挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
セブンス 作者:わい/三嶋 与夢

初代様は蛮族

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

10/345

冒険者は冒険してはいけない

 冒険者は冒険しない。

 この言葉は、間違っているようだが正しいとも言える。

 実際、命の危険のある仕事では、危険を少なくする事が重要だ。

 一か八かの賭など、命を賭ける職業の人間には御法度である。

 そんな俺の冒険者としてのスタートは、実に堅実だ。

 堅実すぎて、俺も嫌になってきた。

「お、終わりました」

 一週間だ。冒険者になり、ゼルフィーさんに指導をして貰うようになって一週間。

 俺は、未だにダリオンの街で雑用をしていた。

 ノウェムは、見ていると心配して作業を手伝おうとするので、ゼルフィーさんに頼んで他の仕事を任せて貰っている。

 女性でもできる、代筆などの仕事だ。

 ノウェムは男爵家の出身だ。教育だって厳しかったためか、読み書きに関しても問題ない。

 計算だって出来るし、書類にも慣れたものだ。

 俺が外で仕事をしている時は、ギルドで代筆の依頼を受けて貰っている。

 対して、今日の俺は街を囲む壁の修繕である。

 石で出来たブロックを、魔法を使わずに運ぶのである。

 魔法でやれば楽はできるが、宝玉を持っている時点で、魔力の消費に制限がかかっている。

(しかも、魔法で作業を進めるのは、駄目だと言ってくるし……まぁ、理由は分かるんだけど)

 ご先祖様一同が、魔法による作業の効率化を禁止したのだ。俺の体力作り以上に、これには理由がある。

 もっとも、今の俺には関係ない理由でもある。

「うん、まずまずかな? これなら評価はB以上は確実だね」

「はぁ、はぁ、そうですか」

 肉体労働をしている俺は、この一週間で仕事をしながらトレーニング、を実践させられていた。

 未だにゼルフィーさんの評価は、最初の溝掃除でへばっていた事もあり低い。

 だが、この一週間で、街の中で仕事を受けるという意味を学んだ気はした。

「少し早いけど、明日は休みにしよう。外に出て魔物退治をして貰うからね」

「や、やっとですか」

 疲れている俺だったが、それを聞いて安心した。いつまでも、このような仕事をしていては、初代に何を言われるのか分からない。

 それに、六代目や七代目の不満も溜まってきている。

「教えたとおりの準備はしてきているね? まだなら明日は準備を整えて、体を休めておくんだよ。あと、軽く体は動かしておくように」

「分かりました」

「素直な子は楽でいいね。得物はライエルがサーベルで、ノウェムが杖だったわね?」

 ゼルフィーさんの確認に、俺は頷く。

 すると、ゼルフィーさんはあごに手を当てて考え込み、それから何度か頷いた。

「ライエル、あんたは予備の武器を持ちな。同じサーベルでも良いけど、短剣とかでもいいよ。できれば得物を変えて欲しいけど、そこまで強要はできないからね」

 俺の使用しているサーベルという武器は、突く事も斬る事もできる。

 反面、刃が薄いので曲がりやすく折れやすいという短所もあった。

 普通の剣ならば、刃が潰れても鈍器に出来る。むしろ、鈍器として使う事も多い。

 リーチも短く、武器としてみれば槍などの方が優秀である。

「槍とかですか? 一応は使えますけど」

「それよりも盾を持って欲しいけどね。私も危ないと判断したら手を貸すけど、基本的には二人で周辺の雑魚を倒して貰うよ」

 街の周辺などは、冒険者もいるので比較的安全だ。兵士もおり、危険な魔物が出れば討伐に向かう。

 騎士団が出る場合もある。

 そのため、街などの周辺では雑魚が多く、強力な魔物が少ないという特徴があった。まったくいない、とは言わないが。

「盾ですか……使えますけど、持っていませんね。安い奴を買います?」

「こだわりとかない訳? それに、予備の装備を買うのは良いけど、得物が違う場合はよく考えなよ。無理して高い物を買う必要はないし、状況によってはまったく使えない時だってあるんだからね」

 多くの武器を使い、状況に合わせて戦う冒険者も多い。

 むしろ、主流とはいかないまでも、そちらが好まれる傾向だ。

 だが、使用する武器を絞り、技を磨く方が一流への近道だとも言われている。

 本人次第という事だ。

「……しばらくはサーベルで、予備で短剣とバックラーを持ちましょうか?」

 そう言うと、宝玉から声が聞こえる。

 二代目だ。

『ライエル、状況に合わせた装備を選びなよ』

 しかし、三代目が反論する。

『予備はサーベルにするべきだね。そうすれば、潰したときでも換えがあるのは楽でいいよ』

 最後に初代が――。

『別にその辺の雑魚なら素手でいいだろ?』

(せめて意見は統一してくれよ……)

 そう思った俺は、きっと悪くないはずだ。

「装備に関しては任せる。街の周辺だから、そこまでこだわる必要がないからね。初めてなら、慣れた装備で挑む方が良いかもね」

 その後、作業を確認に来た現場監督に確認を貰い、評価を記入した書類を貰って俺とゼルフィーさんはギルドに戻るのだった。

 作業後で汗だくだが、血まみれではないので風呂には行かなくてもいいとゼルフィーさんに言われる。

「早く彼女を迎えに行ってやりな」

「うっ……はい」





 ギルドの二階に向かった俺とゼルフィーさんは、ホーキンスさんに書類を渡した。

 ホーキンスさんのカウンターは、相変わらず空いていてスムーズに受付が出来る。

 対して、美人の受付には長蛇の列が出来ていた。

「相変わらず人気だね? というか、あれはあれで問題じゃないの、旦那?」

 ゼルフィーさんの問いに、ホーキンスさんは書類を確認しながら答える。

 本人も思うところはあるようだが、どうにもならないらしい。

「以前、一度だけ受付から外れて貰ったのですが、その時は彼女を希望する冒険者が多かったので、戻って貰いました」

 やはり、ダリオンの冒険者ギルドでは人気があるようだ。

「仕事が出来ないから、表に出したんじゃないの? あの子の親がギルド職員の幹部だって聞いたんだけど?」

「答えられませんね」

 ゼルフィーさんの質問を交わしつつ、ホーキンスさんに俺は報酬を貰った。

 差し出した書類には、今回の仕事に対する評価などが記載されている。

 現場監督は、俺の仕事ぶりに『良かった』という評価の『B』をつけてくれた。ゼルフィーさんの言うとおりだ。

 もっとも、評価『A』を付ける場合には、依頼者から追加報酬を出さないといけない。そのため、評価Aは滅多に出ない。

 こうした雑用的な依頼では、最高は『B』である。

「今回で依頼を達成した回数は十二回ですね。どれも『C』か『B』評価ですから、このままの調子で頑張ってください」

 ホーキンスさんに笑顔で言われ、俺は報酬を受け取った。

 大銅貨八枚。

 一日の稼ぎとしては、少ない方だろう。朝から夕方まで頑張って、一般人なら大銅貨十枚以上はあるはずだ。

「ありがとうございます」

 お金を受け取り、俺は財布にしまった。

 ゼルフィーさんは指導員である。そのため、報酬は支払われない。もっとも、前金で金貨四枚を受け取っていた。

 成功して金貨四枚を貰い、俺たちの仕上がり次第で金貨一枚が追加で支払われる。金貨一枚は、ギルドへの紹介料という形だろう。

「そろそろ街の外に出て貰うよ。雑用的な依頼は教えたし、何かあっても食っていけるよ。実際、ライエルもだけど、読み書きに計算は問題ないみたいだし」

 ゼルフィーさんがホーキンスさんに言う。

 ホーキンスさんは、それを聞いて少し残念そうにした。

「意外と早いですね」

「金を貰っているんだ。そろそろ外に出て貰わないと、金額分の仕上がりにならないからね。何かあったのかい?」

「いえ、ノウェムさんは真面目で仕事も早くて丁寧です。裏方で回ってきた代筆を担当しても貰っていますが、評判も良かったので」

 ノウェムの評価は高いようだ。

 元々、字も綺麗でホーキンスさんもそれを覚えていた。だから、代筆の仕事を紹介して貰えたのだ。

 顔を合わせないように仕切られた部屋で、相手の依頼に合わせて手紙などを書く。

 相手に顔を見られないのに、声や対応で評判を得たらしい。

「旦那のお墨付きなら、冒険者じゃなくても職員としてやっていけるね。怪我でもしたら、ギルドに就職でもしたらいいよ」

「ハハハ、こちらとしては嬉しいですが、怪我だけはして欲しくありませんね。ライエル君も、十分に気をつけて」

「あ、はい」

 手続きを終えると、ホーキンスさんがそのまま裏に回ってノウェムを呼んでくれた。しばらくすると、職員の出入り口からノウェムが出てくる。

「ライエル様」

 笑顔で小さく手を振ってくるノウェムに、俺も軽く手を上げて応えた。

『いやぁ~、今日のノウェムちゃんも可愛いね……お世辞くらい言えるようになろうか、ライエル』

(四代目、黙っていてください)

 歩み寄ってきたノウェムに、ゼルフィーさんが明日の予定を伝える。

「ノウェム、明日は体を休めておきな。明後日は街の外に出て魔物退治を経験して貰うよ。準備は出来ているね? ま、出来てなかったらお説教と雑用の仕事をさせるけど」

「はい、ゼルフィーさん」

 明後日の予定を確認し、俺とノウェムはゼルフィーさんと別れる。

 指導員であるゼルフィーさんは、どうやら日誌をギルド側に提出するようだ。指導員の仕事も、色々と面倒そうである。

「帰ろうか」

「そうですね。買い物をして帰りましょうか」

「あ、それなら今日の稼ぎがあるし、俺が出すよ」

「そうですか? 今日はいくら稼がれたんです?」

「大銅貨八枚! ノウェムは?」

「……大銅貨六枚です」

 部屋から出て、階段を降りるまでの少ない会話。

 だが、俺は何も思わなかった。しかし、ご先祖様たちは分かるようで……。

『えぇ子やなぁ……わざと少なく言って、男を立てて。なのに、ライエルはお世辞一つ言えないとか』

 四代目のチラチラが嫌になったので、俺はノウェムを褒める。

「ホーキンスさんが褒めてたぞ。仕事が早くて丁寧だって……その、良かったな」

 精一杯褒めたつもりだが、ご先祖様たちの評価は厳しい。

 初代から順番に――。

『零点』
『十点』
『う~ん、初々しいから三十点で』
『零点』
『え、俺も? ……十五点で』
『皆さん辛口ですね。あ、三十点』
『すまん、ライエル……二十点だ』
(採点なんかしてんじゃねーよ! 俺だって、なんか言っていて微妙だな、って思ったよ!)

 しかし、ノウェムは俺の微妙な褒め方に嬉しそうにしてくれる。

 笑顔で口元を押さえつつ、俺にお礼を言ってくる。

「ありがとうございます。でも、外で頑張っておられるライエル様の方が大変でしょうに」

「え、あの……そ、そうでもないし」

 オロオロとしていると、またも宝玉から「しっかりしろ」と声がかかる。

 二人でそのままギルド横にある銭湯に向かうと、風呂で汗を流してから買い物に向かった。

 ……後日、この日にノウェムが稼いだ金額をホーキンスさんにそれとなく聞いたら、大銅貨九枚であった。





 久しぶりの休日。

 ダリオンに来てからは、雑用ばかりで肉体労働が多くあまり休めなかった。

 ただ、この休日を利用して、俺たち二人にはやるべき事がある。

 それは、不動産屋に行く事だった。

「いかがです? こちらは冒険者の方にも人気のアパートになっております。部屋も三部屋ありますし、何よりも風呂もトイレも完備しております」

 不動産屋の若い店員が、所有している物件を紹介してくれている。

 俺としては、すぐにでも選んでしまいたかった。だが、ノウェムは慎重である。

「お値段はいかほどでしょう?」

「そうですね……入るために銀貨六枚を頂き、その後は大銅貨で月五十枚です。お手頃だと思いますよ?」

「……次の物件を見せて貰えますか?」

(え、まだ見るの?)

 もう四件目だったのだが、ノウェムに付き合い違うアパートにも向かった。立地としては、ギルドに近く便利である。

 ただ、ギルド近くには一般人が住みたがらないという事で、冒険者向けの物件が多いらしい。

 次のアパートは、先程よりも狭かった。だが、格安である。

「こちらは本当にお値打ちです。銀貨一枚、月々大銅貨三十五枚ですよ!」

 店員が薦めてくるので、確かに格安で丁度良さそうな気がした。俺とノウェム二人だけなのだから、狭くても良いかと思う。

 しかし、ノウェムは気に入らないのか部屋を真剣に見ていた。

 宝玉からも声が聞こえる。

『ここは止めておいた方が良いね』

 三代目の声だ。最近、なんだかルールが破られつつある。こちらの事を考えて、できる限り口出ししないで欲しいが、そう言っても五代目以外のほとんどが口を出してくる。

 俺は小声で確認をする。

「どうしてです?」

『なんとなく、だけど嫌な感じだよ。これならまださっきのところがいいかな。というか、壁紙がなんか貼り替えてあるよね……あの部分だけなんか怪しいし』

 三代目の意見は、なんとなく、だった。

「え、あの……ここはちょっと嫌、かな?」

 三代目の意見を信じて、俺は反対する。すると、ノウェムも同意見のようだ。

「そうですね。他の物件を確認させて貰えますか?」

「……分かりました。(はぁ、やっぱり分かるのかな……)」

 店員が小声で何かを言ったのを聞き、俺は何を隠しているのか知りたくなるが、同時に知らなくて良いとも思えた。





 結果的に、アパートには入居しない事にした。

 ノウェムが選び、そしてご先祖様たちの意見を調整した結果、選ばれたのはアパートではなく一軒家である。

 貸家ではあるが、それなりに広い家であった。

 手入れは必要だが、銀貨八枚を頭金として、月々大銅貨六十五枚である。広く、そして手を加えればまだまだ良さそうな家である。

 近隣には家があまりなく、これから増えていきそうな雰囲気も……ない。逆に減っているそうだ。

「期間限定でしたけど、二年もあればそれまでに移動するかも知れませんし、丁度良かったですね、ライエル様」

「う、うん……でも、アパートの方がギルドとの距離も近いし、良かったような気がするけど?」

 持っている荷物など少ないので、引っ越しはすぐにでも終わりそうだ。
業者に掃除を依頼しても良かったが、俺とノウェムは自分の家だから、と掃除を自分たちで始める。

 再開発地域に指定され、二年後には取り壊しが決まっている家だった。

 そのため、周囲にはあまり家がない。

 まったくないとは言わないが、ダリオンの規模からすると少し寂しい住宅街である。再開発後は、ここに何が出来るのだろう?

「ご近所も同じように冒険者の方々のようですよ。やはり、考える事は同じなんですね」

 そう、しかも近所には冒険者が多い。

 期間限定という理由で、物件の割に値段が安かったのだ。

 風呂もトイレもついて、広い家を手に入れたのだ。文句はない。だが、ご先祖様たちがここを選んだ理由は、少し酷かった。

『これならどれだけ騒いでも近所迷惑にならねーからな!』

 これである。

 彼らの中で、ノウェムとの結婚は決定事項だ。つまり、さっさと夫婦の営みをしろ、という意味でここを選んだのだ。

(お前らに監視されている状態でそんな事が出来るかよ!)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ