挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

20/325

クロイチ達のパートナー

 クロイチのパートナー、アリス。

 クロニのパートナー、イリス。

 クロサンのパートナー、ウノ。

 クロヨンのパートナー、エリス。

 名前が決定した。

 間違えないように、アイウエオ順だ。

 クロサンのパートナーがウリスではなく、ウノなのはオスだからだ。

 ちなみに、新しい面子で俺にもっとも懐いているのがウノだ。

 俺と遊んでいると、クロサンが来てウノの首を噛んで引き摺っていく。

 その時のウノの諦めた目が、なんとも言えない。

 頑張れ。



 新しい面子も、数日もすればクロ達と同じように生活を始めた。

 ただ、パートナーを作った後にクロとユキの居る犬小屋に入るのは抵抗があるのか、クロイチ達やそのパートナーは外で寝ていた。

 だから俺の最初の仕事は、彼らの為の小屋作りだった。

 今後の畑の拡張も考え……

 川のある方向とは反対側に、畑四面×四面の十六面分ぐらいの大きなスペースを作り、丸太柵と掘で囲んだ。

 今後、子供が増える事を考えたらこれぐらいのスペースは必要だろう。

 新しい場所とこれまで間の丸太柵は残したが、掘は埋めた。

 掘を残したままだと、なんだか隔離しているような感じがしたからだ。

 埋めるも掘るも【万能農具】があれば簡単なので頑張ってみた。

 そして、各カップルで住めるように、小屋を作っていく。

 クロ達の住んでいる場所は、最初は倉として活用するつもりだったのでそれなりに大きいが、クロイチ達が二匹とその子供達の場所と考えればそれほどの大きさは要らない。

 と言っても、クロ達のサイズはかなり大きい。

 やはり四畳半ぐらいの大きさが必要か。

 俺が入る事を考えると……高さもそれなりに。

 まず最初に一つ作ってみて反応を見てみたが、クロイチ達が我先にと入りたがったので大丈夫だろう。

 喧嘩されると困るので、最優先で小屋を作った。

 ……今後、小屋が増えていくのだろうか。

 その時、考えよう。

 ついでに、クロイチ達の飲み水の為に、この場所にも井戸を掘った。

 水路作りは進んでいるが、完成はまだ先のようだし、最初の井戸からここに持って来るのは大変だからだ。

 クロイチ達が自分で飲めるように傾斜を緩やかにしつつ、下に向けて掘る。

 最初の井戸と同じく、深さ十メートルぐらいで水が出てきて安心した。

 クロイチ達のトイレとして、浅く掘った場所と、目隠しの衝立を用意する。

 ある程度、溜まったら埋めて、また別の場所に用意するのだ。

 衝立は、一度、クロが大きい方をしている所を目撃してしまい、しばらく気まずい空気になった事から作るようにしている。

 まあ、冬場や夜以外では、クロ達は森でトイレを済ませているようで、なかなか汚れないのだが……

 産まれてくる子供達用と思おう。

 この新しい犬達の為の場所を、今後は犬エリアと呼ぶ事にした。


 クロ達も犬エリアに移動するかと聞いたが、拒否されてしまった。

 まあ、その方が寂しくなくて嬉しいが……

 あ、いや、ザブトン達の事は忘れていない。


 アリス、イリス、ウノ、エリスの新しい面子もトマトは好むようだった。

 種族的に好きなのかもしれない。

 ある時、俺の持っていたタマネギをエリスが食べてしまい焦ったが、特に問題は無いらしい。

 犬にタマネギ系はアウトだと聞いていたが、異世界ではセーフなのだろうか?

 いや、油断は駄目だ。

 出来るだけ食べさせないように注意しよう。

 と思っていたら、エリスがやたらとタマネギを気に入ってしまって少し困った。


 新しい面子もフライングディスクは気に入ったのか、夢中だった。

 腕が疲れた。

 気分転換にお茶を飲む。


 お茶の木の成長が早いので油断していたが、お茶は新芽を摘んで作るものだった。

 さらに、煎る必要があったのを忘れていた。

 一回目のお茶はただの葉っぱをお湯に落としただけの味しかしなかった。

 新芽に関しては、成長が早いので定期的に新芽を収穫する事が出来た。

 お茶を煎る事に関しては……煎り具合など知る筈もないのでトライ&エラーの繰り返しだった。

 その結果、常飲に耐える味には一応なった。

 前の世界のお茶に比べなければ。

 それでも飲む。

 お湯より美味しいからだ。

 このお茶の欠点は、茶漉しなどの道具が無いから、コップに茶葉が直入れで、最後まで飲めない事だろう。

 今度の冬には茶道具を作る事にしよう。


 一文字 50×50メートルぐらいの大きさ。

□□□□□□□□畑畑畑畑○○○○
━建設中━池池□畑◇◇畑○犬○○
━下水路━池池□畑家◇畑○○○○
□□□□□□□□畑畑畑畑○○○○

←五キロぐらい向こうに川。




寝床のイメージ
            畑畑畑畑畑畑畑畑畑
            畑畑畑畑畑畑畑畑畑
            畑畑◇◇◇◇◇畑畑
            畑畑◇◇◇便◇畑畑
            畑畑◇◇木◇◇畑畑
            畑畑◇家◇犬◇畑畑
            畑畑◇◇◇◇◇畑畑
            畑畑畑畑畑畑畑畑畑
            畑畑畑畑畑畑畑畑畑

            木  初期寝床で今は倉庫の木 北側が木材置き場 社あり
            犬  倉庫として作ったけどクロ達の家になった
            家  倉庫として作ったけど家になった
            便  トイレ


見にくい場合はすみません。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ