挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

hana*do-wa

あめおんなとはいしゃさん

作者:花*
 

 
すこーしむかしのおはなしです。
とある国の とあるいなかの村のはじっこに、ひとりのむすめが住んでいました。
おりもののじょうずな、たいへんやさしい性格のむすめでしたが、むらのひとには、むすめは『あめおんな』とうわさされ、きらわれていました。

なぜ『あめおんな』といわれているかというと、
そのむすめが出かけるときは、かならずといっていいほど、あめがふるからです。


ただ、そのあめは、あま〜いあま〜い、いろんないろの、まあるいあめなのですが。

挿絵(By みてみん)
***


村のこどもたちは、ほんとうはむすめのことが大すきでした。なんといっても、すがたをみかけるときは、たいていおいしいおいしいあめがふってくるのですから。
だれでも いちどはそのあめをたべたことがあります。
あまーいミルクあじのものもあれば、ちょっとすっぱいくだもののあじ、それからりょうほうあわせたような、あまずっぱいあじのものもありました。

けれど、そのおかあさんたちは、むすめのことがきらいでした。
なぜかというと、こどもたちがあめをよろこんでたべるので、みんなすぐむしばになってしまうからです。
おかあさんたちは、くちぐちに、こどもたちにいいました。

「あのむすめにぜったいちかづいてはいけないよ」
「あのむすめがふらすあめはぜったいたべてはいけないよ」
「いたーいいたーいむしばになってもいいのかい」

こどもたちはおかあさんたちにはさからえませんでした。
挿絵(By みてみん)
むすめは、そんなじぶんのことをわかっていたので、ひつよういじょうに外には出かけないようにしていました。
でも、どうしても週にいちどは、かいものに出なくてはいけません。
そのときは、からだを小さくよせて、はやあるきでかいものをすませました。
こっそり出かけても、あめがふるので、みんなむすめが外に出てきたことはすぐにわかります。
村のひとたちは、むすめのおりものがすばらしいのはしっていたので、あまり口はききませんでしたが、むすめのおりものとひきかえにたべものや糸などをうってあげていました。


***


さて、そんなふうに むすめは日々くらしていたのですが、
あるとき、一人のしょうねんがたずねてきました。
そのしょうねんは、村の中のとある家のしんせきにあたる子で、休みをりようして、村にあそびにきていたのです。

「おねえさん、おいしいあめをふらせることができるんだって? ぼくたべてみたいなあ」
うわさをきいてきたのか、のんきにそんなことをいいます。
挿絵(By みてみん)
「わたしがふらせてるわけじゃないけど……」
むすめはちょっとうらめしげにはんろんします。
「それに、あめをたべるとむしばになってしまうわよ。わたしはそのせいで、村のひとにきらわれているの。あなたもわたしにはちかづかないほうがいいわよ」

しょうねんは、びっくりしていいました。
「あめをたべただけで、むしばになんかなるもんか。きちんとはみがきしたり、はいしゃさんにいったりすれば、だいじょうぶじゃないか」
「はいしゃさん?」
「しらないの?」

しりません。
そうなのです。この村は あまりに国のはじっこにあったので、はいしゃさんがいなかったのです。だれもはいしゃさんというものをしりませんでした。

しょうねんは、むすめにせつめいしました。
「むしばをちりょうしたり、はみがきのしかたをおしえてくれたりするおいしゃさんだよ。はみがきってしってる?」

しりません。
じつは、まずしいこの村には、あまいおかしがほとんどありません。ですから、ふつうにしょくじをして、そのあとおちゃやお水をのめば、今までむしばなどにはなりませんでした。
けれど、むすめがうまれて、あめがふるようになってから、むしばになる人がふえてしまったのです。

むすめは、はいしゃさんという人にあってみたくなりました。
それをしょうねんにつたえると、「じゃあ、10日後にぼくが家にかえるときに、いっしょにぼくの町へいこうよ。そこに はいしゃさんがいるよ」とむすめをさそいました。


***


10日後、しょうねんとむすめは、いっしょに町へと向かいます。
とうぜんあめがふるので、しょうねんは大よろこび。「むしばになるわよ」とむすめがちゅういすると、「だいじょうぶだいじょうぶ」と、ちいさいほうきのようなぼうをとり出して(はぶらしなのですが、むすめはそれをしりません)はをごしごしみがきます。
とちゅうとちゅう、やどにとまりながら、3日後に町につきました。

さっそく、しょうねんのかよっているというはいしゃさんにつれていってもらいます。
とうぜん、町にあめがふりました。けれど、町の人たちははじめはびっくりしましたが、よろこんであめをたべました。だれもむすめをせめません。

はいしゃさんは、やさしそうなおじさんでした。
「これはこれは、めずらしいおじょうさん。てがみで、この子からはなしはきいていたよ。きちんと、はの手入れのしかたをおしえてあげるから、村のひとにもおしえてあげなさい。そうすれば、みんなおじょうさんのあめが大すきになるはずだ」
そうして、むすめは、はみがきのしかたや、むしばのよぼう法をはいしゃさんからおしえてもらいました。
挿絵(By みてみん)
「けれど、村で、もうむしばになっている子はどうしたらいいのかしら。私はなおせないわ」
むすめがおそわったのは、これからむしばにならないようにするほうほう。
すでにむしばになってしまっている人をなおすことはできません。
そこで、はいしゃさんがいいました。
「なら、わたしのむすこを、その村へやろう。むすこもはいしゃだからね。いままでふたりでこのしんりょうじょをやってきたが、そろそろどくりつさせようとおもっていたんだ」
「そういえば、きょうは、わかせんせいは出かけているの?」
しょうねんがはいしゃさんにききました。
「ちょっとかいものをたのんだんだよ。もうそろそろかえってくるよ」

そういっているそばから「ただいま」というこえがきこえてきました。
すぐに「めずらしいあめがふっているね。たべてみたけど、すごくおいしかった」といいながら、一人のせいねんがへやに入ってきました。そして、むすめと目があいました。しばらくふたりは見つめあっていました。
「あれ? あめがやんでる」しょうねんがまどの外を見てつぶやきました。


***


それから、しばらくして、むすめの村の、むすめの家のすぐちかくにはいしゃさんができました。
わかせんせいは、こどもたちのむしばをちりょうして、それからはみがきのしかたをおしえて、そしてついでに村のおじいさんおばあさんのいればも作ってあげました。

村のひとたちは、はいしゃさんをつれてきたむすめにかんしゃをし、そしていままでのことをむすめにあやまりました。

ふしぎなことに、前よりも、むすめのあめはふらなくなりました。けれど、まったくふらなくなったわけではなく、たまにざーっとふるので、そのときに、村のひとたちはそのあめをあつめて、だいじにとっておくようになりました。
そのうち、そのあめは村のめいさんぶつとしてあつかわれるようになり、よいねだんでとりひきされ、村はすこしゆたかになりました。



「ただいま」
わかせんせいが、ちかくのしんりょうじょからむすめのうちにかえってきました。
「おかえりなさい」むすめがゆうごはんをつくりながらふりむきます。いつのまにか、わかせんせいはむすめのうちにおむこさんとしていっしょにすんでいるのです。
「とうさんのところにようじがあるから、あしたから町へ出かけてくるよ」
「わかったわ。きをつけてね」
「村のひとたちにも、ぼくがいないからあしたからしばらくあめがふるっていっておかないと」
むすめはかたをすくめます。けれど、すぐにふたりはしあわせそうにほほえみあいました。


「なんたって、ぼくは『あめおんな』をまかすぐらいの『はれおとこ』だからね」

挿絵(By みてみん)

おしまい

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ