挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

168/325

色々やってみた


 一村いちのむらの移住者達は、元々は街で生活していた。

 しかし、特定の職についていたワケではないので、何が出来て何が出来ないかわからない。

 なので色々とやってもらった。


 まず、狩り。

 全員が完全武装しても、牙の生えた兎一匹に勝てなかった。

 これには俺も驚いたが、村の防御を担当しているクロの子供達が一番驚いた。

 衝撃を受けたと言ってもいい。

 こんな弱い生物が今までどうやって生きてきたんだと、俺に目で聞いてきた。

 いやいや、俺も似たようなものだから。


 すぐに一村を守るクロの子供達の数が倍に増えた。

 牙の生えた兎が一匹でも村に侵入すれば全滅もありえるからだ。

 心持ち、真剣な顔になってたように思える。

 負担を掛けて申し訳ない。


 同時にザブトンの子供達も増員された。

 マクラと同じサイズに成長した個体が四体。

 村の四方を守るように寝床を作っている。

 よろしく頼む。


 戦闘の指導者というか、防御の面の強化としてリザードマンが二人、しばらく常駐する事にもなった。

 移住者達の安全の為にも頑張って欲しい。



 次に建設関連。

 これまでそういった事に関わった事がなく、まるっきりの素人。

 その上、格段の力持ちというワケではないので、苦労している。

 料理を教えに来ているハイエルフ達が丁寧に教えているが、なかなか成果は上がらない。

 俺が加工済みの建材を用意し、後は組み立てるだけの状態にしても時間が掛かっている。

 ちなみに、初作品は一日持たずに倒壊した。



 酒造り。

 ドワーフ達の熱心な指導に、全員がギブアップ。

 ドワーフのイメージ通り、頑固一徹な感じだったからなぁ。

 怖いし。

 酒を一滴も無駄にしないという鋼の覚悟を持っていなければ、作業に加われないと思った。



 砂糖絞り、油絞り。

 パワー不足。

 獣人族の男の子達に負けるパワーって……

 いや、搾り機を改良するから。

 大丈夫。

 落ち込むな。



 小物作り。

 これは何人かが才能を見せた。

 まだまだ荒削りだが、鍛えればものになるだろう。



 醗酵食品作り。

 これは全員が作業できた。

 臭いには強いらしい。

 最初に完成品を味わったのも大きかったのかもしれない。



 鍛冶。

 鍛冶には鉄を溶かすかまが必要。

 窯を作るのに時間が……ハイエルフや獣人族のガットが嬉々として作り上げた。

 それだと移住者達が成長しないぞ。

 でもって、鍛冶は……移住者達は早々に脱落し、ハイエルフと獣人族のガットが占有状態。

 大樹の村の窯じゃ駄目なのか?

 大樹の村だと、夜の作業ができない?

 騒音問題で俺は遠慮しろと言ったな……

 同じ理由で、夜の作業はここでも止めてやれ。

 火の温度を見るのは夜じゃないと駄目?

 そういうものなの?

 むう。

 大樹の村の離れに大きな鍛冶場を作る事で決着した。

 現在、一村の窯は移住者達の手によって焼き物に利用されている。

 焼き物ができるようにも窯を作っていた事から、元から占有する気はなかったのだろう。




 焼き物。

 小物作りと同じく、何人かが才能を見せた。

 今回の移住者はパワーは無いが、器用なようだ。



 農業。

 全員、農業は素人。

 知識的レベルも、種を撒けば勝手に育つんじゃないのか? だった。

 なので現在は俺が畑を作り、その世話をしてもらっている。

 畑はそれほど大きくせず、彼らで無理なく作業が出来るサイズに。

 そして、各家の裏に家庭菜園的な物を作る。

 こちらの作物は、出来るだけ各家の希望に従う。

 まずは育てる楽しさ、そして収穫の楽しさを覚えてもらわないと。

 厳しいのは後回し。



 他にも色々とやってもらった。

 どの作業も頑張っていたが、まだまだ経験不足。

 そりゃそうだろう。

 俺だって、何でもかんでも最初から出来たわけじゃない。

 逆に、来たばかりで上手くやられると、こっちがへこむ。

 目的は上手くやる事ではなく、何が出来て何が出来ないかを知る事。

 そして、色々とやった中でやりたい事が見つかれば良いなぁ程度。

 考え込まないように。

 今日は俺が手料理を用意しよう。





 移住者達の代表が改めて選出された。

 これまでリーダーだった男、ジャックだ。

 なんとなくリーダーだったのが、はっきりとリーダーになったというところだろうか。

 そして一村での生活もかなり安定して来た。

 同じ村で生活するニュニュダフネ達とも仲良くやっている。

 トラブルらしいトラブルは……

 ニュニュダフネがうっかり全裸で歩き、それを見てしまった男が妻に責められるとか些細な事ばかりだ。

 村内で収まるし、マムが対処している。

 最近では、二村のミノタウロス族、三村のケンタウロス族とも交流を始めている。

 最初の頃は会話も怪しかったが、今では自分達から積極的に話しかけているそうだ。

 良い事だ。




 俺は俺で仕事がある。

 残念だが、一村ばかりに関わっている事も出来ない。

 後はマムやニュニュダフネ達に任せ、大樹の村に戻る。


 ハクレンの妊娠を祝いに来たドラゴン達は帰っている。

 ドースが最後まで粘ったが、ライメイレンに引き摺られていった。

 俺も娘……ティゼルが結婚したりすると……

 駄目だ。

 涙が出てくる。

 考えないようにしよう。



 畑の収穫はまだ少し先。

 俺はそれまでに細かい作業を行う。

 まずは、リヤカーに板バネを搭載……すでに山エルフ達が終わらせていた。

 たぶん、俺が作るより高性能。

 なのでハイエルフやガットが望んだ鍛冶場を作る。

 場所はすでに選定されており、居住区の南側に作る事になった。


 大きな窯がまず一つ。

 これがメインではなく、これから作るメインの窯の為のレンガ作り用の窯。

 魔法を多用し、大量のレンガを作っては乾燥。

 その間に、燃料となる炭焼き用の窯を作り、炭を焼いていく。



 なんだかんだで三基の大きな窯が出来上がった。

 これまでの窯と違い、鉄を溶かす事に特化した窯。

 窯じゃなく炉だな。

 しかし、なぜ三基も?

 温度と扱う素材を変化させる為?

 あ、うん。

 必要なら仕方が無いな。

 褒賞メダルも出しているし。

 でもって火入れ。

 ガットが一番喜んでいるように見える。

 ガットはハウリン村の村長の息子。

 ハウリン村は採掘だけでなく鍛冶もそれなりに盛んな村だからな。

 たぶん、ここの責任者にガットがなるだろう。

 いや、すでにそうなっているな。

「村長。
 まずは火の神を作ります」

 火の神は、鉄で作った炎を象ったもの。

 ハウリン村の習慣で、鍛冶場の安全祈願に一番に作らないといけない物らしい。

 ガットはハウリン村から仕入れた鉄塊を融かし、あっと言う間に作り上げた。

 見た目はシンプル。

 縦に長い鉄の板の真ん中をグルグルっとネジったような感じ。

 立たせる為、板の先を曲げると。

 現代アートみたいだな。

「村長。
 次に作る物が、初作品になります。
 なにが良いですか?」

 自由にして良いと思ったが、ガットの目が真剣だったの考える。

 俺が鍛冶場で、連想するのが刀鍛冶。

「じゃあ、刀……剣で」

「剣ですか?」

「ん?
 駄目だったか?」

「いえ。
 村長からそういった物が出るとは想像していなかったので。
 わかりました。
 剣を打たせてもらいます」

 剣。

 鍛冶場のシンボルとしては悪く無いだろう。

 ……武器屋って思われるかな?

 個人的には剣よりも刀を打って欲しいが、返しとか軟鉄とか鋼鉄とかよくわからん。

 知っている理屈を、今度やんわりと話してみよう。

 後は任せた。




 これまで小さな鍛冶場はあったが、今回出来た大きな鍛冶場によって鉄製品が手に入れやすくなった。

 修理や補修もしやすくなる。

 なんだかんだで鉄製品は必要とされるからな。

 ただ、採掘した鉄鉱石の買い取りは増えるだろうが、ハウリン村から購入していた鉄製品が減る。

 ハウリン村に何か補填してやらないと向こうの生活が困るだろう。

 当面、馬車用のスプリングはハウリン村に発注を続けるが……

 今度、ガットと相談しよう。





 なんだかんだで一回目の収穫の時期。

 今年も豊作だ。

 それを喜びながら、暑くなったと実感。

 そろそろ祭りの季節だ。

 今年は何をするんだろう。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ