挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

一方通行の声(ヤオヨロズ企画)

作者:どくだみ
 私が風鈴の音色に浸っていると、聞き慣れた足音がして、一人の男の子がやって来た。彼の名前は幸太といって、夜になるといつも私に、その日あった出来事を教えてくれる。

 さてさて。今日はどんなことを聞かせてくれるのかな?

『今日は友達の裕太くんと、裏山に遊びにいきました』
 “へえ、そうなんだ。裏山って言ったら学校の近くにあるあそこだよね。何をして遊んだの?”
『裕太くんの網を借りて、いっしょにカブトムシを探しました』
 “カブトムシか、懐かしいなぁ”
『木の幹を蹴ると、虫がビックリして落ちてくると図鑑に書いてあったので、そうしてみました』
 “ほうほう。それで?”
『カブトムシは落ちてこなかったけど、驚いたセミにおしっこをかけられてしまいました』
 “あはは。それは災難だったね”
『けっきょくカブトムシは見つけられませんでした。でも』
 “楽しかった?”
『裕太くんと遊ぶのは、とても楽しかったです』
 “うん。よしよし”
『8月27日、金曜日』

 そこまで教えてもらった所で、階下から彼の母親が彼を呼んだ。

「幸太ー。そろそろお風呂に入りなさい」

 彼は鉛筆を仕舞うと、開かれた私をそっと閉じて立ち上がる。

「はーい!今から行くよー!」

 “はい。行ってらっしゃい”

 こんな風に一夜一夜、一夏の間だけ、誰かの夏休みを見守って過ごす。
 それがこの日記帳わたしに任された、最初で最後の仕事。それもあと数日で終わりだと思うと、少しだけ寂しく。
 彼の夏が終わると共に、私の春も消えていってしまう。
テーマ『日記帳』で、一つ。
黒井羊太さん主宰『ヤオヨロズ企画』参加作品です。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ