挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

100/292

とある魔王のつぶやき 後編



 あー……魔王ってなんだろう。

 色々と考える。

 はい、私はガルガルド魔王国の魔王です。

 うん、一国の王様。

 責任重大。

 仕事サボって娘の旅行に付いていったら、そこは常識の外でした。

 娘よ。

 そんな場所に行っちゃ駄目でしょ。

 ははは。

「お父様。
 大丈夫ですか?」

「え?
 あ、いや、大丈夫だ。
 すまない。
 日頃の疲れかな」

 娘が心配してくれる。

 こんなに嬉しい事はない。

「魔王様。
 食べ物とお酒を貰ってきました。
 これなんか食べやすいですよ」

 ビーゼルは気の利く男だ。

 胃に優しそうな食べ物を勧めてくれる。

 あ、美味しい。

「うむ。
 酒も良いが……知らない味だな」

「そうですね。
 新作かもしれません。
 購入希望を出しておきます」

「うむ。
 飲みやすいから、二樽は欲しいな」

「頑張ってみます」


 私の近くに陣取るドースや宗主殿も、食事をお酒を楽しみ、そのまま購入計画を立てているようだ。

 死の森で、ここまでの食事が用意できるとは……

 さらに、南の港町から運んだであろう海産物。

 うむ。

 見た事も味わった事も無い料理が色々ある。

 どれも美味そうだ。

「ここの料理人、雇えないか?」

「流石にそれは厳しいかと」

「借りるのは?」

「難しいかと」

「お父様。
 その辺りは私が一通り願って、叶いませんでした」

「いや、魔王が望めば……」

 無理だな。

 うん。

「調味料とかを売って貰えるように考えよう。
 特にこの料理に使っているものが気になる」

「ああ、味噌ですね。
 それならすでに私の家にいくつか」

「家に?
 ……なぜ献上しなかった?」

「まずは身を切って毒見をと思いまして。
 いえ、匂いが独特ですから。
 ははははは。
 新たに購入できるか確認しておきましょう。
 お、そろそろ始まりますよ」

 舞台の上に審判が登場したようだ。

 うん、あの審判もドラゴン。

 考えないようにしよう。


 近くの席に居た宗主殿と、ドラゴンの一人がなぜか料理の手伝いに向かったので、席のプレッシャーが少し軽くなっているのもありがたい。

 これから始まる一般の部には、ビーゼルの娘フラウレムも出るらしいのでしっかり応援するとしよう。

「お父様。
 出るのはフラウレムだけではありませんよ。
 他にも何人か居ます。
 応援してくださいね」

 ……

 魔王、深い事は考えない。

 全力で応援した。

 フラウレムは惜しくも引き分け負けになってしまったが、その戦いが悪かったわけではない。

 相手が悪かったというべきだろう。

 死の森の近くに住む者は、当然ながら強いと言われているが……

 若い獣人族の娘が、あれほど動けるとは思わなかった。


 そして武闘会は進む。

 戦士の部、騎士の部。

 そして紹介されていやでも覚えた。


 吸血姫、殲滅天使、皆殺し天使、狂宴のブルガ、黒槍のスティファノ、狂竜ラスティスムーンに、門番竜の姉か。

 鬼人族のアンも、実力から名付きでもおかしくない。

 さらに、ハイエルフにリザードマン、エルダードワーフに山エルフ、ラミア。

 インフェルノウルフが山のように居て、デーモンスパイダーの子供がこれでもかと居ると……

 ここって、魔王城……いや魔王軍より戦力あるんじゃないかな。

 一応、一対一ならなんとかなる……なるかな?

 ラスティスムーンはなんとかなっても、門番竜の姉は嫌な予感しかしない。

 あ、ドース、戦わないから誘わないで。

 嫌だから。

 絶対に嫌だから。



「ビーゼル」

「なんですか?」

「村長に爵位を与えて抱え込むのって、どう思う?」

「愚策かと」

「やっぱり」

「はい」

 爵位で抱え込めるなら、ビーゼルから提案されるだろう。

 それがされていないという事は、上手くいかないという事だ。

 確かに、竜王ドースや宗主殿が来るこの村を抱え込むのは、魔王国では荷が重い。

 敵対せず、余計な事をせず、今の関係を維持するのが正解か。

 この村のトップである人間は……そう、トップは普通の人間だ。

 初めて会った時、冗談かと思ったけど、周囲の様子から冗談じゃなさそうだった。

 ビーゼルの報告では、鉄の森のワイバーンを倒した実力者らしいが……

 普通の青年にしかみえない。

 だが、普通の青年が死の森のど真ん中に村を作ったりしないし、あんな戦力集めないだろうし、竜王ドースや宗主殿と知り合いになったりしないだろう。

 うん。

 幸いにして、魔王国に悪印象を持っていないのが救いだな。

 さらに、彼とは普通に話が出来るし、とても温和な感じがする。

 彼がここのトップである間は、何も問題は起きないだろう。

 長生きの為の秘薬を贈ろう。

 長生きして貰えるように。

 できれば、私が魔王である間は存命で居て欲しい。

 頑張れば、人間だって後四~五百年ぐらい生きられるだろう。

 まさか、五十年ぐらいで死んだりしないよな。

 頼むぞ。

 本当に頼むぞ。


 最悪の最悪の最悪で、娘を嫁がせる事を考えたが……

 魔王の地位は血縁継承ではないから、婚姻政策が取れないんだよなぁ。

 俺が引退したら、ユーリは普通の貴族の娘になってしまうし……

 国の事は放置して、娘の安全だけを考えるなら、嫁がせるべきなのか?

 大事にして貰えるなら、悪い手ではないと思うが……

 すでに吸血姫と殲滅天使を娶っているのが問題だな。

 押し退けるのは悪手だろうし、三番手、四番手に……

 いや、駄目だ。

 ユーリはまだ子供。

 結婚は早い。

 ……

 候補の一つとして、頭の片隅に残しておこう。

「魔王様、大丈夫ですか?」

「あ、ああ。
 大丈夫だ。
 それよりビーゼル」

「はい」

「お前、娘のフラウレムをここに送り込んだのって……」

「魔王国への忠誠に揺るぎはありませんが、娘の事は大切に思っています」

「娘を思う気持ちはわかる。
 だから責めん。
 責めんから……最悪の時、ユーリの為にそのツテを頼らせて貰いたい」

「はっ。
 婚姻はお約束できませんが、この村に住むぐらいなら大丈夫です」

「本当か?」

「お忘れですか?
 私はこれでも、魔王国四天王の一人ですよ」

「流石はビーゼル、頼りになる」

「私も引退したら、ここに住もうと考えています」

「……え?
 ちょ、え?
 引退?
 待て待て、お前が居なくなったら魔王国がヤバイんだが?」

「さあ、魔王様。
 祭りの夜です。
 美味い料理と美味い酒を楽しみましょう」

「未来の話だよな。
 千年とか二千年後の話だよな」

「ははははは。
 かんぱーい!」

 ちょ、おまっ。

 あと、竜王ドース。

 戦わないから。

 絶対に戦わないから、こっち見ないで。


 祭りの夜は賑やかに過ぎていった。






 余談。

 後日の魔王の城。

「引退は?」

「引退は一~二百年ぐらい後の事ですから、ご安心を。
 ……これは何ですか?」

「誓約書」

「……忠誠をお疑いで?」

「私の心の平穏の為に書け」

「はぁ。
 魔王様ったら……
 わかりました、書きましょう。
 ……あれ?
 書き間違いがありますよ。
 ほらここ、期間が最低千年ってあるんですが?」

「間違ってない」

「…………そうですか。
 えーっと、この誓約書によると、もしくは魔王様が死ぬまでですよね」

「ちょ、お前っ!
 衛兵、謀反だ!
 謀反人が出たぞ!」

「人聞きの悪い。
 確認しただけですよー。
 あ、衛兵。
 いつもの病気だから戻って良いぞ。
 あと、しばらく部屋に近付かないように」

 熱い殴り合いが行われた後、三百年の現役宣言で話が纏まった。

「くっ、誓約書が取れなかった」

「そんな物が無くても、そうそう辞めれませんよ。
 領地だってあるわけですし」


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ