挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
盾の勇者の成り上がり 作者:アネコユサギ

盾の勇者の成り上がり

6/835

地雷と言う名の裏切り

 夕方、城下町に戻った俺達は武器屋にまた顔を出した。

「お、盾のあんちゃんじゃないか。他の勇者たちも顔を出してたぜ」

 みんなこの店で買ったのか。
 ホクホク顔の親父が俺達を出迎える。

「そうだ。これって何処で買い取ってくれる?」

 オレンジバルーン風船を親父に見せると親父は店の外の方を指差した。

「魔物の素材買取の店がある。そこへ持ち込めば大抵の物は買い取ってくれるぜ」
「ありがとう」
「で、次は何の用で来たんだ?」
「ああ、マイン。仲間の装備を買おうと決めてさ」

 俺がマインに視線を向けるとマインは店内の装備をジッと凝視していた。

「予算額は?」

 手元に残っているのは銀貨680枚。そこからどれだけの装備品を買うと良いか。

「マイン、どれくらいにしておいた方が良い?」
「……」

 マインはとても真面目な表情で装備品を見比べている。
 とてもじゃないが俺の言葉など耳に入っていない。
 宿代がどれくらいか分からないけど、一ヶ月の生活費は残しておかなきゃいけないだろうしなぁ。

「お連れさんの装備ねぇ……確かに良いものを着させた方が強くなれるだろうさ」
「はい」

 どうも俺は攻撃力とは無縁のようだし、マインに装備の代金を集中させる方が良さそうだ。

「割と値が張りそうだから雑談しながら今のうちに値引きしてやる」
「お、面白いことを抜かす勇者様だ」
「8割引!」
「幾らなんでも酷すぎる! 2割増」
「増えてるじゃねえか! 7割9分」
「商品を見せてねぇで値切る野郎には倍額でも惜しいぜ!」
「ふ、抜かせ! 9割引!」
「チッ! 2割1分増!」
「だから増やすな! 10割引」
「それはタダってんだ勇者様! しょうがねえ5分引き」
「少ない! 9割2分――」

 それからしばらくして、
 マインはデザインが可愛らしい鎧と妙に高そうな金属が使われている剣を持ってきた。

「勇者様、私はこのあたりが良いです」
「親父、合計どれくらいの品? 6割引」
「オマケして銀貨480枚でさぁ、これ以上は負けられねえ5割9分だ」

 マインが決める前に行っていた値切り交渉が身を結び、値段は下げることが出来た。
 でも、さすがに残金、銀貨200枚は厳しくないか?

「マイン……もうちょっと妥協できないか? 俺は宿代とか生活費がどれだけ掛かるか分からないんだ」
「大丈夫ですよ勇者様、私が強くなればそれだけ魔物を倒したときの戦利品でどうにか出来ます」

 目をキラキラ輝かせ、俺の腕に胸を当ててマインはおねだりをしてくる。

「しょ、しょうがないなぁ……」

 銀貨200枚、考えてみれば錬や元康、樹は最低3人は連れているのだ。活動費は元より装備品にだって金を回させるのがやっとだろう。
 ともすれば200枚あれば一月生活するには十分である可能性は高い。
 仲間を募集するのはLvアップして稼ぎが軌道乗ってからでも悪くは無いかも。

「よし、親父、頼んだぞ」
「ありがとうございやした。まったく、とんでもねぇ勇者様だ」
「はは、商売は割と好きなんでな」

 ネットゲームでも俺は金を稼ぐのが好きだった。
 オークションイベントでも出来る限り安く買い、最も高く売るを繰り返す手腕はある。
 人間相手の値切りこそ簡単なものは無い。分かりやすい金額が目の前にあるのだから。

「ありがとう勇者様」

 ご機嫌なマインが俺の手にキスをした。
 これは好感度アップ!
 明日からの冒険が楽になるぞ!
 装備を新調したマインと一緒に俺は町の宿屋に顔を出した。
 一泊一人銅貨30枚か……。

「二部屋で」
「一部屋じゃないの?」
「勇者様……」

 無言の圧力をマインが出してくる。
 う……しょうがない。

「じゃあ二部屋で」
「はいはい。ごひいきにお願いしますね」

 宿屋の店主が揉み手をしながら俺達が泊まる部屋を教えてくれる。
 値段基準を頭に叩き込みながら、宿屋に並列している酒場で晩食を取る。
 別料金の食事銅貨5枚×2を注文した。

「そういえば……」

 俺は帰りがけに購入した地図を広げてマインに聞いた。

「今日、俺達が戦っていた草原はここだよな」

 地図にはこの辺りの地形が記されている。錬や元康に聞いたほうが良いのかもしれないが、昨日の態度から見るに教えてくれそうに無い。
 あの手の連中は他者を出し抜くのにためらいが無いのだ。俺が完全に無知なのを良いことに強力な魔物の巣へ導かれては貯まったものではない。
 だからその辺りを知っていそうなマインに聞く。

「はい。そうですよ」
「昼間の話から推察するに、草原を抜けた森辺りが次の狩場か?」

 地図を広げるとこの国の地形が大まかに分かる。
 基本的に城を中心に草原が広がり、そこから森へ続く道と山へ続く道、他に川へ突き当たる場所や村がある道があるのだ。
 あんまり大きな地図ではないので、近くの村もそんなに無い。
 森の後に何があるか、この地図では予想が出来ないがこれから行く道と適正の魔物がいるのを予測しておかなくては戦いようが無い。

「ええ、この地図には載っていませんが私達が行こうとしているのは森を抜けたラファン村です」
「ふむ……そうか」
「ラファン村を抜けた先あたりが初心者用ダンジョンがあるんですよ」
「ダンジョン……」

 夢が広がるな! ネトゲ基準だとモンスター狩りしかないけど。

「あまり実入りは無いでしょうが勇者様がLvを上げるには良い場所かと思います」
「なるほどね」
「装備も新調しましたし、勇者様の防御力にも寄りますが楽勝です」
「そうか、ありがとう。参考になったよ」
「いえいえ、所で勇者様? ワインは飲まないのですか?」

 酒場故に酒が料理と一緒に運ばれてきたのだが、俺はまったく手をつけていなかった。

「ああ、俺はあんまり酒が好きじゃなくてな」

 飲めない訳じゃない。殆ど酔わないくらい酒に強い体質だ。
 で、俺は酒に酔う趣味が無いのだ。
 大学のサークルとかの飲み会で、みんなへべれけになっている中、飲んでいるのに酔わず、シラフでいるうちに嫌いになった。

「そうなんですか、でも一杯くらいなら」
「悪いね。本当、嫌いなんだ」
「でも……」
「ごめんな」
「そう、ですか」

 残念そうにマインはワインを引っ込めた。

「まあ、明日からの方針を相談できて助かったよ。今日は早めに休むから」
「はい、また明日」

 食事を終えた俺は騒がしい酒場を後にして割り当てられた部屋に戻る。
 さすがに寝るときまでくさりかたびらを着けているわけにはいかない。
 脱いで椅子に立てかけておく。

「……」

 銀貨の入った袋を備え付けのテーブルに置いた。
 残り銀貨200枚か……先払いの宿だから199枚とちょっと。
 少し心もとない気がして落ち着かないのは俺が貧乏人根性でも染み付いているのだろうか。
 徐に観光地に行く日本人の如く、俺は銀貨30枚ほど盾の中に隠す。
 うん。なんとなく安心したような気がしてきた。

 今日は色々あったなぁ。
 魔物を倒す手ごたえってあんな感じなのか。
 風船を割っていただけとしか言い様が無いけど。
 ベッドに腰掛け、そのまま横になる。
 見慣れない天井、昨日もそうだったけど、俺は異世界に来たんだ。
 ワクワクが収まらない。

 これから俺の輝かしい日々が幕を開けていくんだ。
 そりゃあ勇者仲間には出遅れているけれど、俺には俺の道がある。
 何も最強を目指す必要は無い、出来る事をやっていけばいい。
 なんだか……眠くなって来たな。酒場の方から楽しげな声が聞こえてくる。
 元康っぽい声や樹らしき奴が雑談をしながら部屋を通り過ぎたような気がした。あいつらもここを宿にしたのかな。
 室内用のランプに手を伸ばして消す。
 少し早いけど、寝るとしよう……。


 チャリチャリ……
 ん~……なんだぁ。今の音?
 酒場の奴ら、まだ騒いでいるのか?
 むにゃ……。
 ゴソゴソ……
 熱いなぁ……服が引っかかる。


「ん?」

 寒いなぁ……
 陽光が顔を照らし、朝であるのを俺に知らせる。
 眠気まなこを凝らしながら起き上がって窓の外に目を向ける。
 思いのほか寝入ってしまっていたらしい。太陽がそれなりに高くなってきている。
 体内時計によると、9時位かな。

「あれ?」

 何時の間にか服装がインナーだけになっていた。無意識に脱いだかな?
 まあ、いいや。
 外の景色に目を移すと、当たり前のように人々が通りを行き交っている。
 昼食の準備にと定食屋や出店が大忙しで材料を調理している光景や、馬車がトコトコと道を進んでいるのを見ると、何度だって俺は夢心地の気分にさせてくれる。

 ああ、本当に異世界とは素晴らしい。
 馬車には馬と鳥の二種類があるらしく。鳥はダチョウのような、某ゲームで言う所のチョ○ボみたいな生き物が引いている。
 どちらかといえば馬の方が高級品のようだ。
 時々、牛が引いていたりと、なんとも中世チックで素晴らしいな。

「さて、そろそろ飯にでもして旅立つか」

 脱いだはずの服を探してベッドの布団を調べる。
 ……おかしいな。無いぞ?
 椅子に立てかけていたくさりかたびらは……。
 何処にも無い。
 テーブルに置いた銀貨を入れた袋もなくなっている!
 しかも予備の着替えにと残しておいた俺の私服さえ無い!

「な……」

 まさか!
 枕荒らしか!?
 寝ている最中に泥棒を働くとは笑止千万だ!
 この宿……警備がまったく行き届いていないとは何事か!
 とにかく、仲間であるマインに急いで伝えないと!
 バン! っと俺は扉を開けて、隣で寝ているはずのマインの部屋の戸を叩く。

「マイン! 大変だ! 俺達の金と俺の装備が!」

 ドンドンドン!
 何度叩いても一向にマインが出る気配が無い。
 ザッザッザ!
 なにやら騒がしい足音が廊下の方から俺に近づいてくる。
 見ると城の騎士達が俺の方へやってきた。
 コレは闇夜に提灯、枕荒らしに会った事を説明して、犯人を捕まえてもらおう。
 まさか勇者の寝首を掻いて泥棒とは飛んだ馬鹿が居たものだ。

「あなた達は城の騎士だったよな、ちょっと話を聞いてくれないか!」

 俺は騎士の方を向いて懸命にアピールする。
 マイン、早く部屋から出てきてくれ、今大変な事が起こってるんだ。

「盾の勇者だな!」
「そう、だけど」

 なんだよ。妙に敵愾心を感じる応答だな。

「王様から貴様に召集命令が下った。ご同行願おう」
「召集命令? いや、それよりも俺、枕荒らしに遭っちまったんだ。犯人を――」
「さあ、さっさと着いて来い!」

 ぐい。

「痛いって! 話を聞けよ」

 騎士達は俺の腕を掴むと半ば無理やり連行していく。
 殆ど下着だっていうのになんだよ。この扱いは!

「おい、マイン! 早く――」

 騎士達は俺の事情を聞かずに、俺はマインを宿屋に置いて城へ強制送還された。
 先ほどの馬車は俺を連れて行くために来た物であったらしい。
 こうして俺は訳の解らないまま、まるで犯罪者でも扱うかの様な視線を受け続けた
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ