挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
あなたがいれば私は 作者:雨月 歩
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/9

ハッピーエンドかどうなのか。

 
「…い、ったあ」

  時計を見ると二本の針が同時に“12”の文字を指している。重たい身体を起こし、鏡の前に立って絶句する。

(げ、化粧落とし忘れて寝てる…)

  もう25のアラサー女子だというのにどうも気をつけていてもやらかしてしまうらしい。昨日は上司に連れられて飲み過ぎてしまった。若い頃はいくら飲んでも気にならなかったが今日の顔はひどい、パンパンだ。まるで新しい餡子の入った顔にしたばかりのようだ。

  光った携帯のランプを見て慌ててLINEを開くと専門学校の頃の友達から合コンのお誘いが来ていた。この顔で行くのもな…と思いながらも自分の歳を考えると1秒たりとも無駄にしたくないと思い二つ返事で返した。


 ***


夕夏ゆか!こっちこっち!遅いっての!」


 専門学校の時の同級生、飯田奈美恵いいだなみえは顔を合わすなら夕夏の腕を掴みお店へと歩き始めた。
 イケメンばかりなんだからね!と今までに見たことのないような気合いの入った顔をしている。逆にそんなに念を押されてしまうと気が引けてしまう。

 駅から徒歩五分ほどのお洒落な居酒屋だった。男三人と奈美恵の職場の同期の子がもう先についているらしい。遅れてしまって申し訳なかったなと思いながらその人たちの目の前に行く。そこで夕夏は驚く。


「ちょっと奈美恵!!みんなめちゃくちゃ年下じゃないの!?」
「ごめんごめん!でもほら…私達もうアラサーだよ?若い男が恋しくならない?」

 なに同意求めてんのよ!と睨みつけた。
 夕夏は年下の男の子が苦手だった。過去のある出来事が原因だ。
 大きく深いため息を吐く。気づくともう自己紹介が始まっていた。夕夏は一番端っこの先だ。ちょうど夕夏から一番離れている男の子と目があった。
 すごくかっこいい男の子だな。


今西和人いまにしかずとです。今年21歳になりました。大学生やってます」


 ーえ?
 その名前を聞いた瞬間昔の記憶がフラッシュバックしてきた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ