挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

『着心地』

作者:詩織




外出予定のない、くつろぎのひと時、

あなたはどんなスタイルで過ごしますか?



ひとりだからと言って、

マンションでもない限り

とりあえず着替えなくちゃ、

居留守は使えないから(笑)



散々、心地いい暮らしを書いてきたのに

そういえば、衣食住の「衣」の話をしてないかもね、


わたしにとって、いい服はどんな服だろう?


今日は、そんなおはなし。







ファッション雑誌と首っ引きで目の色変えて、

白が流行りだといえば、全部白。

ミニが流行りだといえば、全部ミニ。

「来年は花柄よ、」

「今年は刺繍が流行りなの、」って、

似合う似合わないは二の次の友達を

チラリ横目で見ながら、



流行ばかりを追うのは恥ずかしい、

かといって、

流行にうといのも恥ずかしい、

そんな、わたしがいる。





だいたいから田舎で東京の流行を

いち早く取り入れたって、

見てくれるのは、
年寄りと牛だけだし、、、


「おや、ふうちゃん可愛いの着てるね~」

「えへへ、分かる?おばちゃん流行ハヤリの服よ。」


なんて言ったって、


「ほぉ~、そうなんかい?」

「おばちゃんの若いときも、そんなんが流行ハヤったよ?」

「タンスの奥にあるんじゃないかな~?」

なあンて、言われるのが落ちよ?

「ン、モォ~♪」(笑)



「じゃあ、フミちゃんの好きな服はどんなのよ~」

 ウチか?

 ウチはな~

「うんうん♪」

 着心地のいい服。

「着心地ねぇ」

「流行は?気にならん?」

 うーん、

 世間にすこーしだけ耳を貸してな、

 袖を通した瞬間、フィットして

 ピタッとくる感じ、

 からだにピタじゃなくて

 心に、ピタッて、

 そんでな、

 全身を鏡に映してみる。

「うん!」

「いいんじゃない。」って、

 自分自身が納得すれば、

 ”着心地のいい服”

「ふーん、ふつうの服やと思うけどな~」

 ふつうが一番!



挿絵(By みてみん)



人にも不快を与えないだろうという、

安心感がある程度に 自分の好きが心地いい。


それがわたしの流行かな?



評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ