挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

認証システム

作者:畢竟 吾煌
 ピッピッピーー

 エラーになった。
 これで3つ目だ。角膜認証、網膜認証、そして顔認証だ。
 いくらなんでもそれはないでしょう?
 角膜、網膜は俺が糸目だからとエラーしやがった。
 顔も写真とかで間違えないように目を開けてそれが動いていることを確認しているそうだ。
 だが俺の目を確認してくれない。しかも3度確認し、すべてダメ。
 酷すぎる。

 仕方なく、静脈認証で通ることが出来た。指の静脈を認証、しかも生きていることを示すように血が流れていないとエラーになって通れないらしい。赤外線だかで中がスケスケらしい。
 まさか登録だけでここまで時間が掛かるとは……

 会社に入って希望する部署に行けるのは稀だろう。
 しかも俺は静脈認証を設置してあるところ以外は消去法によって除外される。
 従って、目的の部署に俺は配属された。……分かっていたが酷い。



 そしてオレは静脈認証に指をかざし、扉を開く。
 それにしても酷いシステムだ。
 流れているのが血液でなくも認証するとは。
 流石に監視カメラがあるから、他の認証は辛かったんだよな。
 冷却保存でしばらくもつとはいえ。
 さーそんなことより仕事仕事。せっかく入室したんだから。
 資料はどこかなー。




『……先日警察が容疑者と目していた男が死体となって発見されました。そして未だに手首が見つかっていない模様です。……』



評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ