挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

【要望があれば続きを書きます】

作者:うさこ
【要望があれば続きを書きます】

 以前から、その様なあとがきを見かけることがあります。

 日々の楽しみとして、一般の方が気楽に投稿している「小説家になろう」を拝読させていただいているのですが、物語の佳境にも差し掛からないさわり(・・・)の様な所で話がぶつりと終わってしまい、何とも言いようのない困惑が残ることがあるのです。

「あれ? これでお終いなの?」
 と思ってしまうのは、私だけではないはずです。

 もちろん、物語にはオチをつけなければならない決まりもなければ、敢えて結末を書かずに読み手の想像力を掻き立てる趣向もあります。

 物語は作者の自由に書いて然るべきで、どこでどの様な終わらせ方をするのも作者の自由ではありますが、そこで気になるのが

【要望があれば続きを書きます】

 と言った後書きです。

 ただでさえ途切れてしまった物語に困惑しているところに、この文章が目に入ってくると、作者の方がどの様な意図でこれを書かれたのか、と悩んでしまうのです。

「感想などで希望してもらわなければ、続きを書きませんよ」という意思表示なのでしょうか?
 そこまで穿った受け取り方をする必要はないのかもしれませんが、『要望があれば』ということの意味を考えてしまうのです。

 感想にて続きを期待している旨を書かれれば。ーーでもこの場合、一人や二人程度の意見では書いてもらえないかもしれません。
 評価ポイントが上がり、ランキングがある程度高くなれば。
 レビューしてもらえれば。

 そういう事を望んでいる裏返しと思えるのです。

 そしてまた、なぜ作者の方はこの様な尻切れトンボの様な終わりの物語を書いたのか、とも考えます。
 読んでもらえるかも分からない作品に時間をかけるのがもったいないのでしょうか?
 つかみ(・・・)が取れたと分かった時点で、続きを書いた方が効率が良いと思うのでしょうか?
 読んでもらえるか、楽しんでもらえるか分からなくて不安だという気持ちは分かりますが、作者の創造した物語は作者のものです。
 続編や続きの創作の是非を読者に問うことは、何か違うと違和感を感じるのです。

 プロの作家であれば、本の売れ行き如何によって出版社から打切りを宣告されることもあるでしょうし、遙か昔は漫画の神様とうたわれる方のアニメ作品でさえも、数話で放送打切りなどということもあったと聞きます。

 ですが、小説家になろうはユーザーにスポンサーがいるわけではなく、出版社の意向を気にする必要もないのです(一部本を出されている方を除きますが)。

 だからこそ、【要望があれば続きを書きます】という言葉に、ひどく困惑するのです。

 ここまで伝えて参りましたが、私の本音を隠さず伝えるならば、
「貴方の作品は、読者の評価や意見がなければ生み出されないものなの? 書きたきゃ、好きに書けば良いのに」
 ということです。続編を書くべきかどうかなど、誰に憚る必要もないのですから。

 そしてまた、『要望があれば』『書く』という言葉に、どこか傲慢さが潜んでいるように感じるのです。
 もしくは、残念な感じといいますか。

 頻繁にランキングにも名を連ねる方がこのような後書きを書いているなら前者を。
 大変失礼ながら、物語の世界観を掴めない作品の場合は後者を感じてしまうのです。
 前者について例えるなら、「わたくしを望んでくださるなら、お礼のキスを差し上げても良くてよ」的なツンデレ令嬢風なのでしょうか。
 後者を例えるなら、至極普通のお嬢さんである残念系ヒロインが「私を好きだって言ってくれたら、何だってしてあげちゃうゾ☆」といったところでしょうか? 即座に「結構です」とお断りしたくなるような…。

 受け取る方によっては、少し悪意を感じるかもしれない例えではありますが、ハナから書かれることなく途中放棄されてしまった物語は、作者からも見捨てられ、些か哀れに感じてしまうのです。

 だって、望まれなければそのまま捨て置かれる話になるということなのですから。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ