挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ネトゲの旦那は私のアバターにしか興味がない! 作者:七風纏
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

14/47

14 突然の襲来

 私とサユキは『イーリス平原』の中央に立ってルディアスを待っていた。
 彼は「サブキャラに切り替えてくる」と言って、一旦ログアウトしていったので、先に向かうことにしたのだ。
 ここは、初心者から中級者くらいまでのプレイヤーがよく狩りをしている場所で、結構な数のモンスターが彷徨いている。

「沢山モンスターがいますね……」
「今、ルディアスがいないから、タゲられないように気を付けてね」

 私がサユキに注意を促すと、彼女はこくんと頷いて後退りした。
 ここのモンスターは強敵というほどではないので、一匹くらいなら私でも対処できるけど、複数同時に来られるときつい。

「お兄さん、遅いですね」
「久しぶりに動かすキャラだって言ってましたから、きっと装備の確認とかしてるんだと思いますよ」

 そう答えてみたけど、本当に遅い。何やってるんだろう。
 そう言えば、昨日から徹夜してるって言ってたような気もする……まさか、寝た?
 いや、でも普段から徹夜慣れしてるっぽいから、それはないかなぁ。
 というか、あの人って一体いつ寝てるんだろう……。
 ……とか色々想像してたら、転送装置の方からこちらに向かって歩いてくる人影が見えた。

「やあ、待たせたね」

 そう言って、颯爽と現れたのは──燃えるような真紅の瞳と、太腿辺りまである長い黒髪が印象的な女性キャラだった。
 少し露出度が高めのミニワンピースの上に胸当てを付け、ニーハイブーツを履いている。
 そして、背中には矢筒、手にはロングボウを握っていた。
 ……もしかして、ルディアスのサブキャラ? まさかの女キャラで登場だなんて。
 驚いた私は、思わず彼の元に走っていく。

「ルディアス!? 実は、女キャラ持ってたんですか!?」
「初期の頃、試しに作ってみた弓キャラだ。だが、萌え対象ではないぞ」
「え? そうなんですか?」
「自分で作ったキャラは、基本的に息子や娘みたいな感覚だからな。愛はあるが、例え女キャラでもそういう対象にはならない」
「あ、確かにそんな感覚はありますよね。私も、それは何となくわかるような気がします」

 なるほど。だから、彼は他人が作ったキャラにしか萌えられないのか。なかなか奥が深い……。
 ちなみに、サブキャラの名前は『アメリア』らしい。

「さっきのお兄さんですか?」

 サユキは、先程とは全く違う姿で現れたルディアスの方を見て尋ねる。

「そうだよ。サブキャラでごめんね」
「大丈夫です。私なんかのために、ありがとうございます」

 そう言って、サユキはお辞儀をする。
 この子、小学生なのに大人びてるというか、随分と気を使うなぁ。
 まあ、年齢は自己申告だし実際はどうかわからないけども……。

「それじゃあ、まず使い方なんだけど……あまり、モンスターと戦ったことはない感じかな?」
「はい。初心者クエストは、ギルドの人に手伝ってもらえたんですけど。その後は、なんだか手伝ってもらい辛くて……」

 彼女の言葉で何となく察した。たぶん、内輪の仲が良すぎてギルドに入った新人が孤立するパターンだよね。
 そう考えると、ルディアスのギルドに拾ってもらえた私は運が良かったのかも。

「向こうに、狼型のモンスターが見えるよね? 試しに、あの敵に矢を射ってくれないかな」
「はい」

 サユキはそう返事をすると、少し離れたところにいるダイアウルフに何度か矢を射る。
 しかし、対象がちょこちょこ動き回るためか外してしまった。

「ああ、やっぱり……たぶん、DEX上げてないよね?」
「DEX?」
「メニューウィンドウを開いて、ステータスを見てほしい。弓の命中率を高くするには、DEXにポイントを振らないといけないんだ。そうすると、手先の器用さや素早さが上がるんだよ」
「どうやって上げるんですか?」
「レベルが上がった時や、特定のクエストを熟した時なんかにAPアビリティポイントが貰えるんだよ。それを使って、自分の上げたい能力値に振っていく。例えば、器用さの他に力を上げたいならSTRに……という感じにね。あと、DEXは装備によっても変わるよ。軽装備の方がより高くなるんだ」
「私、そんなこと知らなかったから、全く上げてなかったです……」
「最初は、そんなもんだよ」

 ルディアスは彼女にそう返すと、にっこりと微笑んだ。

「そして、ある程度DEXを上げると……」

 そう言いながら、ルディアスはロングボウに矢をかけて、弦を強く引いた。
 放たれた矢は、先程のダイアウルフを目掛けて勢い良く飛んでいき、その体に深く突き刺さった。

「こうやって、ちゃんと当たる」
「本当だ……」
「それで、ここからが問題なんだ」

 ルディアスの攻撃に反応したダイアウルフは、こちらに向かって突進してきた。

「一撃で倒せない場合、ああやってこっちに走ってくるから……」

 ルディアスは再び弓を構えると、走ってくるダイアウルフに連続で矢を射る。
 その矢が突き刺さる度に、ダイアウルフは苦しそうな鳴き声を上げた。
 そして、走っている途中で力尽きて絶命した。

「力技になるけど、これくらいのレベルのモンスターが相手なら、攻撃を受ける前に倒し切ってしまったほうがいいんだ。上手く攻撃をかわしたり、防御しながら矢を射って戦えるならいいけど、初心者のうちは難しいから」
「へえ、そうなんですか……」
「ボスクラスのモンスターになると、HPも多いからまた戦い方も変わってくるけどね」
「わかりました。ありがとう、お兄さん」
「いや、気にしないでいいよ。それじゃ、少し一人で練習してみようか。危なくなったら助けるからね」
「はい」

 サユキはそう返事をすると、別のモンスターを探して走っていった。

「ギルマスやってるだけあって、面倒見がいいですね。でも、なんであの子に弓を教えようと思ったんですか?」
「それは……ギルドに入っているにも拘らず、誰も教えてやらなかったみたいだからな。このまま放っておいたら、楽しさを見出せずにきっとすぐやめるだろ? せっかく、このゲームで友達を作ろうとしていたのに……」
「へぇ……結構、優しいところもあるんですね」
「何だ? その『普段は優しくない』みたいな言い方は」
「だって、私に対しては結構鬼畜なところがありますし……」

 色々な意味でね。
 それなのに、私は今日もまた一つ貴方の良いところを見つけて、惚れ直している。
 ……貴方は、そのことに気付きもしないだろうけども。

「やめてください!」

 突然、遠くからサユキの悲鳴が聞こえてきた。
 私たちがその声に気付き駆けつけると、今まさに彼女が二人組の少年キャラに攻撃され、PKプレイヤーキルされかかっているところだった。
 え? いきなり何なの? この二人は……。

「なんだよ、お前たちは!? 邪魔すんな!」
「そうだぞ! 関係ない奴は引っ込んでろ!」

 私たちが助けに入ると、少年たちは口々に文句を言い始めた。

「……ユリア、サユキを連れて後ろに下がれ」

 私はルディアスの指示通り、瀕死状態までHPが減っているサユキの元まで走り、彼女を抱えて避難させた。
 実際にPKする現場を見たのなんて初めてだから、ちょっと震えてる。あんなに容赦なく、やっちゃうもんなんだ……。

「あの二人組は、一体……」

 私は後ろを振り返り、柄の悪そうな少年たちを見つめた。

「……同級生の子たちです」
「え?」
「私がこの名前でBROをやっているのを、知られちゃったみたいなんです」
「でも、なんで攻撃を……?」
「実は、いつも学校でからかったりして、いじめてくる子たちで……」

 ああ、合点がいった。いじめっ子がゲーム内でもわざわざ出張してきて、この子をPKしにきたってわけね。
 PKプレイヤーキルは、文字通り【他のプレイヤーに悪意を持って攻撃し、殺害しようとする行為】だ。
 実際に死ぬわけではないけど、PKされたら精神的なダメージはあるよね。
 それにしても、最近の小学生は怖い……。こんなに早くからVRMMOをやっている上に、いきなり同級生をPKしにかかるなんて。
 そう思いつつ、私は再び振り返って彼らを見る。
 ルディアスと少年たちは、お互いから視線を逸らさず、じっと睨み合っていた。

「おい! そこ退けよ!」
「お前もPKするぞ!」
「ああ、退いてやる。但し……俺に勝てたらな!!」

 ルディアスは少年たちに強い眼差しを向けると、彼らを指差して高らかに宣戦布告した。
 ……なんだかよくわからないうちに、PvP(プレイヤー・バーサス・プレイヤーの略)が始まりそうな空気になってます。
 そして、ルディアスさん……キャラ作り忘れてますよ! 口調が素に戻ってます!
 あと、その姿(女性キャラ)と声で俺とか言われるとすごく違和感あるんですけど。
 まあ……それほど怒ってるってことなのかな。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ