挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

183/324

夏のプール


 今年の夏を一言で表現するなら、“プール”が相応しいだろう。

 きっかけはため池で泳ぐウルザ、ナートに獣人族の男の子達。

 ザブトンが作った水着をしっかり着用しているが、ため池は逆ピラミッド型。

 中央付近は深いので危ない。

 それに、ため池の水は飲まないが、色々な事に使うのでそこで泳ぐのはちょっと止めて欲しい。

 なので、ちゃんとしたプールを村の西側に作った。

 水源はため池から川に戻す水。

 スライムで浄化しているから綺麗だ。

 プールの深さは一メートル、長さは十五メートルぐらいで幅は三メートル。

 竹を三十センチぐらいに切り分け、ザブトンが作ってくれたロープを通し、レーンを別ける。

 これで競争もできるぞ。

「狭い」

 ……拡張。

 深さは問題ないようなので、長さを二十五メートルで四レーン。

 これでウルザ達も満足。

 ここまでにするのに二日掛かった。

 昔の水路作りやため池作りの事を考えると、自身の成長を感じる。


 プールが大きくなると、ウルザ達だけでなく他の者もやってきた。

 だが、今のプールはウルザ達より小さいアルフレートやティゼルなどの小さい子には深すぎるし、大人達には浅すぎる。

 いや、実際にはウルザやナートにも少し深いのだが、彼女達は気にせずに遊んでいる。

 溺れるなよー。

 ともかく、新しくプールを作る。


 まずは小さい子用の丸いプールを作成。

 深さは三十センチ、幅は直径で三メートルぐらい。

 これはすぐに完成。

 一人では絶対に入らないように。

 監視役を大人達に持ちまわりで頼んだ。

 アルフレート、ティゼルの事を頼んだぞ。



 次に深いプール。

 深さは両端が二メートルで、真ん中付近が三メートル。

 長さは五十メートルで、五レーン。

 五日ぐらいで作った。

 リザードマン達が気持ちよく泳いでいる。

 あ、なるほど尻尾を使って泳ぐんだな。

 知ってたけど、改めて感心する。

 ……

 何か足りないなぁと思って気付いた。

 スタート台を設置。

 プールにはこれがないとな。

 ああ、スタートする時に乗るんだ。

 勝負して勝った人が乗る場所じゃないぞ。

 わかった。

 表彰台も作ろう。

 だからそこはスタートをする時に乗るように。



 飛び込み台も考えたが、もっと深いプールにしないと危ないかな。

 ……

 これは無しで。



 かなりの人数が集まりだした。

 ザブトン達が作り出した水着に着替えては、プールに飛び込んでいる。

 いつの間にか、ハイエルフ達が更衣室を作り上げているな。

 クロの子供達も泳ぎだしている。

 器用なものだ。

 馬、お前もか。

 ……ん?

 あれ?

 脱走?

 脱走じゃない?

 ちゃんと乗り手が……ああ、ハイエルフが乗ってるな。

 ちゃんと水を浴びさせてから入るように。



「村長、プールをもう少し広げて貰えませんか?」

 プールが混み過ぎてきた。

 圧倒的に泳げる場所が足りない。

 だが、問題はプールの広さではない。

 ちゃんと泳ぐ者と、まったり涼む者が混在する事だな。

 仕方が無い。

 手伝える者は手伝うように。

 俺はさらにプールを作った。



 十日後。

 これまで作ったプールを取り囲むように作られたコース状のプールが完成した。

 深さは二メートル、幅も五メートルぐらい。

 コース全長は……グネグネ曲がっているから良くわからない。

 ただ、五十メートルプールと二十五メートルプールを囲んでいるのでそれなりに長いと思う。


 水を流し込み……

 あ、魔法で水を出すのね。

 お願いします。

 水が溜まれば、プールに来ている大人達にコースに入ってもらい、一定方向に歩いてもらう。

 流れを作るのだ。

 そして程よく流れが出来た所で、浮き輪……があれば良いのだが無いので桶や樽を代用品として投入する。

 プールに来ている村人達は俺の行為の意味がわからなかったようだが、ウルザが反応した。

 流れるプールの上に浮かぶ桶に乗り、コースを遊覧。

 それを見て、次々と……流石にそれだけが乗ったら沈むぞ。

 まったり楽しんでくれ。

 これでちゃんと泳ぐ者と、涼む者で住み分けが出来たかな。

 ……

 流れるプール、大人気。

 いや、それは嬉しいけど。

 ザブトンの子供達、俺に気を使わなくて良いんだぞ。

 お前達も流れる……あ、行くのね。

 ……

 五十メートルのプールで、俺はのんびりと……

 寂しい。

 俺も流れるプールに行く。




 プールの周囲には、脱衣所以外にトイレが各所に出来ており、さらには屋台がいくつか出てそれなりに賑わっている。

 屋台をやっているのは鬼人族メイドや文官娘衆達。

 水着にエプロンという格好で、調理していた。

 涼しそうだけど、火を扱う時は注意するように。


 屋台で作られているのは、カレー、ラーメンっぽいもの、ヤキソバっぽいもの、カキ氷、ジュース。

 酒もあるけど、飲んで泳ぐのは危ないから飲んだ者はプールに入っちゃ駄目と決めた。

 なのでドワーフ達は全力でプールを楽しんだ後、屋台近くのテーブルで酒と食事を楽しんでいる。

 まあ、予想通りだ。

 食事の人気の一番はカレー。

 美味いのはわかるが、顔についてるぞ。

 顔を洗ってからプールに入るように。

 ラーメンっぽいもの、ヤキソバっぽいものは、俺の記憶を頼りに再現しようとしたがしきれなかった料理。

 スープパスタ、焼きパスタと言った方が近いかもしれないが、不味いワケじゃない。

 祭りや武闘会の時の定番料理になるぐらいには広まっている。

 ただ、俺の中であれをラーメン、ヤキソバと言い切るのに抵抗があるだけだ。

「村長、醤油ラーメン肉増し、お待たせしました」

 村人達の中ではラーメン、ヤキソバで定着してしまっているが……

 気にはしない。

 うん、美味い。



 プールサイド、水に濡れない位置で涼んでいるのがハクレン、酒スライム、猫。

 ちょっと変わった組み合わせだ。

 ハクレンは妊婦だからな。

 身体を冷やしすぎないように。

 酒スライムは……好きなだけ飲め。

 猫はその酒スライムの隣で伸びてる。

 今度、ガットと相談して鉄の毛ブラシでも作ってやろう。



 プールでは、ティアやグランマリア達天使族が少し変わった楽しみ方をしていた。

 まず、プール上空でパタパタとホバリング。

 でもって斜めに水面に突入、潜水、浮上してまた水面に。

 ……

 水鳥みたいだなぁ。

 潜水時間が時々、長いのが不安にさせてくれる。

 プールの底にぶつからないように注意して欲しい。

 え?

 目標になる物が欲しい?

 じゃあ、布製ボールをどうぞ。



 ルーは浅いプールでアルフレートやティゼルの面倒を見ながらまったり。

 お母さんしてるなぁ。

 俺もお父さんしたいのだが?

 あ、はい。

 ジュースを貰ってきます。



 しばらくすると、各自は仕事の合間にプールで遊び、風呂に入った後は家でまったりと食事をするのが定番になった。

 冷やした麦酒が大人気。

 ドワーフ達から、来年の大麦の作付けを増やすように要求された。




 こんな感じの夏だった。

 そろそろ秋なので、プールを閉鎖するのが少し寂しい。

 文官娘衆達と相談し、プール閉鎖イベントを行う事にした。

 イベントと言っても、村全体でやる普通のバーベキューだ。

 こういったイベントは気持ちの切り替えるのを助ける効果があるらしい。

「涼しくしてくれたプールに感謝して」

 また来年。

 バーベキューは美味かった。



 まあ、閉鎖と言ってもため池から川へ戻る水を利用しているのでプールには水は入り続け、流れ出続けるからため池二号として活用はされる。

 リザードマン達がため池二号の管理を名目に、楽しんでいたりする。

 見ないふり。

「ウルザは駄目だぞ」

「ぶー!」


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ