挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

11/290

クロ サイド


 俺には名が無い。

 森の中を徘徊し、獲物を狩る日々を繰り返すだけの生き物だ。

 そうして生きてきたし、これからも生きると思っていた。

 しかし、衝撃の出会いがあった。

 俺と同じ姿の女。

 良い女だと思った途端、攻撃された。

 ワケがわからないまま反撃するが、手も足も出ない。

 それなりに戦闘力に自信があった俺だが、敵わなかった。

 俺は死を覚悟したが、女は勝ち誇った顔を俺に見せた後、同行を命じた。

 逆らえる筈が無かった。

 これまで一人で生きてきたが、二人で生きる事になった。

 男と女が一緒にいれば、する事もするので女のお腹が大きくなる。

 うーむ。

 この俺が家庭持ちか。

 まあ、悪い気分ではない。

 そうして日々を暮らし、もう少しで産まれるだろうという時に最悪の敵と出会った。

 森の中を隠れるように住む者達が言っていた。

 グラップラーベア。

 森の王者だ。

 馬鹿でかい身体と、それに見合ったパワー。

 全体の動きは鈍くても、手足を動かす速度は速い。

 本来なら、即座に逃げる相手なのだが、突然の遭遇であった事と、身重の女が居るのだ。

 逃げられない。

 俺は女を庇うようにグラップラーベアの前に出る。

 怖い。

 そして無理だと理解する。

 しかし、逃げられない。

 逃げる時間を稼がなければいけない。

 俺はそう思い、前に出た瞬間だった。

 グラップラーベアの腕が周辺の木をなぎ倒し、細かな破片となって俺と女に襲い掛かってきた。

 俺は女を庇い、女は自分の腹を庇った。

 避けきれず、喰らい、吹き飛ばされた。

 圧倒的だ。

 今の一撃で全身がボロボロだ。

 女も傷付いている。

 色々と覚悟した。

 だが、グラップラーベアは俺の覚悟を嘲笑うかのように無視した。

 気まぐれか、腹が膨れていたのかわからないが、見逃された。

 ムカつく。

 ムカつくが、どうしようもない。

 それよりも、グラップラーベアの気が変わらないうちに移動すべきだ。

 俺は女を守りながら、この場を去った。


 それから何日か経過した。

 負傷した身体が重く、獲物が狩れない。

 俺達の不調を知って、調子に乗る獲物も居た。

 ブチ殺す。

 殺気立っても、何にもならない。

 腹が減るだけだ。

 俺はともかく、女に何か食わせないとマズい。

 腹の子が心配だ。

 どうにかしなければと思ったら、変な場所に出た。

 木が横になり、その手前が掘られていた。

 掘られているのはともかく、横になっている木は俺が元気な時でも傷が付かないという硬い木で、不倒の大木と呼ばれている。

 それが横に?

 いくつも並べられている?

 ……

 とりあえず、吠えてみた。

 空腹からか、思った以上に情けない声だった。

 しかし、無駄ではなかった。

 木の向こうから、人間が出てきた。

 やった。

 貧弱なヤツだ。

 獲物だ。

 そう考えた瞬間、全身を嫌な予感が襲った。

 グラップラーベアと対峙した時よりも強い恐怖。

 それは目の前のヤツから感じさせられている。

 考えてみれば、人間は貧弱だから森の外周部には居てもこんな奥深くには居ない。

 人間よりも強い森の中を隠れるように住む者達ですら、こんな場所には居ない。

 そこに居るんだ。

 見かけ通りなワケがない。

 俺は今、かなりヤバイ状態に居ると思った。

 人間が棒を取り出し、構えた瞬間にそれは確信になった。

 俺が吠えてしまったばっかりに、こんなヤツを呼び寄せてしまった。

 後悔するがもう遅い。

 俺の後ろに居た女も覚悟を決めたのか、俺に並ぼうとする。

 こうなれば、やれるだけやってやる。

 出来れば、女だけは助けたいがそんな都合の良い事は無いだろう。

 女の顔を見る。

 これが最後かと思うと、怖くなってくる。

 しかし、最後ではなかった。

 人間は俺と女を招いた。

 なぜか逃げようとかいう気は起きなかった。

 人間についていくと、ゲートボアが居た。

 デカい猪だ。

 俺達と森の覇権を争う種族だ。

 俺や女ですら一人では倒せない。

 それが倒れている。

 いや、肉になっている。

 人間の強さを実感した。


 その後、人間はゲートボアを俺達にくれ、女の出産の場所をくれた。

 さらに森に入って簡単に獲物を狩って来る。

 感謝だろうか。

 逆らおうとする気がおきない。

 いや、俺と女は人間を主と認めた。

 生まれた子供達はまだわからないが、出来れば主には逆らわないで欲しい。



「よーしよしよし」

 問題が一つある。

 主が俺達の事を犬扱いする事だ。

 俺と女、そして子供達はインフェルノウルフという種族なのだが……

 大丈夫だろうか。

 犬じゃないとバレた時が少し怖い。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ