挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。

完結した連載

その時、世界はブラックコーヒーに包まれた!

作者:夕凪 もぐら
 ブラックコーヒーは真っ黒だから先が見えない。

 ブラックコーヒーは苦くて苦しくて、甘い甘い夢から目が醒め現実が巡る。

 きっとあたしは忘れていくことであろう。それは写真がどんどんと色褪せていくように。

 恋愛とはブラックコーヒーみたいなものである。あたしの取るに足らない一山幾らの思いは、このブラックコーヒーみたいな夜の街に飲み込まれ、いつしか溶けて消える。




(ataruさまの企画ミッドナイトプロジェクト参加作品で、夜の街をテーマに書きました)

(おで、大人のラブストーリー書く! とか言いつつ、なんかコメディ色が強くなってしまいました)
ガリガリくん
2016/06/20 15:55
わんぱく大相撲
2016/06/22 04:27
ツルゲーネフ
2016/06/23 03:49
その時、世界はブラックコーヒーに包まれた!
2016/06/28 03:15
あたしの男
2016/06/30 23:30
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

Spirit of the Darkness あの日、僕は妹の命と引き換えに世界を滅ぼした

 『多重理論分枝型 生体思考維持システム=フロンティア』 人によって死後の世界が創造された未来。そこでは『現世』と『死後の世界(フロンティア)』との間で戦争が起//

  • 空想科学〔SF〕
  • 連載(全59部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/03/16 02:34
雨の街の腐食

春の月の綺麗な日の夜、先輩は橋の欄干から飛び降り自殺した。 私はそこで先輩の残した遺書を拾った。 私が好きになってしまった先輩は、いったいどんな人だったのだろう//

  • 純文学〔文芸〕
  • 連載(全5部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/10/17 23:00
浮かばぬ者

護衛艦司令部の周防一平は、同期である恩田真志が遺したと思われるA4の紙切れを手にする。 そして、妻の恩田亜紗美は、一平から夫の真志は「艦から飛び降りて自殺した」//

  • 純文学〔文芸〕
  • 完結済(全21部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/23 19:25
恋の子の恋

眠れないので筆致改善トレーニングの中からひとつ投稿します。 ある女と子の、長い恋の終わりと全ての始まり。

  • 純文学〔文芸〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/11/04 05:50
↑ページトップへ