挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

114/325

ドマイムとクォン



 村にやって来たドマイムは人の姿になって俺に挨拶した後、宿に部屋をキープ。

 その後、ハクレンを呼んで宿の食堂で酒を飲み始めた。

 宿に泊まる客には酒が出される。

「聞いてください姉上。
 本当に酷いんですよ」

 ドマイムが来た理由。

 それは逃亡。

 なんでも結婚を強要されようとしているので、逃げて来たとの事。

 ちなみに、なぜか俺も宿にいる。

 逆に宿に泊まっている二村三村の駐在員は、俺の家の方に避難している。

 なぜか?

 ハクレンが俺を無理矢理連れて来たからだ。

「料理番?」

 俺はハクレンとドマイムの為に料理を作り、並べる。

 飲みたいらしいので、お酒に合う料理を出していく。

 本来なら、宿の客でも冬の間は食べ放題というわけではない。

 だが、ドマイムはきっちりと食料を手土産として持って来ているのでセーフだ。

 存分に食べて欲しい。

 そして、その料理をしたり運んだりしながら耳に入った情報を整理すると……


 嫁候補は、顔見知りのドラゴン。

 顔見知りというか、従姉弟。

 ドマイムより強いらしい。

 顔を見れば苛められていたので、そんなのを嫁にするのは嫌だ。

 嫁候補の弟をドマイムの姉のセキレンが狙っており、嫁候補の味方になった。

 ドースとライメイレンは結婚推進派。

 家に味方はいない。

 絶望したので逃げて来た。


 と言う事らしい。

 うん、なるほど。

 そして、今現在。

 その嫁候補さんが人の姿で、テーブルを挟んでドマイムの前に座っている。

「村長さんですか?
 ご挨拶が遅くなりました。
 クォンと申します。
 父がライメイレン様の弟で、その縁でドマイム様の妻となる事になりました。
 どうぞ、よろしくお願いします」

 着ている服装はドレス。

 整えた黒髪ロングは和風を感じさせる女性だ。

 ドラゴン姿は見ていないが西洋のドラゴンではなく、東洋のドラゴンでも驚かない。

「村長のヒラクです。
 よろしく」

 ちなみに、来訪時に負傷者は居ない。

 見回りをしていたクーデルの誘導に従い、静かに村にやって来たそうだ。

 宿に居る俺に挨拶をする為にやってきたら、ドマイムが居たので席に座ったと。

 現在、ドマイムは硬直状態で身動きをしていない。

「ドマイム様?
 どうされたのですか?
 緊張でもしているのですか?
 ふふ。
 おかしな方ですね」

「……」

「ドマイム様。
 返事」

「あ、う、うん」

 搾り出すような声。

「私に会えて嬉しいですよね」

「う、うん、嬉しい」

「私と結婚できる事になって嬉しいですよね」

「…………」

「ドマイム様。
 返事」

「ま、ま、前から、言ってるけど、僕は……」

「他に好きな女でもいるのですか?」

 宿の食堂に殺気が満ちる。

「こらこら、クォン。
 弟を苛めないの」

「ハクレンお姉様。
 私はドマイム様を苛めてません。
 逆に苛められている側ですよ」

「そうなの?」

「はい。
 一緒に遊びに行く約束をしたのに平気ですっぽかしたのですよ。
 私がワザワザ迎えに行ったら、居留守を使うし」

「あー……それはドマイムが悪いわね」

 ドマイムは首を横に振っている。

 うん、わかった。

 放置したいが、同じ男として放置はできない。

「ハクレン。
 すまないがクォンと少し話をしていてくれ。
 俺はドマイムと話がある」

「あら?
 お話ならここですればよろしいのでは?」

 クォンが引き止めようとするが、俺はドマイムを先に外に行かせてクォンに囁く。

「お前との結婚に前向きになるように説得するから、少し時間をくれ」

「……承知しましたわ。
 流石はハクレンお姉様が認めた方ですね」

 俺は急いでドマイムを追った。

 ドマイムがそのまま逃げると思ったからだ。

 実際に、逃げようとしていた。

「待て待て」

 逃げようとするドマイムを引き止める。

「なにか?」

「逃げても追われる。
 そしたら終わりだぞ」

「うっ」

「まあまあ。
 ここは落ち着いてだな。
 少し話をしよう」

「話?」

「まあ、そのなんだ。
 今さっき会ったばっかりだが……あのクォンはヤバい空気がある」

「……わかりますか?」

「ああ」

「よ、よかった。
 本当によかった。
 僕の気持ちをわかってくれる人がいて」

「泣くな。
 そしてこれから言う事に正直に答えてくれ」

「なんでしょう?」

「クォンとの結婚に関してだが、お前の条件はなんだ?」

「え?」

「クォンと結婚するとしてだ。
 お前が相手に求める条件だ」

「いや、その、そもそも結婚相手として……」

「そこは諦めろ」

「諦めろって……」

「ヤバい空気があると言っただろ。
 あれからは逃げられん。
 多分、今からドースやライメイレンが結婚に反対したとしても、クォンは諦めない。
 知り合ったのが運の尽きだ」

「知り合ったって……彼女、僕が生まれる瞬間に立ち会っているんですけど!」

「なら運命だ。
 諦めろ」

「そ、そんなぁ」

「結婚は諦めたとして、絶望するにはまだ早い」

「……と言いますと?」

「だから条件だ。
 相手の嫌な部分があるんだろ。
 そこを改善してもらおう。
 そうしたら結婚しても良いと思えるようになるんじゃないかな」

「そんな、聞いてもらえるとは思えません」

「そうなのか?
 今まで、そういった意見を言った事があるのか?」

「あ……いえ、言った事はありませんが……」

「だったら言ってみろ」

「あ……う……」

「大丈夫だ!
 俺の見立てでは、確実に言う事を聞いてくれる!」

「ほ、本当ですか?」

「ああ。
 だが、その為にはお前がしっかりと言う事が大事だ」

「でも、僕。
 彼女の前に出ると上手く喋れなくて……」

「わかった。
 紙に書こう」

「え?」

「紙に書くのは大丈夫だろう。
 頑張って書いてみよう。
 あと、外は寒いから一旦、部屋に戻るぞ」

「う、うん」

 俺はドマイムを連れ、食堂にハクレン、クォンに手を振ってドマイムの泊まる部屋に戻った。

 そこに紙とペンを用意し、ドマイムに渡す。

「さあ。
 相手への要求を思いっきり書くんだ!
 細かい部分も忘れるな!
 書いたら書いただけ、相手が変わると思え!
 あのクォンをお前の好みの女になるように、書き殴れ!」

「は、はいっ!」

 俺は一心不乱に紙に向き合うドマイムを残し、食堂に戻った。

「ドマイム様は納得して頂けましたか?」

「その話の前に、クォンに聞きたい事がある」

「なんでしょう?」

「ドマイムとの結婚には賛成か?」

「当然です」

「相手がドマイムで良いのか?」

「はい。
 ドマイム様が良いのです」

「わかった。
 今、ドマイムは結婚するにあたって、未来の妻に対する希望を紙に書いて貰っている」

「未来の妻……つまり」

「クォン宛だ。
 多分、お前の事だから全て受け入れるだろう」

 僅かしか会っていないが、なぜか理解できてしまう。

「ええ。
 ドマイム様の希望ですから、全て叶えて差し上げなければ」

「理想の嫁だな」

「ありがとうございます」

「だが、それでは結婚生活は上手くいかない」

「……どういう事ですか?」

「偉そうに語れる立場にないが……言わせて欲しい。
 結婚とは、互いに相手を認め合う事が大事だ」

「互いに……」

「一方が圧倒的強者であってはいけない!
 また、片方が服従するのもよろしくない!
 夫婦になるという事は子を成すだけでなく、両者が協力して家庭を作っていくものだ!
 クォン!
 お前にそれが出来るのか!」

「も、もちろんですわ!
 ドマイム様と幸せな家庭を築き上げてみせます!」

「よし。
 では、お前もこの紙にドマイムに対する希望を書け」

 俺はクォンに紙とペンを差し出した。

「え?」

「ドマイムにして欲しい事とかだ。
 あるだろ?」

「え、ええ、ですが……」

「向こうが要求するんだ。
 お前も要求して当然。
 遠慮するな。
 全部書け」

「……わかりました」

 クォンの為に部屋を用意し、そこで書いてもらう事にした。



 残された俺とハクレン。

「村長。
 ずいぶんと世話を焼くのね。
 そんなキャラだった?」

「ドマイムはお前の弟だろ」

「私の弟が関わっているから?」

「ああ」

「村長」

「なに?」

「私も村長に要求したい事があるんだけどー」

「ははは。
 奇遇だな。
 俺もお前に対して要求する事があるぞー」

 ちょっとだけイチャイチャしながら、俺とハクレンは残った酒と料理を楽しんだ。



 翌日。

 超大作を手にするドマイムと、二十枚ぐらいを手にするクォンがテーブルを挟んで座った。

「では、互いに交換」

「え?
 あの、その前に添削とか?」

「お前の気持ちに削る部分などない!」

 躊躇するドマイムを一喝。

 交換。

「そして、部屋に戻って全て読め!
 全部だぞ!
 一字一句、見逃すな!」

 二人を部屋に戻す。

「これで大丈夫なの?」

「わからない。
 が……互いの気持ちをぶつけ合うんだ。
 今の関係よりは一歩、進むだろう」

「なるほどねー」


 俺の予想通りになったかどうかは知らないが、ドマイムとクォンが村から帰る時は、二人揃ってだった。

 ドマイムの顔が少しスッキリしていたように見えたので、大丈夫だろう。


 問題が来て、去った。

「ハクレンお姉様だけ、村長と……ズルイ」

 ラスティが少し拗ねた。


「私達は互いを理解できているという事かな?」

「きっとそうでしょう」

「なら、旦那様は私達の希望もわかっていると?」

「きっとそうです」

 ルー、ティア、リア、リゼ、ラファ、そしてアンとイチャイチャしながら互いの理解を再確認した。


 そして……

「お願いします。
 私とクォルンとの仲を……」

 ドマイムとクォンの仲を進展させた奇跡の相談相手として讃えられた俺の前に、セキレンがいたりする。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ