挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
この連載小説は未完結のまま約3年以上の間、更新されていません。
今後、次話投稿されない可能性が極めて高いです。予めご了承下さい。

花神と守り人

作者:黒崎伊音
サイト掲載作。
「その種の、完璧な形を作ってみない?」――花作りの少女・ミルカの旅は一人の少年のその言葉から始まった。その旅の途中、少女が出会ったのは『破壊屋』と呼ばれる「遺跡を発掘し歴史と思想を解き明かす」遺跡探索者の青年、クラウ・アーバンルード。
花を作る少女と歴史を解き明かす青年。これはこの二人の、「汗と埃と土にまみれた、人の思いと歴史と世界をめぐる」冒険。
背徳の聖女の遺産
序 創造と虚構の絵本
2012/12/04 17:43
1.破壊屋クラウ 01
2012/12/04 17:53
1.破壊屋クラウ 02
2012/12/04 17:56
1.破壊屋クラウ 03
2012/12/04 18:02
2.王子様と再会したよ! 01
2012/12/04 18:07
2.王子様と再会したよ! 02
2012/12/04 18:10
2.王子様と再会したよ! 03
2012/12/04 18:14
2.王子様と再会したよ! 04
2012/12/04 18:17
2.王子様と再会したよ! 05
2012/12/04 18:19
3.彼と彼女と彼らの事情 01
2012/12/04 18:22
3.彼と彼女と彼らの事情 02
2013/02/14 12:30
3.彼と彼女と彼らの事情 03
2013/03/17 12:00
3.彼と彼女と彼らの事情 04
2013/11/01 22:22
3.彼と彼女と彼らの事情 05
2013/11/11 01:25
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ