挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

128/292

滑走?試験



 今年の祭りは滑走。

 会場の準備は万全。

 山、穴、そして池が出来ている。

 競技者は一人づつ、山の上からボードを持って滑走。

 穴に入る前にボードに乗り、そのまま滑って池に飛び込む。

 穴の出口から池の飛距離を競う種目となった。

「これが滑走?」

「原型はありますね」

「そうなのか」

「安全だなんだと考えた結果ですから」

 直接的な戦闘をする武闘会に比べれば安全だろう。

 穴の中の勾配も、丸い石を何度も転がして実験し、良い感じの飛距離が出るように調整した。

 半分、地面に埋まったジャンプ台みたいなものだな。

 これなら穴を掘らなくても良かったか?

 いや、山を作る分の土がいるから仕方が無いか。

「穴の中には滑りやすいように液体を塗っています」

「油か?」

「いえ、不燃性の液体です。
 油だと高価ですし、万が一がありますから」

「そうだな。
 で、何を塗ったんだ?」

「ハイエルフさん達が集めてくれた草を絞って集めた粘液です」

「あー……」

 知っている。

 あのローションみたいなヤツね。

 主に何に使っているかは秘密です。


 池の方の水の溜まり具合は十分らしい。

 穴の方に流れないように注意しているが、波立つと少しは入るかな。

 穴の底の排水を考えないといけないかもしれない。


「それじゃあ、試験。
 始めましょうか」

 お祭り実行委員会のメンバーである文官娘衆の一人が、声を上げる。

 山の上にはボードを持ち、気合十分のドノバン。

「一番手がドノバンなのか?」

「くじ引きで決まりましたから」

 なるほど。

 流石に妊娠中の者は不参加。

 お腹も大きくなってるしね。

「いくぞー!」

 ドノバンが山の上からボードを持って走り、あ、転倒した。

 ゴロゴロゴロ……そのまま穴に入り、穴から飛び出して池に落ちた。

「大丈夫か?」

 ドノバンは大笑いしているから大丈夫みたいだ。


「次、いきまーす!」

 二番手、ダガがボードを持って山の上で構えた。

「ドノバンの様子を見て躊躇しないのか?」

 しなかった。

 全力で走り、穴に入る直前でボードに飛び乗った。

 そして滑走、ジャンプ。

 ボードを持ったまま態勢を維持し、水面を何度もリバウンドしながら対岸にまで到達した。

「おおっ」

「理想的なジャンプですが……安全面を考えれば、池をもう少し拡張した方が良さそうですね」


「三番手!」

 今度はルーだ。

 ズボン姿でやる気を見せている。

 走るのかと思ったらいきなりボードに乗った。

 そしてそのまま滑走、大空にジャンプ。

 ボードを途中で離し、三回転ぐらいして水面に落ちた。

 飛距離はそこそこ

「いきなりボードに乗るのも悪くありませんね。
 坂にも粘液を塗った方が……ああ、いや、走る人の邪魔になってしまいますか」

「今みたいにボードと選手が別れた場合は、どっちで計測するんだ?」

「選手の方です。
 ボードで計ると、投げる人とか出ますよ」

「……確かに投げそうなヤツがいるな」

 誰が頭に浮かんだかは秘密だ。


「四番手、いきまーす」

 声は下から聞こえたが、山の上には選手がいた。

 クロだ。

 クロがボードに片足を置き、構えていた。

 軽く一吠えし、ボードを押しながらダッシュ。

 そしてボードの上に鎮座。

 本人は真面目な顔だが、なんだか可愛い。

 そしてそのまま滑走し、ジャンプして放り出された。

 ボードを持てないのに体重移動でコントロールしたのか、ボードと一体になったまま綺麗に着水、沈んだ。

「おいおい」

 クロは犬かきで泳ぎ、岸に上って体を一振り。

 こっちに来て目を輝かせていた。

 気に入ったようだ。


「試験、最後。
 五番手、行きます」

 五番手はミノタウロスのロナーナだ。

 ロナーナはゆっくりと山を駆け下り、途中でボードに乗った。

 そして穴に突入………………出てこない?

 穴の底でボードに座るロナーナがいた。

「今のは?」

「勢いが足りなかったようですね。
 ロナーナさん、どの辺りまで行きました?」

 最後の最後で問題が出た。

 そうか。

 勢いか。

「ロナーナさん。
 すみませんが、もう一回お願いします」

「わかりました」

「何をするんだ?」

「最初っからボードに乗って貰おうかと」

 ロナーナの二回目。

 最初っからボードに乗っているので、先程よりも穴への突入速度は速かった。

 そして、ジャンプ。

 飛距離は短かったが、大きな飛沫を上げて着水した。




 お祭り実行委員会で話し合いが行われた。

「最初っからボードに乗った方が良いでしょうか?」

「走らないと、差がつかないんじゃないかな?」

「何か差はあるでしょ。
 じゃないと、ルーさんとロナーナさんの飛距離が違う事の説明が」

「体重でしょ」

「それ、ロナーナさんの前で言わないようにね」

「ボードの違いとか、ボードに乗っている時の姿勢の違いとか?」

「その辺りかな?」


 結果。

 二部開催。

 一部、走って途中でボードに乗るスタイル。

 二部、最初からボードに乗るスタイル。

 二部の前に坂全体に粘液を塗るらしい。

 俺はTVのローションを使ったバラエティ芸を思い出していた。

 うん、頑張って欲しい。


「計測は、ティアさん、グランマリアさん、クーデルさん、コローネさんが担当で」

「ボード制作は村長、山エルフさん達、あとは自主制作を希望した人が何人か」

 細かい事を決め、話し合いは終わり。

 本番が待ち遠しい。


「村長。
 お待ちを」

「ん?」

「今のは滑走に関しての話し合いです」

「ああ」

「これから、食事や出し物等に関しての話し合いです」

「……」

 村長である俺は、なんだかんだで忙しかった。




 雨。

 大樹の村にも雨は降る。

 雨が降れば、俺の中の常識では傘だ。

 だが、この世界にはそんな物は無い。

 俺に出来たのは毛皮を頭から被って守る事。

【健康な肉体】がなければ風邪をひいていたかもしれない。

 なんにせよ、雨の時は滅多に外には出なかった。

 この世界の住人は、ルーが来た時に判明したのだがマントを使うらしい。

 頭はどうするのかと聞いたら、帽子だそうだ。

 なるほど。

 帽子か。

 ザブトンと相談し、マントとつばの広い帽子を作った。

 魔法使いみたいだった。

 なので魔法使いの杖っぽい物を木を削って作ってみた。

 魔法使いアクションをした事は黒歴史だ。

 クロとサブトンが優しい目で見てたなぁ。

 そんな雨具だが、現在は傘っぽい物がある。

 竹製のフレームに、ザブトンが作った布を張っただけのものだが、ちゃんと開閉機能もある立派なもの。

 なかなか便利。

 だが、大樹の村での普及率は一割以下。

 他の者達は、魔法でなんとかしているらしい。

 くっ。

 ファンタジー世界め。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ