挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
セブンス 作者:わい/三嶋 与夢

最終章 ここまで来たぞ 十八代目

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

345/345

最終章 エピローグ 後編

セブンスについて自分なりの感想などは、明日にでも活動報告に掲載させて頂きます。
要望のありました登場人物の紹介や設定などは、別で投稿させて頂きます。
外伝や幕間をまとめたものはそちらで投稿予定です。
 ――新都。

 基礎工事が終わり、各国の代表――連合参加国の代表が集められたのは、冬が過ぎて春になろうとしている時だった。

 新都の開発計画はまだ道半ば、というところだった。しかし、これ以上は先延ばしにも出来ないために代表を集め、ライエルが正式に即位し帝国の建国を宣言する事になった。

 元から既に統治は開始されている。バンセイム王家の直轄地。加えて、ライエルが潰してきた領主たちの領地。加えてルフェンスにベイム。それらはライエルが忙しいからと、統治しないでいいという事はない。

 バンセイム王国を打倒した瞬間から、既にライエルは責任を負う立場だった。それを、正式に宣言するだけだ。

 新都の中央に位置する城は完成しており、城塞都市が一般的な世界で新しい作りだった。朱色の柱に支えられている城は、高くそして大きかった。それだけの重量を支えるために使用された柱の材料は、レジェンドドラゴンの角などだ。赤い角を使用しており、赤く染まった柱が巨大な城を支えていた。

 大広間に集められた各国の代表たちは、その広さもそうだが壮大さに息をのんでいた。単純に戦うための城としては作られていないが、それでもこれだけのものを用意する技術力――他にも、国力などを考えれば立ち向かうなど困難だった。

 そう思わせることに成功していた。

 ベイムの商人を代表して広間に立っているのは、フィデル・トレースだ。娘がライエルの側室入りをしたので、この場に招かれている。

 式典開始はまだであり、今は各国の代表たちが話をしていた。ピリピリとした空気ではないが、和やかでもない。そんな場所で式典の開始を待っているのだ。

 ライエルが無名の頃から支援したと、周りに思われているため商人だが各国の代表と肩を並べるのを許されていた。

(ギルドの幹部。それに各国の代表――どこも疲弊しているから、小僧と事を構えるつもりはなさそうだな。まぁ、周辺国の姫や女王が側室入りしている状況では、下手に争うのも馬鹿らしい、か。いや、待て! あの小僧のことだ。どこかの馬鹿が暴発するのを待っている可能性もある! 汚いやり方でヴェラを手に入れた奴のことだ。きっと汚いことを考えているに違いない)

 一人、表情を変えずにそんな事を考えているフィデルだが、周囲からはライエルを支援し続けてきた事もあって娘を差し出したと思われていた。

 それだけライエルに協力的だと思われている。それも、フィデルを腹立たせる。

(悔しい! ヴェラを差し出したなどと思われ、しかもそれを口に出せないのが悔しい! やり返してやる。あの小僧に嫌がらせをしてやる!)

 商人としては優秀だが、娘のことになると駄目になるフィデル。早く式典が開始され、終われば良いのに、などと思っていた――。





 ――式典前の準備をしている部屋では、ノウェムを始め女性陣がヴァルキリーズの手伝いを受けながら服装を整えていた。

 質素な服などで参加も出来ず、この日のためにあつらえた豪華な装飾されたドレスを着る面々。しかし、そこは戦場だった。

 ノウェムが椅子に座り、髪を整えられている。その隣にはミランダが座っており。

「私も数多くの失敗をしてきましたが、その中でも一番の失敗はあなたをライエル様の側室に加えたことでした。今でも後悔していますよ」

 ピリピリとした空気を出すノウェムに、ミランダは鏡の前で爪の手入れをしていた。

「そうね。私もあの時にあんたを見捨てれば良かったわ。死にます~、とか一人で騒いでいる馬鹿を助けて後悔しているわよ」

 笑い合う二人を見てオドオドしているのはシャノンだった。ドレスは着ているが、動き回ったので乱れていた。ヴァルキリーズが服を整えている。

「うわ、怖い。私、女同士の争いがここまで醜いとは思わなかったわ」

 シャノンの近くには、下着姿のエリザがいた。ドレスの補正が大急ぎでモニカの手によって実行されている。

「そうだな。私もこれには参加できない」

「そんな事はどうでも良いので、これを着てください。私は忙しいんですよ。チキン野郎のところに言って、身だしなみを整えてあげないと。きっと、寂しくて震えていますよ」

 シャノンはモニカに呆れながら。

「あいつ、今頃は演説とかの確認でそれどころじゃないんじゃない? それに、最近近付くと凄く驚くんだけど?」

 エリザも頷く。モニカからドレスを受け取ると、ヴァルキリーズがエリザに集まって着用の手伝いをする。

「私の時もそうだったな。何かトラウマでもできたんじゃないか? あ、サイズがピッタリだ」

 すると、何かが倒れる音がした。ルドミラとグレイシアだ。ドレスのことで問題が起きていた。二人とも、下着姿である。

「どうして色かぶりなんだ! 濃い紫は私が使用する。お前は別のドレスにしろ!」

「私だって落ち着いた色がいいんだ! お前こそ替えろ!」

 そんな争っている二人を見ながら、上半身裸のエヴァが呆れてみていた。ピンクブロンドの髪で、大事なところは隠れている。

「飽きないわね、あいつら」

 すると、ドレスを着用したクラーラは準備が終わっているので本を読んでいた。エヴァの発言に対して。

「そうですね。というか、早くドレスを着たらどうですか? 私たちの参加はまだですが、もう各国の代表たちは大広間に来ているんですけど?」

 エヴァは髪をかき上げ。

「知らないわよ。それに、私のドレスは手直し中。もっと派手なのが良かったのに……」

 違う場所では、メイとマリーナが窮屈そうにしていた。

「この服、動きにくい。しかも熱い」

「なんで私がここに……」

 初代の妻に気に入られたマリーナは、そのまま側室入りを果たしていた。マリーナの近くには、マリアーヌまで立っている。

「私の方が聞きたいですよ。なんで私がここに……。私はトレース商会に呼び出されて、そのままギルドの幹部におめでとう、なんて言われて」

 すると、体のラインがハッキリするような服を着たセルマが、手を組んで喜んでいた。

「良かったじゃない。……そうやって危機感がない間に結婚できて。私、ここで滑り込まなかったらたぶん一生結婚できなかったのよ」

 ただし、最後の方は切実そうだった。そんなセルマを見ているのは、ザインの聖女であるアウラだ。

「私、セルマ様が結婚するならこの場にいなくていいと思うんですけど?」

 しかし、セルマは頬に手を当てながら。

「あ、それは駄目よ。だって、ザインとしてはアウラが正式な聖女だもの。世襲になるから、アウラの子供も大事なのよね。ガストーネがこれでザインも安泰だ、って喜んでいたわよ」

 色々と問題のある面子だが、そんな面子を見ていたのはヴェラだった。ヴァルキリーズがやたら多くヴェラを囲んでいる。

「嫌ならちゃんと断りなさいよ。というか、お父様……増やさない方向で話を進めるとか言って、こんなに増やしてどうするつもりなのかしら? というか、なんで私はこの子たちに囲まれているの?」

 ドレスの着用も終わっているのに、ヴァルキリーズに囲まれているヴェラ。同じように囲まれているのは、ノウェムやミランダ、それにアリアだ。

 アリアの方では、ヴァルキリーズが丁寧にドレスを着せていた。アリアが困った顔をしている。

「ちょ、ちょっと! なんでそんなに構うのよ。というか、少しお腹周り緩いんだけど。もっと絞って貰った方が――」

「いけません」

「却下」

 ヴァルキリーズに即答され、アリアが肩を落とした。いつもの外ハネした髪は、今日は整えられストレートだ。着慣れていないためか落ち着かないアリアに、ヴァルキリーズが付き添って文句を言っている。

「ほら、大股で歩かない」

「急な動きをしない!」

 そんな様子を、ヴァルキリー七十一号を傍に置くリアーヌが見ていた。どうやら気付いたようで、七十一号にたずねる。

「ねぇ、もしかしてだけど、あの四人は――」

「正解です。リアーヌさん、急いだ方がよろしいかと」

 リアーヌは椅子に座って、扇子を広げて口元を隠していた。

「意外ですね。ノウェムとミランダは襲ってもおかしくないと思っていましたが、アリアとヴェラですか。私も少し積極的にいきますね」

 ――何を? とは周りの誰も聞かなかった。

「あ、クリームがついた」

「シャノン、急いで着替えなさい。それから、エリザももう食べない」

 お菓子をこぼしてドレスを汚したシャノンが、ミランダに叱られる。ついでに一緒にお菓子を食べていたエリザも怒られていた。

 ノウェムはアリアに向かって。

「アリアさん、落ち着いて座っていられませんか?」

「だって……なんか落ち着かなくて。ドレスとか着てみたかったけど、なんとなく恥ずかしいのよね」

 メイやマリーナは。

「はぁ、お肉食べたい」

「同感だな。誰か、肉持ってきて」

 ヴェラが二人を見ながら。

「駄目に決まっているでしょう。今日は式典が終わるまであんまり食べられないわよ。いい、夜のパーティーでも同じだからね」

 二人が本当に驚いたような顔をすると、他の面子――各国から押しつけられた側室たちが、この濃い面子を前に声が出ていなかった――。





「お前、ふざけんなよ!」

 普段タンクトップを着ているエアハルトが、正装して俺の部屋にいた。泣きながら俺に文句を言ってくるのだが、その理由を聞いて逆に俺が驚きだ。

「知るかよ! 今聞いたぞ、そんな事! 俺だってこれ以上、人数が増えると大変なんだぞ! 今ですら大変なんだぞ! 怖いんだぞ! みんな……みんな……怖くて。アリアが慰めてくれなかったら、俺……」

 泣きそうになるのを我慢していると、エアハルトが慌て出す。きっと、俺と同じ経験がある、もしくはこれから他人事ではなくなると分かっているのだろう。やはり、仲間を増やしておいて正解だった。

 こんな気持ちを分かち合える友人が欲しかったから、俺はエアハルトに色々と押しつけてきたのだ。女とか、名誉とか。

 ただ、エアハルトが怒るのも理解できる。まさか、当日になってマリアーヌさんが俺の側室に押し込まれるとか思ってもいなかった。

 フィデルの野郎、俺に笑顔を向けてきた理由はマリアーヌさんだった。断る方向で話が進んでいると思ったのに、ギルドからも側室を取る事になるなんて。

「す、すまん。でも、だからってマリアーヌさんがなんで!」

 それでも初恋の人が側室入りを許せないエアハルト。しかし、同じ部屋にいたマクシムさんが、首を傾げている。ダミアンも同様だ。

「何故だ? そのマリアーヌ殿は元から相手がいなかったのだろう? それに、お前には結構な女性が好意を寄せているらしいじゃないか」

「しかも告白は断られたんだよね? なら、君が関わる問題でもないと思うよ」

 バッサリ切り捨てるような発言をする二人を前に、エアハルトが膝から崩れ落ちた。

「エアハルトォォォ!」

「俺……駄目だったけど。それでも、マリアーヌさんには幸せに……ちくしょうぉぉぉ!!」

 すると、バルドアが俺たちを見て溜息を吐いた。

「何をしているんですか、四人とも。それより、マクシム殿はアデーレ殿との間に進展はあったのですか? 告白は成功したと聞きましたが?」

 すると、照れたマクシムさんが鼻の下を指でこする。

「馬鹿だな。成功はした。だが、キス以上の関係ではない。ほら、俺はもっと新婚生活を“二人だけ”で楽しみたいから」

 俺への当て付けか、それとも俺やエアハルト、そしてバルドアへの当て付けなのか。ダミアンがお茶を飲みながら。

「羨ましいね。僕も研究所がもうすぐ完成するから、理想の女性を創る事に専念できるけど」

 エアハルトが俺たちを見ながら。

「……お前ら、絶対におかしい。頭のネジ、吹っ飛んでるんじゃないの?」

 俺はそんなエアハルトを見ながら、今日は割と見られる恰好だと思いながら。

「……お前、良い度胸だ。分かった。そんな傷心中の自由騎士エアハルトには、自由騎士に任命した俺が女性を紹介してやろう。アンネリーネ王女殿下とかどう? 可愛い人だよ」

 すると、エアハルトは立ち上がって俺を指差した。バルドアが「不敬ですよ」などと言っているが、俺に文句を言う貴重な存在だ。このままにしておこう。でないと、からかって遊んでもつまらない。

「ふざけんなよ! 自由騎士とかフワフワした立場のせいで、俺がどれだけ苦労していると思っていやがる! この前なんか、ドラゴン退治を依頼されて本当に迷惑だったんだからな!」

 聞けば、ランドドラゴンを倒したらしい。素晴らしい。才能はあると思ったが、流石はエアハルトだ。

「その働きに応えて、今度は表彰してやるよ。フワフワした立場で、ハーレムを楽しむがいいさ」

 俺の笑顔にエアハルトが両手で頭を押さえていた。こいつ、出会った時は現実が見えていなかったが、現実が見えた時には望んでいたハーレムが手に入ったのだ。

 願いが叶って良かったね、って言ってやりたい。

「そんなフワフワした立場で何人も抱えきれるか! 俺、このままだと本当に襲われそうなんだが! 襲われてしまいそうなんだが!」

 ……それを襲われた俺に言わないで欲しい。いっそ、お前も襲われてこっち側に来いよ。そう言ってやりたかった。くそっ、癒し枠がまさかのタンクトップ野郎や、嫁の親父になろうとは思いもしなかった。

 腹が立ってきたので、フィデルの野郎をからかってやる。

 すると、バルドアが懐中時計で時間を確認していた。どうやら、時間が迫っているらしい。

「ライエル様――いえ、陛下。そろそろお時間です」

 俺は軽く深呼吸をすると、意識を切り替える。

「分かった。広間へ行く」

 マクシムさんもダミアンも立ち上がると、エアハルトが「雰囲気変わりすぎだろうが」などと文句を言いながらついてきた。五人でそのまま広間の裏へと回ると、護衛をしていたラウノさんが立っていた。

「準備は出来ております、陛下」

 無精髭でもなければ、今日は服装も整っている。そんな家臣の言葉に頷くと、俺は広間を目指す。





 整列した各国の代表や、組織の代表者たちを見下ろす位置。

 広間の奥には高い場所が用意され、階段があった。その上には玉座が置かれている。威厳を見せるために豪華な作りをしていた。

 俺が登場すると、控えていた楽団が演奏を開始した。厳かな雰囲気の中で、全員が頭を下げると俺は玉座に座るために階段を上る。

 一歩。一歩――そして、その玉座を登る階段には、赤い絨毯が敷かれていた。

 積み上げられた屍の上にある玉座が見えた。

 赤い絨毯は血に見える。

 そんな場所に登る俺は、きっと大悪党なのだろう。世間から見れば、セレスを利用して俺がバンセイム王国を追い落としたように見られてもおかしくない。

 同じウォルト家の人間が起こした不始末を、ウォルト家出身の俺が収めたに過ぎない。

 本来なら、英雄らしく全てが終わった後に去って行くのが恰好いいのかも知れない。

 でも、ソレは出来なかった。

 約束もあった。

 そして、殺してきた責任から逃げることも出来ない。

 一杯殺して、ここまで上り詰めたのだ。

 最低限の責任というものもある。

 登り切り、椅子が見えた。玉座だ。そこまで歩き、座るために振り返ると全員を見下ろす形になっていた。

 きっと、これからの人生全てを統治に捧げるのだろう。自分でも、よくこんな決断をしたと思う。

 重責に押しつぶされそうだったが、どこかで歴代当主たちが見ている気がした。そうなると、恥ずかしい真似は出来ない。

 着席して全員に顔を上げるように言うと、俺は正式に帝位に就くことを宣言。同時に、大陸の統一を宣言した。ほとんどの国が帝国の支配下に入る事を認めている。それに、疲弊したのは大陸全体だ。

 特にバンセイム王国――大陸中央部の疲弊は大きいが、それでも帝国は戦争で武力を示した。

 しばらくは大丈夫だろう。後は、内政や外交で頑張るしかない。まぁ、戦争をするよりもいいだろう。

 今でも時折、神の英雄が出てこないものかと思う。そうすれば、俺は自分がなんとかしようとは思わなかった。それに、誰もいなかった。動こうとする人間がいなかった。

 いてもセレスに対抗できたかどうか……。

 だから俺がやると決めた。

 式典が進む中、俺は理想の皇帝を演じる。思い出すのは歴代当主たちだ。

 初代なら皇帝と聞いても「ふ~ん」という態度を取りそうだ。

 二代目もちょっと困った顔をするかも知れない。

 三代目は、自分の子孫が皇帝というのを面白がるだろう。

 四代目なら統治方法やお金のことに五月蝿そうだ。

 五代目は……あまり語らないが「無理はするな」くらい言ってくれそうだ。

 六代目はそうだな。きっと、嫁の多さを心配してくれるはずだ。

 七代目は、嬉しがって泣くかも知れない。

 八代目は――父は、俺にどんな言葉をかけてくれるのか? 十歳以前の記憶が少なく、そしてそれ以降の記憶は冷たい態度を取る姿しかない。最後に謝罪してくれたが、なんというのか分からなかった。

 濃い。とても濃い二年間だったと思う。家を追い出され、冒険者になった。目標もなくただ冒険者になり、アリアに出会ってミランダたちとも……。

 セレスに再会したのが、本当の始まりだったのかも知れない。雪の降るセントラルで敗北し、狂気に染まる都を支配するセレスを見た時から――俺は、本当に目的を持ったのだ。

 だから、こうしてここにいる。

 こんな場所でふんぞり返っている。

 ミレイアさんの言うとおりだ。屍の山を積み上げ、玉座に座っていた。

 式典が進み、俺への忠誠を口にする各国の代表たち。

「我ら帝国の支配下に入り、皇帝陛下への忠誠を誓います」

 代表者の言葉に全員が跪く。

 この中で、何人が腹の中で俺の首を狙っているのかと思うとゾクゾクするな。いずれは衰退すると分かっていても、それがいつまで続くのか考えてしまう。たった数年で疲弊した大陸。

 少しくらい平和が続いても良いだろう。

 残りの人生全てを捧げる。対価としては少ないかも知れないが、一時だけでも。

「その忠誠嬉しく思う。皆の良き君主となるよう、若輩の身ではあるが励もうと思う。これからも俺と帝国を支えて欲しい」

 そんな事、思ってもいない――というのは流石に嘘だが、せめてお前らもっと頑張れよ、とは言っても良いだろう。

 何しろ、死んだ魚の目をしていたような俺が、大陸の統一を決意するほどに追い込まれていたのだから。もっと周りが頑張っていれば、俺なんか一人の兵士や冒険者として協力できたのだ。

 まぁ、今更遅いのだろうが。

 いつかきっとこの地位を次の世代に渡す。そして色んな物を押しつけることになるのだ。そう思うと申し訳なく思う。せめて、俺に出来ることは片付けておかないといけない。

 俺もいつか、みんなのように何かを託す事が出来るのか不安もあるが。

 それでも、一歩ずつ前に進もう。

 歩いて、歩いて、立ち止まる時には、次の世代――誰かの背中を押してやれるような。そんな存在になりたい。



 あの七人のように。

 俺を支え、導いてくれた歴代当主たちのように。





 ――三百年もの間、分割されていた大陸を再統一した帝国の誕生。

 長きにわたる統治で全盛期を迎えたのは建国から百年を過ぎた辺りだ。そこから時代の変化や数々の騒乱を経験し、五百年は大陸を統治していた。

 しかし、栄枯衰退の流れからは逃れられず、時代の流れもあって帝国は崩壊する。その後、戦国時代の到来が訪れるのだが、大陸が再び再統一されるまでかなりの時間を有するのだった――。



 ――教室の黒板には、帝国時代の大陸の歴史が書かれていた。

 そんな教室で授業を受けている少年の首には、銀色のペンダントが下がっている。青い玉が埋め込まれており、随分と古いものだ。

 教卓の前で、黒板を拳で軽く叩く教師は言う。

「まぁ、この辺の歴史は、次に来る戦国時代の前座みたいなものだ。ここからの歴史の方が人気はあるからな。だが、この時代の帝国を知っておくと面白いぞ。ぶつかり合った英雄が、実は初代皇帝の子孫同士だった、なんてのもある。ただ、自らの正当性を示すために、初代皇帝の子孫だと名乗った奴も多い。ウォルト性が多いのはこのせいだ。この教室にもいるだろ」

 少年にクラスの視線が集まると、クスクスと笑われていた。少年は気が弱いために俯いてしまう。

 すると、歴史の教師は自慢気に語り始める。歴史が好きなのか、独自で調べており自分なりの考えを持っている様子だった。

「ただ、この初代皇帝が神帝と名乗り実に胡散臭い。しかも、だ。大陸支配の切っ掛けになった国には、実は初代皇帝の妹が嫁いでいたんだ。ウォルト家のマッチポンプだと先生は考えている。何しろ、調べると非常に胡散臭いからね。家を追い出されて、今で言うハンターの真似事をしているからな」

 ペラペラとしゃべり出す教師は、自慢気に話しているだけあり色々と調べている様子だ。初代皇帝は女癖が悪い、しかも支援をされた商業都市の救出に間に合わなかった。

 他にも色々と知識を披露し、独自の解釈を述べていく。そして、結論として、などと前置きをしてから。

「初代皇帝は神帝などではなく、ただのヒモ体質だな。調べれば調べる程に嘘くさいんだ。映画とかドラマで人気のシャノンがいるだろ? ドロドロした後宮での生活の原因も初代皇帝だし、先生は最低な奴だと思うね。同じ時代に活躍した自由騎士エアハルトの方がまだ英雄だよ」

 笑顔で言う教師。すると、ウォルト性である少年に視線が集まり柄の悪い生徒たちが指を指して笑っていた。

 授業の終了を知らせる鐘の音がなると、教師は時計を見て道具を整理し始めた。

「黒板は消しておけよ。さて、日直」

 日直である生徒が「起立、礼」というと、全員が立ち上がって頭を下げる。教師が教室から出て行くと、少年は椅子に座った。

 今の授業が最後の授業だったので、担任が来るまでに机の教科書やノートを鞄に詰め込んでいた。

 すると、柄の悪い数人が少年のところに来た。

「おい、お前の家って最低だな」

「最低! 最低!」

 そう言ってからかわれるが、少年は黙って俯いていた。担任が来るまで耐えて、そして放課後になると急いで学校から逃げるように出て行く。

 学校にいたくなかった。何故なら……。

 誰もいないのを確認して、少年が言うのだ。

「あの、余り騒がないでください。最近疲れが酷くて……」

 すると、ライエルの声が宝玉から――輝きを取り戻した宝玉から聞こえるのだった。

『あの教師、ぶっ飛ばしてやる! 何が最低だ! 何がヒモ体質だ! 後宮がドロドロしたのは俺のせいじゃねぇ!』

 すると、粗暴な声が聞こえてきた。初代だ。

『ふ~ん、皇帝も大変だな。しかし、九代目が皇帝ね。あんま実感わかないな』

 記録がリセットされ、ライエルとの記憶がない一同。ただ、少年からすれば八人が騒いでいると魔力が減って大変だ。

「あの、静かに……」

 二代目の声が聞こえてくる。

『それにしても、あの教師は許せないな。俺たちの直系の子孫にあんな事を……あれ、嫌がらせだよな』

 三代目は笑いながら発言するが、怒っているようだ。発言が怖い。

『やっちゃう? なんか殺人が罪で重く罰せられるけど、社会的には簡単に潰せそうだよね。二度と立ち上がれなくしようよ』

 四代目は嫌そうにしている。仕返しをするのが嫌なのではない。

『そんな事をすればこちらもリスクがありますからね。こういう場合、匿名で学校ですか? その管理している組織に報告しましょう。……証拠付きでね』

 五代目は口数が少ないが。

『……あの悪そうなガキ共にどっちが上かハッキリさせようぜ。あの手のガキが一番嫌いなんだよ。まずはあいつらの家庭から調べ上げるぞ』

 六代目が笑っていた。少年はか細い声で。

「し、静かに……」

『フハハハ、ちょっとスキルで強化して、拳で語らえばすぐに理解します。というわけで、喧嘩の仕方を教えてやる。まずは目を狙え!』

 七代目は呆れたような声を出す。

『そんな事をしなくても潰せるでしょうに。まぁ、あの教師が気に入らないのは事実ですね。ウォルト家を馬鹿にした事を泣いて後悔させてやりましょう!』

 ライエルは祖父である七代目の言葉に同意する。

『あの程度のガキにいいように言われたままで終われるか! 俺は……俺は悪くないのに! 煽ってやる。フィデルのように煽り続けてやるから覚えてやがれ! ……まぁ、やり返すのはお前だけどな。頑張れ。俺たちは協力を惜しまないぞ。まぁ、協力しても口を出すか、スキルの使い方を教えるだけだが』

 少年に頑張って仕返しをするように言う歴代の当主たち。そんな歴代当主たちが記録された宝玉を受け継いだ少年は項垂れる。

 少年はトボトボと歩きながら呟くのだ。青い宝石を受け継いだその日から、聞こえるようになった声。

 それがまさか、自分の先祖だとは思いもしなかった。

「もうヤダよ、このご先祖様たち。モニカさん、僕どうしたらいいの?」

 家の使用人であるモニカの名前を呟く少年は、涙目だった。

 宝玉内から楽しそうな笑い声が聞こえ、少年は教師や同級生たちに同情するのだった。

『楽しくなって参りましたぁぁぁ!!』

 少年にしか聞こえない声たちは、今日も楽しそうだった――。
オクトー(;・∀・)「……」
オクトー(・∀・;)「……え!?」
オクトー( ・∀・;)「……まさかのガンスルーだと」

オクトー(;・∀・)「書籍版で登場する事を信じて宣伝しよう。セブンスはヒーロー文庫様より2015年12月28日に第一巻が発売だ。……わ、私の出番はあるのだろうか?」











ヒヨコ様ヽ(´ー`)ノ「おしまい♪ 書籍版と、外伝や幕間もよろしくね」

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全221部分)
  • 15299 user
  • 最終掲載日:2017/11/30 20:07
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 17374 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた

 ◆書籍⑧巻まで、漫画版連載中です◆ ニートの山野マサル(23)は、ハロワに行って面白そうな求人を見つける。【剣と魔法のファンタジー世界でテストプレイ。長期間、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 13403 user
  • 最終掲載日:2017/12/11 21:00
聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全362部分)
  • 14997 user
  • 最終掲載日:2017/09/06 20:00
LV999の村人

 この世界には、レベルという概念が存在する。  モンスター討伐を生業としている者達以外、そのほとんどがLV1から5の間程度でしかない。  また、誰もがモンス//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全346部分)
  • 13376 user
  • 最終掲載日:2017/12/16 17:14
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全134部分)
  • 13842 user
  • 最終掲載日:2017/12/17 22:54
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全394部分)
  • 16953 user
  • 最終掲載日:2017/12/12 22:09
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全177部分)
  • 14470 user
  • 最終掲載日:2017/11/29 00:00
蘇りの魔王

勇者に討たれ、その命を失ったはずの魔王ルルスリア=ノルド。 彼にはやり残したこと、解決できなかった問題がいくつもあったが、悪は滅びると言うお題目に従い、消滅した//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全272部分)
  • 13961 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 18:00
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者多忙につき、当面は三週ごとの更新とさせていただきます。 ※2016年2月27日、本編完結しました。  ゲームをしていたヘタレ男と美少女は、悪質なバグに引//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全226部分)
  • 13747 user
  • 最終掲載日:2017/12/16 07:00
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全142部分)
  • 15242 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 18:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全125部分)
  • 15504 user
  • 最終掲載日:2017/11/28 11:51
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 18708 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全385部分)
  • 14977 user
  • 最終掲載日:2017/12/13 12:00
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全854部分)
  • 16230 user
  • 最終掲載日:2017/12/12 10:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 16075 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 19996 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

◆カドカワBOOKSより、書籍版11巻、コミカライズ版5巻発売中! アニメ放送は2018年1月予定です。 ※書籍版とWEB版は順番や内容が異なる箇所があります。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全558部分)
  • 18805 user
  • 最終掲載日:2017/12/17 18:00
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1584部分)
  • 15446 user
  • 最終掲載日:2017/12/18 18:00
境界迷宮と異界の魔術師

 主人公テオドールが異母兄弟によって水路に突き落されて目を覚ました時、唐突に前世の記憶が蘇る。しかしその前世の記憶とは日本人、霧島景久の物であり、しかも「テオド//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1326部分)
  • 14864 user
  • 最終掲載日:2017/12/19 00:00
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全130部分)
  • 13984 user
  • 最終掲載日:2017/12/05 08:14
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 21178 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全532部分)
  • 16575 user
  • 最終掲載日:2017/12/17 23:39
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全157部分)
  • 13770 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:38
黒の召喚士 ~戦闘狂の成り上がり~

 記憶を無くした主人公が召喚術を駆使し、成り上がっていく異世界転生物語。主人公は名前をケルヴィンと変えて転生し、コツコツとレベルを上げ、スキルを会得し配下を増や//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全486部分)
  • 13344 user
  • 最終掲載日:2017/12/17 18:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全293部分)
  • 20002 user
  • 最終掲載日:2017/12/16 18:00
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】※書籍化しました!10/25、オーバーラップ文庫様より最終巻となる⑤巻が発売されます!詳細は活動報告にて!  北条雄二、30才、無職、引きこもり//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部分)
  • 13986 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全823部分)
  • 15663 user
  • 最終掲載日:2017/12/14 00:00
↑ページトップへ