挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。
この連載小説は未完結のまま約半年以上の間、更新されていません。
今後、次話投稿されない可能性があります。予めご了承下さい。

異世界の天下布武

作者:big bear
天正十年六月二日、本能寺の変。その時、その場所に彼はいた。
織田信忠が家臣下方弥三郎は、二条御所にて華々しく討ち死にを遂げた。そのはずだった。
ところが、彼は異世界にてひっそりと暮らしていた魔女の元へと辿り着いてしまう。命の恩人となった彼女のため、忠心を尽くすことにした弥三郎は様々な戦乱、事件に立ち会っていくこととなる。
それから、数年の後。異世界オリンピアの地に天下布武の旗がはためいていた。

異世界国盗り戦記となる予定です。当然ヤンデレも出ますよ?

この小説は『カクヨム』にも投稿しています
ギャラリー
ギャラリー
2016/03/07 01:04
プロローグ
プロローグ あるいはある男の最期
2014/12/27 21:00
プロローグ2 あるいは開幕を告げる詞
2014/12/28 21:00
第一章、ある森よりの始まり
1、あるいは似通った二人
2014/12/30 21:00
2、あるいは足取りは軽く
2015/01/01 21:00
3、あるいは始まりの日
2015/01/03 21:00
4、あるいは獣のごとく
2015/01/05 21:30
5、あるいは聖者の如く
2015/01/07 21:00
6、あるいは狂気にのって
2015/01/10 21:00
7、あるいは初陣のごとく
2015/01/12 21:00
8、あるいは死地ゆえに
2015/01/17 21:00
9、あるいは凱旋のごとく
2015/01/31 21:00
10、あるいは誰も知らず
2015/02/04 21:11
第二章、亡霊と故郷と
11、あるいは先触れのごとく
2015/02/07 21:00
12、あるいは終わりでもあり
2015/02/10 21:00
13、あるいはその性(サガ)ゆえに
2015/02/14 21:00
14、あるいはこの時こそ
2015/02/18 21:00
15、あるいはその言葉が
2015/02/21 21:00
16、あるいはその道が
2015/02/25 21:00
17、あるいは予兆として
2015/02/28 21:00
18、あるいは試練の始まり
2015/03/04 21:00
19、あるいは痛みにこそ
2015/03/07 21:01
20、あるいは彼らこそが
2015/03/11 21:00
21、あるいは戦いのみが
2015/03/14 21:00
22、あるいはその名こそ
2015/03/18 21:00
23、あるいはその瞬間
2015/03/21 21:00
24、あるいは最期の時
2015/03/25 21:00
第三章、王国大乱
25、あるいはもう一つの戦い
2015/03/28 21:00
26、あるいはその盟約が
2015/04/01 21:00
27、あるいは力無くとも
2015/04/04 21:00
28、あるいは平穏の外で
2015/04/11 21:00
29、あるいは混迷のとき
2015/04/18 21:00
30、あるいは偽りでさえも
2015/04/25 21:00
31、あるいは再会と共に
2015/05/02 21:00
32、あるいは忠義ゆえに
2015/05/09 21:00
33、あるいは死を前にして
2015/05/16 21:00
34、あるいは己が故に
2015/05/23 21:00
35、あるいは選択のとき
2015/05/30 21:00
第四章、炎と死と刃と
36、あるいはその綻びが
2015/06/06 21:00
37、あるいは先槍の如く
2015/06/13 21:00
38、あるいは約定として
2015/06/20 21:00
39、あるいは闇の先に
2015/06/27 21:00
40、あるいは定めでさえ
2015/07/04 21:00
41、あるいは薄氷の上で
2015/07/11 21:00
42、あるいは死中に
2015/07/18 21:00
43、あるいは矢の如く
2015/07/25 21:00
44、あるいは号令と共に
2015/08/01 21:00
45、あるいは信ずるがゆえ
2015/08/08 21:00
46、あるいは死神の如く
2015/08/15 21:00
47、あるいは武士として
2015/08/22 21:00
48、あるいは一度の決着
2015/08/29 21:04
49、あるいは死地にこそ
2015/09/05 21:00
50、あるいは終局へ
2015/09/12 21:00
51、あるいは烈火の向こうに
2015/09/19 21:00
第五章、龍の旗
52、あるいは導きの元
2015/09/26 21:00
53、あるいは再びこの地から
2015/10/03 21:00
54、あるいは先触れのごとく
2015/10/10 21:00
55、あるいは風雲を告げる
2015/10/17 21:00
56、あるいはその想いこそ
2015/10/24 21:02
57、あるいはその使者が
2015/10/31 21:00
58、あるいはこの敵こそ
2015/11/07 21:00
59、あるいは魁として
2015/11/14 21:00
60、あるいは暗雲
2015/11/21 21:00
61、あるいはこの夜から
2015/11/28 21:00
62、あるいはその交差が
2015/12/05 21:00
63、あるいは臣として
2015/12/12 21:00
64、あるいは困難の時
2015/12/13 21:30
65、あるいはその覚悟ゆえ
2015/12/16 21:31
66、あるいはできうる全てを
2015/12/18 21:00
67、あるいは炎の中
2015/12/19 21:00
68、あるいはその切っ先が
2015/12/26 21:00
69、あるいは角笛の音が
2016/01/02 21:00
70、あるいはその旗が
2016/01/09 21:00
第六章、もう一つの
71、あるいは勝ち鬨の後
2016/01/16 21:00
72、あるいは表裏一体
2016/01/23 21:00
73、あるいは梟雄
2016/01/30 21:00
74、あるいはもう一つの邂逅
2016/02/06 21:00
75、あるいは相対するとき
2016/02/13 21:00
76、あるいは詞にこそ
2016/02/20 21:00
77、あるいは呪いにも似て
2016/02/27 21:00
78、あるいは麗しの
2016/03/05 21:00
79、あるいはその道が
2016/03/12 21:00
80、あるいは弔い
2016/03/19 21:00
81、あるいは決壊
2016/03/26 21:00
82、あるいは進むべき場所
2016/04/02 21:00
83、あるいは驚愕さえも
2016/04/09 21:00
84、あるいは偽りさえも
2016/04/16 21:00
85、あるいは此処よりの縁
2016/04/23 21:01
86、あるいは一振りの刀
2016/05/07 21:00
87、あるいは競い合い
2016/05/14 21:04
88、あるいは死合い
2016/05/21 21:00
89、あるいは激闘
2016/05/28 21:00
90、あるいは決着へ
2016/06/04 21:04
91、あるいは物言い
2016/06/11 21:00
92、あるいは友誼
2016/06/18 21:00
93、あるいはその条件が
2016/10/08 21:00
94、あるいはその譲歩が
2016/10/22 21:00
95、あるいは褒美にこそ
2016/11/12 21:03
96、あるいは栄誉にさえ
2016/11/26 21:00
97、あるいは一度の
2017/02/04 21:02
第七章 麻の如く
98、あるいは平穏
2017/02/18 21:01
99、あるいは館の中
2017/03/04 21:00
cont_access.php?citi_cont_id=983032962&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

町をつくる能力!?〜異世界につくろう日本都市〜

ある日の朝に起きた電車の脱線事故。 それは切っ掛けだった。 電車に乗っていた者達は白い空間へと誘われる。 そこに待ち受けていたのは、神を名乗る老人。 老人は言っ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全108部分)
  • 632 user
  • 最終掲載日:2016/12/17 10:52
大陸英雄戦記

現代日本に住む「俺」は気づいたら中近世欧州風世界に転生し……いや、これまんま欧州ですよねお父さん。 ともかく俺はファンタジーな欧州に転生した。これは、そんな俺、//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全467部分)
  • 701 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 04:36
蘇りの魔王

勇者に討たれ、その命を失ったはずの魔王ルルスリア=ノルド。 彼にはやり残したこと、解決できなかった問題がいくつもあったが、悪は滅びると言うお題目に従い、消滅した//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全272部分)
  • 592 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 18:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 745 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
おかしな転生

 貧しい領地の貧乏貴族の下に、一人の少年が生まれる。次期領主となるべきその少年の名はペイストリー。類まれな才能を持つペイストリーの前世は、将来を約束された菓子職//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全159部分)
  • 690 user
  • 最終掲載日:2017/10/28 21:00
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全142部分)
  • 694 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 18:00
境界迷宮と異界の魔術師

 主人公テオドールが異母兄弟によって水路に突き落されて目を覚ました時、唐突に前世の記憶が蘇る。しかしその前世の記憶とは日本人、霧島景久の物であり、しかも「テオド//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1299部分)
  • 606 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 00:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全288部分)
  • 642 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 18:00
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部分)
  • 599 user
  • 最終掲載日:2017/08/30 20:00
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1557部分)
  • 613 user
  • 最終掲載日:2017/11/21 18:00
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 675 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全176部分)
  • 616 user
  • 最終掲載日:2017/11/01 01:14
食い詰め傭兵の幻想奇譚

世話になっていた傭兵団が壊滅し、生き残ったロレンは命からがら逃げ出した先で生計を立てるために冒険者になるという道を選択する。 だが知り合いもなく、懐具合も寂しい//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全337部分)
  • 598 user
  • 最終掲載日:2017/11/20 12:00
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者多忙につき、当面は三週ごとの更新とさせていただきます。 ※2016年2月27日、本編完結しました。  ゲームをしていたヘタレ男と美少女は、悪質なバグに引//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全224部分)
  • 608 user
  • 最終掲載日:2017/11/04 07:00
ウォルテニア戦記【Web投稿版】

 青年が召喚された異世界は乱世だった。  絶対王政の世界。  選民意識に凝り固まった特権階級と世俗にまみれた宗教。  青年は自分の正義を胸に行動を起こす。  

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 620 user
  • 最終掲載日:2017/08/07 17:56
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 611 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 637 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
黒の魔王

黒乃真央は悪い目つきを気にする男子高校生。彼女はいないがそれなりに友人にも恵まれ平和な高校生活を謳歌していた。しかしある日突然、何の前触れも無く黒乃は所属する文//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全636部分)
  • 633 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 17:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

◆カドカワBOOKSより、書籍版11巻、コミカライズ版5巻発売中! アニメ放送は2018年1月予定です。 ※書籍版とWEB版は順番や内容が異なる箇所があります。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全554部分)
  • 685 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 18:00
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全133部分)
  • 677 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 20:09
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全157部分)
  • 734 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:38
骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中

 オンラインゲームのプレイ中に寝落ちした主人公。  しかし、気付いた時には見知らぬ異世界にゲームキャラの恰好で放り出されていた。装備していた最強クラスの武器防具//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全173部分)
  • 693 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 23:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全529部分)
  • 596 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 23:33
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】※書籍化しました!10/25、オーバーラップ文庫様より最終巻となる⑤巻が発売されます!詳細は活動報告にて!  北条雄二、30才、無職、引きこもり//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部分)
  • 632 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 829 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
異世界建国記

異世界に転生した主人公。 どうやら捨てられた子供に転生してしまったらしい。 目の前には自分と同じように捨てられた子供たち。 主人公は生きるために彼らを率いて農作//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全263部分)
  • 670 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 12:00
聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全362部分)
  • 686 user
  • 最終掲載日:2017/09/06 20:00
異世界薬局

研究一筋だった日本の若き薬学者は、過労死をして中世ヨーロッパ風異世界に転生してしまう。 高名な宮廷薬師を父に持つ十歳の薬師見習いの少年として転生した彼は、疾患透//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全97部分)
  • 596 user
  • 最終掲載日:2017/11/13 12:20
クロの戦記

ケフェウス帝国の貴族であるクロノ・クロフォードには秘密があった。それは異世界……現代日本……から、この世界にやって来たことだった。ほぼチートなし、現代日本の価値//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全120部分)
  • 637 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 01:19
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 778 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全391部分)
  • 637 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 01:16
↑ページトップへ