挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ネトゲの旦那は私のアバターにしか興味がない! 作者:七風纏
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

47/47

47 きっと、これからも…

 あの出来事から、一ヶ月程が経過した。
 季節は春を迎え、新年度が始まり──桜も満開の時期になった。
 歩道に薄桃色の花びらが舞い散り、見慣れた街並みもいつもと違う風景に見え、心が弾む。
 私と遥斗は晴れて現実世界で恋人同士になり、今では順調に交際している。

 そして──今日は学校が始業式だけで終わったので、帰りに遥斗と楓馬の二人と落ち合うことになった。
 ファーストフード店で軽く雑談した後、三人で桜並木を歩いていると……。

「あれから、もう一ヶ月経つのかぁ……。色々あったけど、お前たちが無事にくっついてくれて良かったよ。俺も、応援した甲斐があったな」

 楓馬がしみじみとした様子でそう言った。

「ええ。楓馬くんにも感謝しないといけませんね。……なんていうか、ここまで来るのに、色んな人に応援して貰ったり迷惑をかけてしまったりしたので、本当に申し訳ないと言うか……」
「いや……気にすることないって、夏陽ちゃん! 俺が勝手にやったことなんだからさ! 寧ろ、余計なお世話だったんじゃないかって思ったり──」
「いえいえ! そんなことはないですっ!」
「そうかなぁ? だってさ……遥斗は、知り合った当初から夏陽ちゃんのことが気になってたんだろ? 結局のところ、二次元コンプレックス歴が長すぎた所為で好意に気付けなかったってだけの話だしさ。俺が手伝わなくても、そのうちくっついてたんじゃないかなぁって思うんだよ。……なぁ、そうだろ? 遥斗?」

 楓馬はそう言いながら遥斗の肩を軽く叩いた。

「ま、まあ……そうかも知れないが……」
「私は、そうは思いませんよ? 私たちの性格からして、すれ違ったままお別れすることになっていたかも知れませんし……。やっぱり、皆の応援があったからこその結果かなぁって……」

 実際、そう思う。私たちの不器用な恋愛は、これまで出会った色んな人たちのお陰でゴールに辿り着けたんだよね。
 ……ううん、漸く『スタートを切った』と言った方が正しいのかな。

「そう言ってもらえると嬉しいよ。──しかし、遥斗も大胆だよなぁ。あんなに大勢のプレイヤーがいる前で告白するなんて……。BROの専用スレでは、暫くその話題で持ち切りだったもんな」

 そう言って、楓馬がニヤニヤと遥斗の顔を覗き込む。すると、彼はバツが悪そうに目を逸らした。

「……もう、そのことは思い出させないでくれ」
「今でも、あの時のことを思い出すと顔から火が出そうになります……」

 恥ずかしさのあまり、私と遥斗は同時に俯いた。
 案の定、あの日の出来事は掲示板のBRO専用スレッドで話題に上がってしまったのだが──予想に反して、好意的なレスが多かったのが救いだった。
 寧ろ「よくやった!」とか「潔くて男らしい。あんな風に告白されたら惚れるよな」とか「俺、男だけどルディアスさんになら抱かれてもいいわ」(最後のは、オイちょっと待てと思ったけど)等々……遥斗を称賛するコメントで溢れ返っていたのが意外だ。
 アレクが『婚約者に逃げられた哀れな人』として見られてしまうのではないかと心配だったけど……裏で音田先輩と胡桃が色々動いてくれたらしく、彼に対する誤解も大体は解けたらしい。
 彼は「まあ、僕がルディアスに誤解を招く言動をしてしまったことがそもそもの原因だからな。これくらいの役は買って出ないと」なんて言ってたけど。
 いくらあの場から逃してくれるためとは言え、あんな演技までしてくれなくても良かったのに……と未だに申し訳ない気持ちで一杯だ。
 でも──もしかして、半分本気だったとか……? いやいや、それはないよね。だって、彼にとって私は妹的なポジションのはずだし……。それに、彼は今あの人と…………。

「あれ? あの二人って……」

 楓馬が何かに気付いた様子でそう呟いた。私もそれにつられて顔を上げると、前方から透夜とリノ(の中の人)が一緒に歩いてくるのが見えた。
 ちょうど透夜のことを考えていたところだけど……まさか、本人と遭遇することになるとは……。

 何で二人がリアルで一緒に歩いているのかというと──まあ、あの後二人も色々あったらしい。
 それで、何だかんだで付き合うことになったのだとか。リノ曰く、付き合った理由は「何となく放っておけないから」らしい。
 でも、その気持ちはわかるかも……彼はリアルラックが絶望的に低いからね。
 実は、私も以前からこの二人はお似合いだと思っていた。これで、ネカマに騙され続けていた透夜も、漸く収まるところに収まったのかな……?
 リノは彼の弟(歩)との関係も良好みたいだし、このまま透夜と結婚したら良い奥さんになりそう。
 ちなみに、リアルの彼女も結構な美人で、ゲーム内のアバターに近い外見をしている。リアルの自分の容姿をそのままアバター化することも可能だから、そうしたのかも知れない。
 キャラ名は本名だったらしく、実際は『理乃』と書くらしい。「名前を決めるのが面倒だから、もう本名でいっちゃえ」という単純明快な理由でそうなったらしいけど……意外とそういう人っているんだなぁ。

「透夜さんと理乃さんじゃないですか。もしかして、デートですか?」
「あら、夏陽さんたちじゃない! こんにちは! ええ。まあ、そんなところよ」

 理乃はそう言いながら、透夜の腕に抱きついた。……なんか、彼女の方がベタ惚れに見えるな。今まで、ゲーム内で透夜のことは割とぞんざいな扱いだっただけに、そのギャップに驚いていたりする。

「それにしても──これだけの人数がリアルで一堂に会するなんて、すごい偶然ですね。オフ会でもないのに……」
「ええ、そうね。それに……私もまさか、リアルで貴方たちと繋がりが出来るなんて思ってなかったわ」
「そう考えると、不思議な縁ですね!」
「俺はいっその事、オフ会をやるのもいいと思うけどなぁ? どうだろ? 今度、うちのギルメンで来れそうな人を誘ってさ!」
「楓馬くん、いい案ね!」
「おい、勝手に話を進めてるが……誰が幹事をやるんだ? もしかして、俺に丸投げか?」

 遥斗、理乃、楓馬の三人が立ち話を始めたので、少し離れた所でその様子を眺めていると、横から透夜が肩を叩いて話し掛けてきた。

「やあ、夏陽。遥斗とは上手くいってるか?」
「ええ、お陰様で……。溺愛されすぎて困っているくらいです」
「あはは、彼らしいな。元々、二次元に対しても溺愛するタイプだったから、三次元の恋人が出来たらそうなるだろうな……と思っていたけど。まさか、そこまでとはね」
「ええ……それはもう……毎日、愛を囁きながらゲーム内でもリアルでも私にベッタリで……まあ、嬉しいからいいんですけどね」
「そうか。幸せそうで何よりだ」
「……はい。最高に幸せです」
「初恋の子が幸せになってくれること程、嬉しいことはないな──さて、そろそろ理乃を連れて行くことにするよ」
「はい…………って、えっ!?」

 さらっとすごいことを言って退けた透夜は、私が驚きのあまり固まっているのも気に留めず理乃の元に歩いて行った。
 なんだろう……お互い、今の恋人を一番愛しているのは変わらないんだけども。なんとも微妙な切なさが残るなぁ。
 ……まあ、『初恋の相手』って大体そんなものだよね。

 透夜と理乃が手を振りながら去っていくのを見送った私たち三人は、再び並んで桜並木を歩く。

「──それじゃあ、俺はこの辺で帰るよ。二人の邪魔をしちゃ悪いしな!」

 楓馬は私たちに背を向けると、こちらを振り返りながらそう言った。

「帰るのか。わかった、また明日学校で……いや、ゲーム内で会うか」
「ああ。久々に、この三人で狩りにでも行くか? ……あ、デートはゆっくりしてきて構わないからな?」
「そうだな。そうさせてもらう」

 遥斗はそう言うと、私の手に指を絡めてきた。
 駅の方向に歩いていく楓馬を見送ると、私たちは手を繋ぎながら歩き出した。

「そう言えば……昨日、またギルドの子に告白されてましたよね? 私、偶然見ちゃったんですけど……」
「ちゃんと断ったに決まってるだろ……? 大体、もうロールプレイはやめたのに……何で未だに言い寄ってくるギルメンがいるんだろうな」

 私が少し拗ねてみせると、遥斗は焦った様子でそう言った。
 遥斗が私に告白した日──多くのギルメンに彼の本性がばれてしまったのだが、それを切っ掛けにロールプレイをするのはやめたらしい。

「それは……ロールプレイなんかしなくても、遥斗くんが十分魅力的だからだと思いますよ?」
「そう思うか?」
「はい。そうじゃなきゃ、私は貴方のことを好きになってませんよ!」

 隣を歩く彼の方を向いて、少し強めにそう言うと……彼は歩みを止め、俯いた。

「……あれ? どうしたんで────」

 不思議に思ってそう言いかけた瞬間、遥斗は正面に回り私の背中に腕を回した。そして、そのまま自分の胸に抱き寄せると、強引に唇を重ねる。

「…………っいきなり、こんな場所でするなんて! もし、誰かに見られてたら恥ずかしいじゃないですか!」
「今、すごく可愛いと思って……愛おしくなったんだ。だから、したくなっても仕方ないだろ……?」
「うぅ……」

 告白された翌日に会った時は、キスをするのも躊躇っていて中々出来なかったくらいなのに。
 今では、すっかり主導権を握られている。一時期、せっかく立場が逆転していたのに、また出会った頃のように強気な彼に戻ってしまった。悔しい。

「昨夜は俺の耳元で、あんなに可愛く『遥斗くん、大好き』と何回も言ってくれたのにな。……ベッドの上で」
「ちょ……それ、ゲーム内の話でしょう!? リアルでは、まだ……」

 あの日以来──仮想世界ではアバター同士、何度も身体を重ねて彼と結ばれているのだが……現実世界ではまだなのである。
 彼は私のことを優先して考えてくれているので、いざとなると勇気が出ない私を待ってくれているのだけども。ヘタレなのは寧ろこっちだったな……。
 でも……自分を大事にしてくれている気持ちが伝わってくるから、やっぱり嬉しい。

「まあ、リアルではそのうち……な?」
「…………もうっ……」

 恐らく耳まで真っ赤になって赤面しているであろう私に、彼は悪戯っぽい笑みを向ける。
 ……やっぱり、この人には敵わないな。
 ゲーム内でも、私はまだまだ彼に追いついていないけど……初心者だった頃よりは、迷惑をかけずに済むようになった。
 いつか、もっと強くなった時……私はどんな『相方』になっているんだろう?
 その時が楽しみでもある。

「それで……今日は、これからどこに行きますか?」
「どこでもいいぞ。俺は、夏陽と一緒に居れたらそれで幸せだからな」
「ふふ、ありがとうございます!」
「あぁ、でも……今日は気になっていた新作アニメが始まる日だから、帰りが遅くならない場所で──」
「私というものがありながら、まだ二次元にうつつを抜かしているんですか!?」
「ヒロインが可愛かったんだ! 仕方ないだろ!? 今期アニメでお気に入りの嫁キャラになりそうなんだ!」
「ちょっと!? 一応、私の彼氏なんですよっ!? 少しは自覚を……」

 うぅ……頭が痛い。私と恋人関係になったからと言って、彼の二次元趣味がなくなったわけでもなく……やっぱり、そういう部分は変わらないみたいだ。

「────心配しなくても、俺の一番の『嫁』は夏陽だからな?」

 少し不機嫌になった私に、遥斗は優しげな微笑みを向けながらそう言った。
 不意に、ふわりと柔らかい風が吹き、桜の花びらが私たちの周りに舞い散る。その薄桃色の花びらは、さらさらと揺れている遥斗の亜麻色の髪を掠め、彼の魅力を一層引き立てた。私は、思わずその光景に見惚れてしまう。
 そして、彼の言葉を聞いて胸が高鳴った所為もあり、ドキドキしながらその場に立ち止まった。

「なっ……」
「それに、三次元で愛してるのは夏陽だけだって何度も言っただろ?」
「そ、それはそうですけど…………」

 なんか釈然としないけど……まあ、いいか。
 だって、彼から二次元趣味がなくなったら……彼じゃなくなっちゃうもんね。
 私は、彼のそういうところも含めて好きになったんだし。

 きっと、これからも──私たちは、こんな調子で日々を過ごしていくんだろうな。
 まあ、それが一番私たちらしいかな……なんて思うけど。

「何してるんだ? ほら、行くぞ」

 先に歩き出していた遥斗はこちらを振り返ると、立ち止まっている私に手を差し伸べた。

「…………はい!」

 私は遥斗に微笑みを返すと、彼の元に駆け寄り手を繋いだ。
 これから先……どんなことがあっても、私はこの手を離さないだろう。
 それだけ『大切』だと思える人に出会えたことは奇跡だと思うし、本当に幸せなことだと思う。


 ──私と彼を巡り会わせてくれた『VRMMO』の世界に感謝しないとね。


 これにて『ネトゲの旦那は私のアバターにしか興味がない!』は終幕です。
 書き始めた当初はもっと短い話を想定していたのですが、何だか想像以上に長い物語になってしまいました。
 拙い部分も多々ありましたが、とりあえず『完結させる』ということが目標だったので最後まで完走できて良かったです。

 この話のヒーローはたぶん万人受けはしないでしょうし、好みが分かれると思いますが……これは、そんなルディアス(遥斗)の成長物語でもあります。
 重度の二次元コンプレックスである彼の心境の変化などを描写するのは結構難しかったのですが、自分なりに満足のいくものが書けたと思います。

 面倒くさくて不器用なヒーローではありますが、基本はヒロイン(夏陽)一筋なので、この後は彼女の幸せを一番に考えて生きていくことでしょう。
 相性はいいと思うので、この先いろいろありつつも二人は仲良くやっていくと思います。

 それでは……最後までお読み頂きありがとうございました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

婚約者が悪役で困ってます

乙女ゲームの世界に転生したらモブだったリジーア。前世の分も親孝行して幸せになろうと決意するが、王子ルートで最終的な悪役として登場するベルンハルトと婚約することに//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全57部分)
  • 89 user
  • 最終掲載日:2017/12/15 21:00
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全118部分)
  • 83 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 00:00
そして少女は悪女の体を手に入れる

生まれつき体が弱かった私。17歳の人生が幕を閉じようとした時、笑顔がとっても可愛い天使さんが現れて、私に別の人の体をくれた。 どうやらその人は、自分で自分の人生//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全77部分)
  • 82 user
  • 最終掲載日:2017/11/29 07:00
お前みたいなヒロインがいてたまるか!

アラサーOLだった前世の記憶を持って生まれた椿は4歳の時、同じく前世の記憶持ちだと思われる異母妹の言葉でこの世界が乙女ゲームの世界だと言う事を思い出す。ゲームで//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全180部分)
  • 81 user
  • 最終掲載日:2017/12/30 00:00
今度は絶対邪魔しませんっ!【連載版】

異母妹への嫉妬に狂い罪を犯した令嬢ヴィオレットは、牢の中でその罪を心から悔いていた。しかし気が付くと、自らが狂った日──妹と出会ったその日へと時が巻き戻っていた//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全26部分)
  • 93 user
  • 最終掲載日:2018/02/22 12:00
転生先が少女漫画の白豚令嬢だった

 私の前世の記憶が蘇ったのは、祖父経由で婚約破棄を言い渡された瞬間だった。同時に、ここが前世で好きだった少女漫画の世界だと思い出す。漫画の主人公に意地悪の限りを//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全119部分)
  • 87 user
  • 最終掲載日:2018/01/27 19:05
王太子は、前世で私を振った恋人でした

前世で恋人に捨てられた記憶を持つリズは、今世は自由に生きてやると決めていた。 不思議な力を見いだされ聖女候補として王宮におもむくも、そこで出会った王太子は、前世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全41部分)
  • 95 user
  • 最終掲載日:2018/01/23 20:00
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる

大学へ向かう途中、突然地面が光り中学の同級生と共に異世界へ召喚されてしまった瑠璃。 国に繁栄をもたらす巫女姫を召喚したつもりが、巻き込まれたそうな。 幸い衣食住//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全94部分)
  • 82 user
  • 最終掲載日:2017/12/04 21:54
悪役令嬢は旦那様を痩せさせたい

第二王子の婚約者争奪戦に敗れた伯爵令嬢カミラ。王子は男爵令嬢を婚約者に選び、世間は二人の恋を運命と祝福した。その一方で、カミラは恋の悪役に仕立て上げられた挙句、//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全128部分)
  • 92 user
  • 最終掲載日:2018/02/14 00:14
妹ですみません

腐女子と相反する者、それはリア充。 これは美形の義兄と暮らすことになったオタクな妹の孤軍奮闘物語である。 ※KADOKAWAビーズログ文庫アリス様より『腐女子//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部分)
  • 107 user
  • 最終掲載日:2018/02/11 23:53
御曹司×妹ばかり可愛がられたせいでコンプレックス持ち少女

露木朱音は自尊心が低めな高校生だ。それは両親が妹・琴音ばかり可愛がってきた事や、妹の自分に対する態度が原因。琴音は幼い頃からずっと朱音が大切にしているものばかり//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全89部分)
  • 87 user
  • 最終掲載日:2018/02/16 22:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 105 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全61部分)
  • 106 user
  • 最終掲載日:2018/02/10 18:00
幼馴染みで悪魔な騎士は、私のことが大嫌い

「俺はあんな女、好きじゃない。むしろ嫌いだ。大嫌いだ」――――大好きな幼馴染・レイスのそんな発言を偶々聞いてしまったスーリアの初恋は、木端微塵に砕け散った。泣き//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部分)
  • 86 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 21:13
もう、いいでしょう。

 周囲から虐げられてきた皇女が、幼馴染であり、婚約者でもある騎士に『惚れた女に子供が出来たから、お前から婚約破棄を申し出てくれ!』と暴言を吐かれて、国を捨てる覚//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全19部分)
  • 80 user
  • 最終掲載日:2018/02/16 23:00
異世界出戻り奮闘記

 かつて私は異世界に召喚されたことがある。異界からの巫女として一年余りを過ごした私は、役目を果たし、元の世界へ帰ることとなった。そして護衛騎士に秘めた思いを告白//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全78部分)
  • 85 user
  • 最終掲載日:2016/01/03 18:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全266部分)
  • 80 user
  • 最終掲載日:2018/02/20 00:00
指輪の選んだ婚約者

見た目と中身の一致しない美貌の騎士様と、刺繍に没頭していたい淡々としたお嬢様の、のんびりほのぼのした契約的婚約ライフのお話。 ※本編完結。 ※一迅社文庫アイリス//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全57部分)
  • 94 user
  • 最終掲載日:2018/01/10 09:23
乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。

気が付けばそこは、乙女ゲームの世界でした。ハッピーでもバッドでもエンディングは破滅までまっしぐら、家柄容姿は最高なのに性格最悪の悪役令嬢『マリアベル・テンペスト//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全95部分)
  • 97 user
  • 最終掲載日:2018/02/15 11:04
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部分)
  • 94 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 08:55
モテる幼馴染みをもった私の苦労

小学校でいじめにあった。多分。 相手は自分こそがいじめられたと、まわりを味方につけて私を孤立させた。 やたら大人びた私は相手にせず戦線離脱。バカに構う暇があるな//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全51部分)
  • 97 user
  • 最終掲載日:2018/02/14 12:44
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 99 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてしまう。王子に恋する令嬢になれば暗い未来が//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全83部分)
  • 89 user
  • 最終掲載日:2018/01/05 00:00
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 92 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
悪役令嬢の取り巻きやめようと思います

気付いたら、悪役令嬢の、取り巻きBでした! あれ?これって娘が前にやってたゲームの中の世界じゃない?! 突然、前世の記憶を取り戻した伯爵令嬢コゼットは自分の太ま//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全178部分)
  • 85 user
  • 最終掲載日:2018/01/15 07:00
わたしはふたつめの人生をあるく!

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 87 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 19:08
転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う

 ノイン王国宰相・ザリエル公爵には、一人娘がいる。  銀色の髪にアメジストのような澄んだ瞳を持つ美しい娘・クリスティーナだ。  彼女の幼い頃からの婚約者は、ノイ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部分)
  • 99 user
  • 最終掲載日:2017/01/05 22:00
婚約者は、私の妹に恋をする

ああ、またか。私の可愛い妹を見つめる、私の婚約者。その冷たい目に灯る僅かな熱量を確かに見たとき、私は既視感に襲われた。かつての人生でも、私の婚約者は私の妹に恋を//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全45部分)
  • 114 user
  • 最終掲載日:2018/01/29 02:26
狼領主のお嬢様

自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全26部分)
  • 92 user
  • 最終掲載日:2017/11/10 17:50
隅でいいです。構わないでくださいよ

気づいたら周りは着物を着た人達ばかり。川の水を覗けば、そこには小さな子供が…え、私っ!? 流れ着いたのは綺羅びやかな町、吉原だった。あれ?でも見れば格子の中に//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全114部分)
  • 81 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 12:14
誰かこの状況を説明してください

貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。何もかもが釣り合わないと首をかしげていたのだが、そこには公爵様自身の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全182部分)
  • 89 user
  • 最終掲載日:2017/11/09 22:45
↑ページトップへ