだ。

 それが叶わない場合、落とす事も視野にいれている。

 太陽城が無事だとして、クズデン達が太陽城に住み続けたいなら別に構わない。

 これまで太陽城に閉じ込められていたのだから、故郷に帰りたいとか思う者もいるかもしれない。

 ご自由にどうぞだ。

 ただ、太陽城を落とした場合、そこに住んでいた二百六十人の事を考えないといけない。

 クズデンがもう少し悪人なら放置なのだが……まあ、謝れるようだし、住んでいる者達も大半は温和なようだ。

 放り出すのはさすがにちょっと……

 となると、将来的にどこかに移住するとしても当面は村で面倒を見なければいけない可能性がある。

 食料備蓄は二百六十人なら問題なく冬を越せる。

 やはり、【万能農具】をフルに使った年三回の収穫は大きい。

 腐らせないようにする事を考えなきゃいけないぐらいだ。

 食料は問題無いとして、問題は武力だ。

 一村の人間レベルだとするなら、クロの子供達による護衛を増やさなければいけない。

 多少失礼だが、どの程度か聞いた。

 ……

 なかなか自分の実力を客観的に説明するのは難しい。

 それが判明。

「すみません」

「いや、気にするな。
 変な事を聞いて悪かった」


 後で太陽城に行ったメンバーに確認。

 力や魔力は村の武闘会で、戦士の部クラスの者が大半との事。

 おお、思ったより戦える。

 護衛は不要かな?

 ただ、実戦経験がほぼゼロらしい。

「実戦経験がゼロ?」

「ほぼ城の中で引き篭もっていましたから……」

「魔物や魔獣と戦っていたんじゃ?」

「それは最初の頃だけで、ここ数百年は……」

 なるほど。

 はぁ。

 色々と考えないといけないが……

 まあ、太陽城がどうなるかだ。


 明日の制圧部隊の成果で、方針を決めるとしよう。


 俺はデザートをテーブルに並べる。

 まあ、切ったフルーツだが。

 クズデンは感激したように食べていた。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ