挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
盾の勇者の成り上がり 作者:アネコユサギ

盾の勇者の成り上がり

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

7/846

冤罪

 カッコッカッコと揺られ、しばらくするとインナーのまま俺は城の前にまで連れて行かれ、騎士達が俺を槍で拘束したまま謁見の間にまで案内する。
 其処にはなにやら不機嫌そうな王様と大臣。
 そして……。

「マイン!」

 錬と元康に樹、その他の仲間が集まっていた。
 そしてマインは俺が声を掛けると元康の後ろに隠れて、こちらを睨んでいた。

「な、なんだよ。その態度」

 まるで俺が悪人みたいにみんなが俺を睨んでいる。

「本当に身に覚えが無いのか?」

 元康が仁王立ちで俺に詰問してくる。
 一体なんだってんだ。

「身に覚えってなんだよ……って、あー!」

 元康の奴、俺のくさりかたびらを着ていやがる。

「お前が枕荒らしだったのか!」
「誰が枕荒らしだ! お前、まさかこんな外道だったとは思いもしなかったぞ!」
「外道? 何のことだ?」

 俺の返答に、謁見の間はまるで裁判所のような空気を醸し出した。

「して、盾の勇者の罪状は?」
「罪状? 何のことだ?」
「うぐ……ひぐ……盾の勇者様はお酒に酔った勢いで突然、私の部屋に入ってきたかと思ったら無理やり押し倒してきて」
「は?」
「盾の勇者様は、「まだ夜は明けてねえぜ」と言って私に迫り、無理やり服を脱がそうとして」

 元康の後ろに居たマインが泣きながら俺を指差して弾劾する。

「私、怖くなって……叫び声を上げながら命からがら部屋を出てモトヤス様に助けを求めたんです」
「え?」

 何のことだ?
 昨日の晩、俺はマインと別れた後はぐっすり眠っていて身に覚えはまったく無いぞ?
 泣きじゃくるマインに困惑するしかない。

「何言ってんだ? 昨日、飯を食い終わった後は部屋で寝てただけだぞ」
「嘘を吐きやがって、じゃあなんでマインはこんなに泣いてるんだよ」
「何故お前がマインを庇ってるんだ? というかそのくさりかたびらは何処で手に入れた」

 昨日、初めて会った仲だろう?

「ああ、昨日、一人で飲んでいるマインと酒場で出会ってな、しばらく飲み交わしていると、マインが俺にプレゼントってこのくさりかたびらをくれたんだ」
「は?」

 どうみてもそれは俺のだろう。
 もちろん、マインのポケットマネーで購入した私物の可能性はゼロでは無いが俺のくさりかたびらが無くなって元康が持ってたら誰だって疑うだろう。
 元康では話にならない。ここは王様に進言するとしよう。

「そうだ! 王様! 俺、枕荒らし、寝込みに全財産と盾以外の装備品を全部盗まれてしまいました! どうか犯人を捕まえてください」
「黙れ外道!」

 王様は俺の進言を無視して言い放った。

「嫌がる我が国民に性行為を強要するとは許されざる蛮行、勇者でなければ即刻処刑物だ!」
「だから誤解だって言ってるじゃないですか! 俺はやってない!」

 しかし、この場にいる連中全てが俺を黒だと断定して話を進めている。
 ドッと自分の血が下がっていくのを感じる。

 なんだコレ? 何だよコレ? 何なんだよコレ!?

 身に覚えの無い事で何故俺はこんなにも罵倒されていなきゃいけないんだ?
 パクパクとマインに目を向けると誰からも見られていないと踏んだのか、マインは俺に舌を出してあっかんベーっとする。
 ここで俺は悟った。
 そして元康を睨みつける。
 腹の奥からどす黒い感情が噴出していくのを感じる。

「お前! まさか支度金と装備が目当てで有らぬ罪を擦り付けたんだな!」

 元康を指差し、俺はこんなに大きく声が出るのだと自分でもびっくりする音量で言葉を発した。

「はっ! 強姦魔が何を言ってやがる」

 マインを俺から見せないように庇いながら元康は恭しく被害者を助けたヒーローをアピールする。

「ふざけんじゃねえ! どうせ最初から俺の金が目当てだったんだろ、仲間の装備を行き渡らせる為に打ち合わせしたんだ!」

 元康の仲間になりたかったマインにこう囁いたんだ。俺が負け組みの盾だから、マインに良いものを買い与える。そして買い与えた後、持っている金と一緒にこうして美人局をした挙句、被害者面で城に報告、俺を抹殺するつもりなんだ。

 ……やってくれるじゃねえか。

 そもそもだ。マインは俺の事をずっと勇者様としか呼ばないくせに、元康の事は名前で呼んでいる。
 これが証拠でなくて何が証拠なんだ。
 異世界に勇者は一人だけで十分ってか?

「異世界に着てまで仲間にそんな事をするなんてクズだな」
「そうですね。僕も同情の余地は無いと思います」

 錬と樹が俺を断罪するのに躊躇いが無い。
 そうか……コイツ等、最初からグルだったんだな。盾だから、弱いから、強くないから俺を足蹴にして、少しでも自分が有利に事を運びたい と、思ってたんだ。

 ――汚い。

 何処までも卑怯で最低な連中なんだ。
 考えれば最初からこの国の奴等も俺を信じようとすらしない。
 知ったことか! なんでこんな連中を守ってやらなきゃいけない。
 滅んじまえ! こんな世界。

「……いいぜ、もうどうでもいい。さっさと俺を元の世界に返せば良いだろ? で、新しい盾の勇者でも召喚しろ!」

 異世界? ハ!
 なんで異世界に来てまでこんな気持ちにならなきゃいけないんだよ!

「都合が悪くなったら逃げるのか? 最低だな」
「そうですね。自分の責務をちゃんと果たさず、女性と無理やり関係を結ぼうとは……」
「帰れ帰れ! こんなことする奴を勇者仲間にしてられねえ!」

 俺は錬、元康、樹を殺す意思をこめて睨みつけた。
 本当は楽しい異世界になるはずだったんだ。なのにコイツ等の所為で台無しだ。

「さあ! さっさと元の世界に戻せ!」

 すると王様は腕を組んで唸った。

「こんな事をする勇者など即刻送還したい所だが、方法が無い。再召喚するには全ての勇者が死亡した時のみだと研究者は語っておる」
「……な、んだって」
「そんな……」
「う、嘘だろ……」

 今更になって三人の勇者様はうろたえてやがる。
 元の世界に、帰る術が無い?

「このままじゃ帰れないだと!」

 ふざけやがって!

「何時まで掴んでんだコラ!」

 俺は乱暴に騎士の拘束を剥がす。

「こら! 抵抗する気か」
「暴れねえよ!」

 騎士の一人が俺を殴る。
 ガン!
 良い音がした。けれど痛くも痒くも無い。
 どうも騎士の方はそうではなかったようで殴った腕を握って痛みを堪えている。

「で? 王様、俺に対する罰は何だよ?」

 腕を振り回し、痺れを治してから尋ねる。

「……今のところ、波に対する対抗手段として存在しておるから罪は無い。だが……既にお前の罪は国民に知れ渡っている。それが罰だ。我が国で雇用職が就けると思うなよ」
「あーあー、ありがたいお言葉デスネー!」

 つまり冒険者としてLvを上げて波に備えろって訳ね。

「1ヵ月後の波には召集する。例え罪人でも貴様は盾の勇者なのだ。役目から逃れられん」
「分かってる! 俺は弱いんでね。時間が惜しいんだよ!」

 チャリ……。
 あ、そうだった。念には念をと盾を隠して置いたんだったな。

「ホラよ! これが欲しかったんだろ!」

 最後に残った俺の全財産である銀貨30枚を取り出して元康の顔面に投げつけてやった。

「うわ! 何するんだ、お前――!」

 元康の罵倒が聞こえてくるが知ったことではない。
 城を出ると道行く住民全てが俺の方を見てヒソヒソと内緒話をしている。
 ホント、噂話の伝達が早いことで。
 呆れて物も言えない。
 もう、全てが醜く見えて仕方が無い。

 こうして俺は信頼と金……全てを失い、最悪の形で冒険が幕を開けたのだった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ