挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

176/324

クイズ大会の夜


 夜は、予定通り宴会。

 ただし、明日が本番という事で抑え目に。

 来賓で帰る者はいなかった。

 急な予定変更、申し訳ない。


 魔王国からの来賓、ホウを改めてみると……

 真面目で寡黙な女性といった感じだろうか。

 年齢は……わからん。

 見た目は二十代。

 背中の真っ赤な翼に比べ、服装は地味目。

 四天王の一人で、財務担当とビーゼルに紹介された。

 考えてみれば、その四天王が全員揃っているけど大丈夫なのかな?

 ホウは現在、ドワーフ達がメインのテーブルに座り、黙々と飲んでいる。

 会話はない。

 いや、会話はあるのかな?

 言葉にせず、目で語っているだけで。

 なかなかのペースでお酒を飲んでいるけど、大丈夫だろうか?

 お酒だけじゃ駄目だぞと、食事を差し入れておく。


 グラッツはロナーナのいる二村住民がメインのテーブルに。

 仲の良い事だ。


 ビーゼルは共に三村住民がメインのテーブルに。

 三村住民のケンタウロス達は、ビーゼルの紹介だったからな。

 時々、来てはいるから経過は知っているだろうけど、住民達とジックリ話はしていない。

 良い機会というヤツなのかな?

 そう言えば、前に頼んだ三村住民の知り合いを探す件はどうなったんだろう?

 祭りの後で話を聞こう。

 と思っていたら、ビーゼルが俺の所に来てその話が出た。

 なんでも、二十人ぐらい見つけたが、ここへの移住希望は半々。

 移住希望の者も、これまでの生活があるので即座には来れない。

 少数ずつになるが、構わないかと。

 全然問題なし。

 一応、三村住民達の最終許可で移住という事で。


 ユーリはフラウや文官娘衆達と……食事2、お喋り8。

 内容は……愚痴が多いなぁ。

 聞かなかった事にしてスルー。

 食事の割合を増やすように、甘味を差し入れ。

 夜に甘味は嫌われるかな?

 大丈夫、気にしない方々でした。

 フラウ、文官娘衆は明日もあるから徹夜は止めた方が良いぞ。


 ランダンは……マイケルさんとチェスをしながら酒を飲んでるな。

 会話は多岐に渡っている。

 というか酔っ払いの会話だな。

 話の繋がりがよくわからない。

 間にあるチェスの盤面も酷い。

 互いの王様、不在なんだけど?

 ……

 氷水をプレゼント。

 本番は明日だぞー。


 フーシュは一村住民がメインのテーブルに。

 フーシュはなかなか会話の輪に加われなかったが、一村住民のリーダーであるジャックが話題を振って場を持たせている。

 話題の内容は、いかに生き残るか。

 戦闘のコツを教えて下さい?

 フーシュにそんなの聞いて大丈夫か?

 彼女は神官だろ?

 まあ、知識は豊富か。

 フーシュも嬉々として語っているしな。


 ドライム、ドース、ライメイレンにラスティを加えてテーブルを囲んでいる。

 ハクレンは夜更かし禁止なので、夜は遠慮したのかな?

 話題のメインは、ハクレンの子供が男か女か。

 名前はどうするか?

 後は……ドースの巣に来た暗黒竜ギラルの娘。

 ドラゴンにしては珍しく大人しいので、大丈夫かと心配する内容と、そろそろお相手を探す時期で良い相手はいないかどうか。

 ……

 あのテーブルには近づかないでおこう。


 始祖さんは……死霊騎士、猫、酒スライムという変なメンバーのいる場所でまったりしている。

 うん、ほんとうにまったりだ。

 邪魔しないでおこう。


 ガルフは獣人族達の輪に加わって、普通の飲み食い。

 ガットの剣を見て、品評みたいな事もしているが……

 酒を飲みながら刃物を扱うのは危ないから止めるように。


 ラミア族と巨人族は、違う場所ではあるがダンジョンに住む者同士として交流をしている。

 仲が良さそうでなにより。

 そう言えば、ブラッディバイパーに関して、ラミア族はどう思っているのだろうか?

 あ、全然気にしてないと。

 狼が同じ四本足で歩くという理由で、牛や豚を同類とは思わないのと同じ。

 なるほど。




 さて、昼を振り返ると……不手際はあったがそれなりの運営だった。

 特に食事関連。

 鬼人族メイドの食事処はいつも通り盛況として、今回は二村、三村に何か食事一品を出すようにお願いした。

 もちろん、食材は大樹の村持ち。

 各村も出店的なものでも参加して欲しかったのと、ミノタウロス族やケンタウロス族の家庭料理が知りたいなと思って。

 二村のミノタウロス達が出したのは、野菜オンリー炒めのようなもの。

 炒める時に使う油の所為で、少しクセのある味付けだったが悪くは無い。

 マイケルさんにわざわざ注文した油だから、このクセ部分が大事なのだろう。

 ボリュームが多いのが問題かな。

 ロナーナの作った野菜オンリー炒めは、グラッツが独占していた。



 ケンタウロス達は、豪快な牛の丸焼き。

 村の牛ではなく、これもマイケルさんに注文した牛。

 絞めてからの日数指定をしていたから、その辺りが大事なのかな?

 ちゃんと中にも火が通るように開き、串に差して回転。

 本来の味付けは塩のみらしいが、美味しい方が良いという理由で醤油や味噌を使っていた。

 美味しかった。

 六頭の牛肉を用意していたけど、夜には全部消えていた。

 たぶん、一番食べたのはクロ達だろう。

 綺麗に列を作って尻尾を振りながら焼き上がりを待たれ、ケンタウロス達が少し困っていた。



 一村には出店のお願いはしていない。

 まだ村での生活に慣れてない部分もあるだろうし、お祭りにも初参加だからだ。

 今回は雰囲気を掴む事に集中して貰い、来年には出店をお願いしたいと伝えている。

 一村住民達は納得してくれたが、何もしないのは心苦しいと余興をやってくれた。

 余興は演劇。

 有名な話らしいが、俺は知らない内容だった。

 ただ、判りやすい起承転結なので何度みても大丈夫な作り。

 話を知っている者達は、どこでどう盛り上がるかわかっている感じだった。

 水戸●門とか暴れん坊●軍みたいな感じかな?

 練習はしていたようで演技はそれなり。

 ただ、演出というか衣装はいつもの格好、背景やBGMがないのでシチュエーションを想像し難いと思っていたら……

 山エルフとリザードマン達がそこらの物を並べて背景変わりに。

 ザブトン達が衣装を速攻で作って着せ、ハイエルフ、獣人族達の演奏が加わって最後の方はちゃんとした演劇になっていた。

 始祖さん、幻影魔法はやり過ぎじゃないかな?

 最後、舞台に虹が出て綺麗だったけど。

 まあ、良い演劇だった。

 内容が人間の英雄がドラゴンに挑む話だったので、ドース達の顔は微妙だったけど。

「これってワシの父の話かな?」

「とすると、前座でやられたのが貴方って事になりますけど?」

「では違うな。
 ワシ、人間に負けた事ないから」



 しかし、この演劇から始まった余興大会とクイズ大会で時間を使ってしまい、本来の山崩しが出来なかった事は問題だな。

 クイズ大会の見積もりが完全にミスだったな。

 一時間もあれば終わると思っていたのに……

 問題の難易度調整が課題だな。




 夜もけてきた。

 お祭りは明日もある。

 子供達はそろそろ寝るように。

 大人も出来るだけ徹夜は控えるように。

 アームレスリング大会やチェス大会もいいけど、本番は明日だから。

 力尽きないように。

 模擬戦は止めておこう。

 クロ達には悪いが、一部は警備として頑張ってもらう。

 俺?

 俺はしっかり寝るよ。

 なんだかんだで忙しいし、背中のウルザもベッドに運ばないといけないしな。


 日中、元気に動き回っていたウルザは夕食を食べた後にパタンと電池が切れるように寝てしまった。

 子供だからわからなくもないが、俺の背中に飛びついてから寝なくても良いと思うが?

 まあ、信頼の表れと思う事にしよう。

 だからルー、ティア、羨ましそうな目で見ないように。

 ウルザをベッドに運んだ後なら……あー、やっぱなし。

 なしだからな。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ