挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

おすすめ

恋人から送られてきたメールがおかしい。

作者:忍者の佐藤
戦場カメラマンの(しょう)は恋人の(あおい)を日本へ置き、紛争(ふんそう)地帯(ちたい)へ旅立ってしまった。
一人取り残され、毎日(まいにち)(さみ)しい思いをしていた葵は翔にメールを送ることにした。
その内容は次のようなものである。

*****
翔へ。
あなたの愛する葵より。

元気にしてますか? 風邪(かぜ)はひいていませんか? パレスチナの天気はどうですか?
私は元気です。
翔がいなくなって3ヶ月が経ちますね。
翔が日本を離れた時はまだ雪が降っていたけれど、日本はもうすっかり春です。
日に日に暖かくなって来て、桜も散り、夏の気配が強くなってきたのを感じます。
あ、今度、(はる)(まつ)りが(ひら)かれるそうです。
翔と一緒(いっしょ)に行きたかったなあ。
私は翔がいなくなってから料理を一つ覚えました。
肉じゃがです。
にんじん、たまねぎ、牛肉、最初はみりんの量を間違えて甘くなり過ぎちゃったりしてたけど、今は誰が食べても美味しい肉じゃがになりました。
この前お母さんに食べてもらったら、美味しい! あなたは良いお嫁さんになれるわ! 翔くんは幸せ者だね! って言っていました。
私の肉じゃがを食べたかったら早く帰ってきなさい!
それと、今度(こんど)同僚(どうりょう)のユイちゃんが結婚することになりました。
私も6月に開かれる結婚式に呼ばれていて、今からすごく楽しみです。
だけど、結婚することが決まってから毎日(まいにち)綺麗(きれい)に、幸せそうになっていくユイちゃんを見てちょっと嫉妬(しっと)しちゃってます。
ねえ翔。私たちも早く結婚しようよ!
父さんも母さんも、弟も、友達もみんな呼んで、幸せな結婚式を挙げようよ!
翔は大丈夫だって言うけれど、私はあなたのことが心配で心配でたまりません。夜も泣いて過ごしています。
翔のバカ! どうして私にばかり心配かけさせるの?
早く帰って来て私を安心させてください。
早く翔を感じたい。強く抱き締めて、優しくキスして。
じゃないと私、他の人のものになっちゃうよ……?
冗談(じょうだん)です。
だけど、早く帰って来てね。
最後に、日本に戻るまで、次の3つは絶対守ること!
一つ、危険だと思ったらすぐに逃げること。
二つ、毎日ちゃんと栄養のあるものを食べること
三つ、毎日私のことを思い出すこと。

あなたの事をずっとずっと待っています。
何よりもあなたのことを愛しています。

*****


一方同じ頃、とある日本の山奥では地球(ちきゅう)侵略(しんりゃく)目論(もくろ)むヌベードゥ星人のラールンが司令官(しれいかん)報告書(ほうこくしょ)を書いていた。
ラールンは報告書の中で『今すぐ地球への総攻撃(そうこうげき)仕掛(しか)人類(じんるい)滅亡(めつぼう)させること』を強く提言(ていげん)していた。

しかしコンピューターウィルスによって偶然(ぐうぜん)にもラールンの報告書と、葵のメールとが()じりあう事態(じたい)となってしまった。

そのため翔に(とど)いたメールは少々奇妙なものになっていた。


***

パレスチナにて

(しょう)「お、(あおい)からメールが来たぞ。早速(さっそく)()てみよう。なになに?」

*****
親愛(しんあい)なる(しょう)殿(どの)へ。
《ん? なんか堅苦(かたくる)しいな》


地球(ちきゅう)侵略(しんりゃく)担当(たんとう)ラールン(あおい)より。
《!? どうした葵!》


元気にしてますか?風邪(かぜ)はひいていませんか?パレスチナの天気はどうですか?
《あ、ああ。俺は元気だよ。ありがとう。パレスチナは()れているね》


私は虫ケラです。
《虫ケラ!?》


翔がいなくなって5年が経ちますね。
《3ヶ月だよ!》


翔が日本を離れた時はまだ雪が()っていたけれど、日本はもうすっかり春です。
《そ、そうか。もう日本は春なんだなあ》


骨の(ずい)まで(あたた)かくなって来て、桜も10秒で()り、
《どれだけ暑いんだ日本!?》


大陸の気配(けはい)が強くなってきたのを感じます。
《大陸が近づいて来てるのか!?》


あ、今度、血祭(ちまつ)りが開かれるそうです。
《軽いノリで言うな!》


翔と一緒に行きたかったなあ。
《絶対行きたくない!》


私は翔がいなくなってから料理を一つ(おぼ)えました。
肉じゃがです。
《 そっかあ、あんなに料理の下手(へた)だった(あおい)がなあ》


にんじん、(のう)みそ、人類(じんるい)ども、
《おい入っちゃいけない物が入ってる!!》


最初は材料を間違(まちが)えて逃げ(まど)うニンジンども
《足はえてんの!?》


殺しあう玉ねぎ、ジワジワと焼け死ぬジャガイモ
《お前のキッチンはどうなってんだ!?》


今は誰が食べても美味(おい)しいヌベードゥになりました。
《肉じゃがは!?》


この前互いに食べてもらったら、
(だれ)と誰の共食(ともぐ)いなんだ!?》


美味しい! あなたは良い侵略(しんりゃく)部隊(ぶたい)になれるわ! (しょう)くんは食べ物だね!
《俺も食べる気かよ!》


って言っていました。
《そんな言葉をさらっと()()てんな!》


私の肉じゃがを食べたかったら早く帰ってきなさい!
《食べたくねえよ!》


それと、今度(こんど)同僚(どうりょう)のユイちゃんが(なま)意気(いき)にも結婚(けっこん)することになりました。
《あ、そうなんだ……生意気?あんなに仲よかったのに》


私も6月に開かれる総攻撃(そうこうげき)に呼ばれていて、今からすごくジワジワです。
《……何の総攻撃なんだ?》


だけど、結婚することが決まってから毎日(まいにち)綺麗(きれい)に、幸せそうになっていくユイちゃんに正義(せいぎ)鉄槌(てっつい)を!!! 灰燼(かいじん)()す!!!
《急にキレた!?》


ねえ翔。私たちも早くユイちゃんを解剖(かいぼう)しようよ!
(いや)に決まってんだろ!!》


父さんも母さんも、弟も、友達も、この星に巣食(すく)う虫ケラもみんな呼んで、ジワジワと殺そうよ!
《どんだけユイちゃんが(にく)いんだよ!!!》


翔は大丈夫だって言うけれど、
《そんなことは一言も言ってない!!!》


私はたまりません。夜も人体の解剖を(かさ)ねて()ごしています。
《ヤバイヤバイヤバイ!》


ブガラット長官(ちょうかん)殿(どの)のバカ!
《誰だよ!》


なんで私にばかり栄光(えいこう)あるの!?
《知らねえよ!!!》


(さみ)しいよ! 早く血祭りにあげたいよ!
《よせ!やめてくれ!》


早くしないと私が翔のところまで行っちゃうよ!?
《ひいい!》


冗談(じょうだん)です。
《良かった……》


早く帰って来て私を安心させてください。
《きっと葵は精神的(せいしんてき)に不安定なんだ。ちょっと怖いけど早く帰ってやった方がいいかもな……》


早く衛星軌道上から翔を感じたい。
《遠い!遠すぎる!》


強く抱き()めて! 優しくキスして!
宇宙(うちゅう)からじゃ無理だろ!》


じゃないと私、皆殺(みなごろ)(がた)爆弾(ばくだん)になっちゃうよ……?
《なんでだ!?》


冗談です。
《もう冗談に聞こえない!!》


だけど、早く帰って来てね。
《分かったよ!帰るよ!》


最後に、日本に戻るまで、次の3つは絶対守ること!
一つ、危険だと思ったらすぐに発射(はっしゃ)すること。
《何をだよ……》


二つ、毎日ちゃんと大陸を灰燼(かいじん)に帰すこと。
《出来ねえよ!出来たら6日で世界が終わるわ!!》


三つ、毎日私のことを思い出すこと。
《忘れられるかぁ!!!》


あなたの絶望(ぜつぼう)ラールンをずっとずっと待っています。
《何一つ分かんねえよ!!》


ミリンよりも、あなたのことを愛しています。
《何と比べてくれてんだ!!!》


ミサイル葵
芸名(げいめい)が変わってる!!!》



手紙を読み終えた(しょう)急遽(きゅうきょ)日本(にほん)へ戻ることを決め、
(あおい)との再会(さいかい)()たすのであった。


おわり
お読みいただきありがとうございました!

対になる物語

「地球侵略担当の部下から送られてきた報告書がとてもおかしい。」↓

http://ncode.syosetu.com/n3936dy/


翔と葵が登場するお話「別れじゃ」↓

http://ncode.syosetu.com/n5940dw/


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ