挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。

作者:流転
「助けて」

 ──ほら、また声が聞こえる。
 悲痛に満ちて、苦しさに満ちて、泣きたい声を殺した声が。

「殺して」
 
 ──ほら、また声が聞こえる。
 憎悪に満ちて、悪意に満ちて、愛おしさに溢れた声が。

 君は一体、どんな声を聞かせてくれるのかな?

 僕はそれが、それだけが楽しみで仕方が無い。

 虚飾で溢れたこの世界で、僕がランダムで決めた君は、一体どんな声で絶望を歌うのかな。

 ククク、楽しみで、うざったくて、殺したくて仕方が無い。
 最後の審判まで、君は生き延びる事が出来るかな?

 天使が鳴らす鐘の音まで……。

 僕達の鳥籠で囀る小鳥たちよ……。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ