挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
盾の勇者の成り上がり 作者:アネコユサギ

盾の勇者の成り上がり

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/846

特別支度金

 翌朝
 朝食を終えて、王様からお呼びが掛かるのを今か今かと俺達は待ちわびた。
 さすがに朝っぱらから騒ぐわけにも行かず、日の傾きから10時過ぎくらいになったかなぁ……と思った頃俺達は呼び出しを受けた。
 待ってましたと俺達は期待に胸を躍らせて謁見の間に向う。

「勇者様のご来場」

 謁見の間の扉が開くと其処には様々な冒険者風の服装をした男女が12人ほど集まっていた。
 騎士風の身なりの者もいる。
 おお……王様の援助は凄いな。
 俺達は王様に一礼し、話を聞く。

「前日の件で勇者の同行者として共に進もうという者を募った。どうやら皆の者も、同行したい勇者が居るようじゃ」

 一人に付き3人の同行する仲間が居るのなら均等が取れるな。

「さあ、未来の英雄達よ。仕えたい勇者と共に旅立つのだ」

 え? そっちが選ぶ側?
 これは俺達も驚きだった。
 まあ、よくよく考えれば異世界の良く分からない連中に選ばせるよりも国民の方に重きを置くよなぁ。
 なんか順番に並ばされる。
 ザッザっと仲間達が俺達の方へ歩いてきて各々の前に集まっていく。
 錬、5人
 元康、4人
 樹、3人
 俺、0

「ちょっと王様!」

 なんだよコレは! 幾らなんでも酷いんじゃねえか。
 俺のクレームに王様は冷や汗を流す。

「う、うぬ。さすがにワシもこのような事態が起こるとは思いもせんかった」
「人望がありませんな」

 事もあろうに呆れ顔で大臣が切り捨てる。
 そこへローブを着た男が王様に内緒話をする。

「ふむ、そんな噂が広まっておるのか……」
「何かあったのですか?」

 元康が微妙な顔をして尋ねる。
 さすがにこれでは不公平も甚だしい。何だよこの、小学校でチームを作って遊ぶ時に一人だけ仲間はずれにされたような感覚は。
 幾らなんでも異世界に来てこんな気持ちになるなんて聞いて無いぞ。

「ふむ、実はの……勇者殿の中で盾の勇者はこの世界の理に疎いという噂が城内で囁かれているのだそうだ」
「はぁ!?」
「伝承で、勇者とはこの世界の理を理解していると記されている。その条件を満たしていないのではないかとな」

 元康が俺の脇を肘で小突く。

「昨日の雑談、盗み聞きされていたんじゃないか?」

 似たゲームを知らないっていうアレか? あれが原因で俺は仲間はずれにされているのか?
 というかなんだよその伝承。
 俺は詳しくないけど、曲がりなりにも盾の勇者だぞ!
 そりゃあ他の勇者の話曰く、負け組みの武器持ちだけど、ここはゲームじゃねえよ!

「つーか錬! お前5人も居るなら分けてくれよ」

 何か怯える羊みたいな目で錬に同行したい冒険者(男を含む)が錬の後ろに隠れる。
 錬もなんだかなぁとボリボリと頭を掻きながら見て。

「俺はつるむのが嫌いなんだ。付いてこれない奴は置いていくぞ」

 と、突き放す口調で話すわけだが、そいつらは絶対に動く気配が無い。

「元康、どう思うよ! これって酷くないか」
「まあ……」

 ちなみに男女比は、女性の方が多いという不思議。
 ある意味ハーレムが完成しかけている。

「偏るとは……なんとも」

 樹も困った顔をしつつ、慕ってくれる仲間を拒絶できないと態度で表している。
 ちなみに元康の仲間はみんな女だ。何処までも女を引き寄せる体質なのかコイツは。

「均等に3人ずつ分けたほうが良いのでしょうけど……無理矢理では士気に関わりそうですね」

 樹の最もな言葉にその場に居る者が頷く。

「だからって、俺は一人で旅立てってか!?」

 盾だぞ! お前らの理屈だと負け職の武器だぞ!
 仲間が無くてどうやって強くなれってんだ!

「あ、勇者様、私は盾の勇者様の下へ行っても良いですよ」

 元康の部下になりたがった仲間の女性が片手を上げて立候補する。

「お? 良いのか?」
「はい」

 セミロングの赤毛の可愛らしい女の子だ。
 顔は結構可愛い方じゃないか? やや幼い顔立ちだけど身長は俺より少し低いくらいだ。

「他にナオフミ殿の下に行っても良い者はおらんのか?」

 シーン……誰も手を上げる気配が無い。
 王様は嘆くように溜息を吐いた。

「しょうがあるまい。ナオフミ殿はこれから自身で気に入った仲間をスカウトして人員を補充せよ、月々の援助金を配布するが代価として他の勇者よりも今回の援助金を増やすとしよう」
「は、はい!」

 妥当な判断だ。
 俺を気に入らないなら仲間になりたい奴を探して補充するのが一番良いに越したことは無い。

「それでは支度金である。勇者達よしっかりと受け取るのだ」

 俺達の前に四つの金袋が配られる。
 ジャラジャラと重そうな音が聞こえた。
 その中で少しだけ大き目の金袋が俺に渡される。

「ナオフミ殿には銀貨800枚、他の勇者殿には600枚用意した。これで装備を整え、旅立つが良い」
「「「「は!」」」」

 俺達と仲間はそれぞれ敬礼し、謁見を終えた。
 それから謁見の間を出ると、それぞれの自己紹介を始める。

「えっと盾の勇者様、私の名前はマイン=スフィアと申します。これからよろしくね」
「よ、よろしく」

 何か遠慮かそんなのが無い感じでマインは気さくに話しかけてくる。
 あんな出来事があったからなのかちょっと気遅れちゃったけど、俺の仲間になってくれた子だ。
 仲間は大切にしていかなきゃな。事俺は、他の勇者と比べて負け組みの武器な訳だし。

「じゃあ行こうか、マイン、さん」
「はーい」

 マインは元気に頷くと俺の後ろに着いて来た。



 城と町を繋ぐ跳ね橋を渡ると、そこは見事な町並みであった。
 昨日もチラッと見たけれど、近くで見るとますます異世界に来たんだなぁと実感させる。
 石造りの舗装された町並みに、家、そこに垂れ下がる看板。
 そして食べ物のおいしそうな匂いが立ち込めていて、我ながら感動する。

「これからどうします?」
「まずは武器とか防具が売ってる店に行きたいな、これだけの金があるのなら良い装備とか買えるだろうし」

 そう、盾しか持っていない俺はまず武器が必要だ。
 得物が無ければ魔物とかと戦えないし、あいつらに追いつくのだって難しいだろう。
 何せ、あいつ等は成長する武器を持っているのだ。
 それなら少しでもスタートダッシュせねばあっという間にぶっちぎられてしまう。

「じゃあ私が知ってる良い店に案内しますね」
「お願いできる?」
「ええ」

 マインはスキップするような歩調で俺に武器屋を紹介してくれる。
 城を出て10分くらい歩いた頃だろうか、一際大きな剣の看板を掲げた店の前でマインは足を止めた。

「ここがオススメの店ですよ」
「おお……」

 店の扉から店内をのぞき見ると壁に武器が掛けられていて、まさしく武器屋といった面持ちだ。
 他にも鎧とか冒険に必要そうな装備は一式取り扱っている様子。

「いらっしゃい」

 店に入ると店主に元気良く話しかけられる。筋骨隆々の、まさしく絵に描いた武器屋の店主って感じの人がカウンターに立っている。これでぶよぶよの脂肪の塊みたいな店主だったらそれはそれで嫌だったから良い。
 本当に異世界に来たんだなぁ。

「へー……これが武器屋かぁ……」
「お、お客さん初めてだね。当店に入るたぁ目の付け所が違うね」
「ええ、彼女に紹介されて」

 そう言って俺はマインを指差すと、マインは手を上げて軽く手を振る。

「ありがとうよお穣ちゃん」
「いえいえ~この辺りじゃ親父さんの店って有名だし」
「嬉しいこと言ってくれるねぇ。所でその変わった服装の彼氏は何者だい?」

 そう、今の俺の服装は異世界の服なのだ。
 ともすればお上りにしか見えないか、もしくは変な奴だ。

「親父さんも分かるでしょ?」
「となるとアンタは勇者様か! へー!」

 まじまじと親父さんは俺を凝視する。

「あんまり頼りになりそうに無いな……」

 ずる。

「はっきり言いますねぇ」

 言っちゃ何だけど、確かに頼りなくは見えるだろう。だから強くなるわけだし。

「良いものを装備しなきゃ舐められるぜ」
「でしょうね……」

 ははは……表裏ない気持ちのよさそうな人だ。

「見たところ……はずれ?」

 ピキ、
 俺の頬が引きつるのを感じた。
 どうして俺の噂の伝達は早いのだろうか。
 まあ、いい。気にしたら負けだ。

「盾の勇者である岩谷尚文と申します。今後も厄介になるかもしれないのでよろしくお願いしますね」

 念を押して親父に自己紹介だ。

「ナオフミねえ。まあお得意様になってくれるなら良い話しだ。よろしく!」

 まったく、元気な店主だ。

「ねえ親父さん。何か良い装備無い?」

 マインが色目をしながら親父さんに尋ねる。

「そうだなぁ……予算はどのくらいだ?」
「そうねぇ……」

 マインが俺を値踏みするように見る。

「銀貨250枚の範囲かしら」

 所持銀貨800枚の中で250枚……宿代とか仲間を雇い入れる代金を算出すると相場なのかな。

「お? それくらいとなると、この辺りか」

 親父さんはカウンターから乗り出し、店に飾られている武器を数本、持って来る。

「あんちゃん。得意な武器はあるかい?」
「いえ、今のところ無いんですよ」
「となると初心者でも扱いやすい剣辺りがオススメだね」

 数本の剣をカウンターに並べた。

「どれもブラッドクリーンコーティングが掛かってるからこの辺りがオススメかな」
「ブラッドクリーン?」
「血糊で切れ味が落ちないコーティングが掛かってるのよ」
「へぇ……」

 そういえば俺の世界の刃物は何度も肉を切っていると切れ味が落ちるって聞いた覚えがある。
 つまり切れ味が落ちない剣って訳か。
 中々の業物みたいだ。

「左から鉄、魔法鉄、魔法鋼鉄、銀鉄と高価になっていくが性能はお墨付きだよ」

 これは使用している鉱石による硬度か?
 鉄のカテゴリー武器って感じか。

「まだまだ上の武器があるけど総予算銀貨250枚だとこの辺りだ」

 あれだよな。
 コンシューマーゲームだと最初の町の武器はあんまり良いのが揃ってない感じだけど、結構な品揃えがあるようだ。
 となるとオンラインゲームに近い世界。いや、異世界の現実なんだから普通は大きな国の武器屋だと品揃えもよくなるか。

「鉄の剣かぁ……」

 徐に剣の柄を握り締める。
 あ、やっぱずっしりと重量がある。
 持ってる盾が軽すぎて気にならなかったけど、武器も結構重いんだな。
 この武器で出会う魔物と戦うのかぁ……。
 バチン!

「イッ!」

 突然強い電撃を受けたかのように持っていた鉄の剣が弾かれて飛ぶ。

「お?」

 親父さんとマインが不思議そうな顔で俺と剣を交互に見る。

「なんだ?」

 俺は落としてしまった剣を拾う。
 先ほどのような変な気配は無い。
 なんだったんだ?
 そう思いながら考えを戻す。
 バチ!

「イッテ!」

 だから何なんだよと俺はいたずらかと親父を睨むが、親父は首を横に振る。
 マインがするはずも無いけど、俺はマインに顔を向ける。

「突然弾かれたように見えたわよ?」

 そんな馬鹿な。
 ありえないと思いながら俺は自分の手の平を凝視する。
 すると、視界に文字が浮かび上がってきた。

『伝説武器の規則事項、専用武器以外の所持に触れました』

 なんだコレは?
 急いでヘルプを呼び出して説明文を探す。
 あった!

『勇者は自分の所持する伝説武器以外を戦闘に使うことは出来ない』

 なんだって!?
 つまり俺は盾以外を使うことが出来ないってのか!?
 盾だけで戦うなんてどんなクソゲーだよ。

「えっと、どうも俺はこの盾の所為で武器が持てないらしい」

 苦笑いを浮かべつつ、俺は顔を上げる。

「どんな原理なんだ? 少し見せてくれないか?」

 俺は親父に盾を持つ手を向けて見させる。
 外れないのだから仕方が無い。
 武器屋の親父が小声で何かを呟くと、盾に向かって小さい光の玉が飛んでいって弾けた。

「ふむ、一見するとスモールシールドだが、何かおかしいな……」
「あ、分かります?」

 よくスモールシールドだと理解した。
 ステータス魔法にもスモールシールドと記載されていた。

 (伝説武器)と言う項目が付いてるけど。

「真ん中に核となる宝石が付いているだろ? ここに何か強力な力を感じる。鑑定の魔法で見てみたが……うまく見ることが出来なかった。呪いの類なら一発で分かるんだがな」

 見終わった親父は目線を俺に向けてトレードマークの髭を撫でる。

「面白いものを見せてもらったぜ、じゃあ防具でも買うかい?」
「お願いします」
「銀貨250枚の範囲で武器防具を揃えさせるつもりだったが、それなら鎧だな」

 盾は既に持っているわけだし、結果的にそうなるよな。
 親父さんは店に展示されている鎧を何個か指差す。

「フルプレートは動きが鈍くなるから冒険向きじゃねえな、精々くさりかたびらが入門者向けだろう」

 といわれて、俺はくさりかたびらに手を伸ばす。
 ジャラジャラ……。
 鎖でつながれた服だ。
 そのまんまだよな。防御は見たとおりって所か?
 ん? アイコンが開いた。

 くさりかたびら 防御力アップ 斬撃耐性(小)

 ふむふむ、剣の項目で出てこなかったのは装備できないからだな。

「あれの値段はどれくらいなんですか?」

 マインが店主に尋ねる。

「おまけして銀貨120枚だな」
「買取だと?」
「ん? そうだなぁ……新古品なら銀貨100枚で買う所だ」
「どうしたの?」
「盾の勇者様が成長して不必要になった場合の買取額を聞いていたのですよ」

 なるほどなぁ……俺もLv1だし成長したらもっと強力な装備が着用できるだろう。
 これより下の装備もあるようだけど、現状だとこれが一番効果が高いみたいだ。

「じゃあこれをください」
「まいど! ついでに中着をオマケしておくぜ!」

 店主の気前のよさに俺は感謝の言葉も出なかった。銀貨120枚を渡し、くさりかたびらを手に入れた。

「ここで着ていくかい?」
「はい」
「じゃあ、こっちだ」

 更衣室に案内され、俺は渡されたインナーとくさりかたびらに着替えた。
 元々来ていた服は店主がくれた袋に入れる。

「お、少しは見えるカッコになったじゃねえか」
「ありがとうございます」

 褒め言葉なんだよなコレ。

「それじゃあそろそろ戦いに行きましょうか勇者様」
「おう!」

 冒険者っぽい格好になった俺は気持ち高らかにマインと一緒に店を出るのだった。
 それから俺達は城門の方に歩いて、城門を潜り抜ける。
 途中、国の騎士っぽい見張りが会釈してくれたので俺も元気良く返した。
 ワクワクの冒険の始まりだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ