挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
盾の勇者の成り上がり 作者:アネコユサギ

盾の勇者の成り上がり

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

104/854

1/4

「う~ん」

 俺は三人の去った会議室で唸っていた。
 冷静になって考えると、正直眉をしかめるしかない。
 奴等から引き出せる情報は全て出し切ったと思う。
 しかしどれが本当で、どれが嘘なのか俺には判断基準が無い。

 俺は……奴等の主張をメモに纏めて唸る。

 共通として魔物は吸うとドロップ品が手に入る。
 そういえば、解体に関する事を説明し忘れていた。
 まあ、コレくらいは理解しているだろう。
 後はウェポンコピー。これは奴等もゲームとの相違点だったみたいだ。
 既に存在する同じ系統の武器を持つと武器が解放されて、装備可能になる。
 他に調合とかの作成技能は武器が代行してくれる。

 ここまでは奴等の意見も一致していた。

 後はそれぞれの主張した強化方法を纏めて見よう。武器毎に異なるだと俺の盾の特色が分からない。
 モデルとなったゲームも無いし、ましてや俺が読んでいたのは未完の本だ。
 ……仲間育成が盾の力とか突きつけられそうだけど……。

 錬
 Lv依存。
 熟練度 同じ武器を使っている事によって威力が上がる
 エネルギー付与 使い終わった武器の熟練度をリセットすることで手に入るエネルギーを注入し、秘められた力を解放できる。その他、武器に吸ったアイテムをエネルギーに変換できる。
 レアリティ増加 エネルギーを注入することによってその武器のレアリティを引き上げることができる。総合的な能力が向上。

 元康
 武器によって全てが決まる。スピリットエンチャントが全てで、武器の本来の強さはあまり関係ない。振り回せるだけのステータスが必要。
 精錬 一つの装備を鉱石を使って強化できる。
 スピリットエンチャント 倒した魔物の魂の欠片や武器に吸ったアイテムを付与することで特別な力を与えられる。 
 ステータスエンチャント ステータスに付与ができる

 樹
 武器のレア度が全て、付与はオマケ。
 強化 特定の鉱石を武器に装着させることで威力を高める。 
 アイテムエンチャント 武具に吸わせたアイテムからエネルギーを抽出、攻撃等の%を上げる付与を確率で行う。
 ジョブLv 吸わせた特定の魔物やアイテムの力を与えることでステータスがドーピングできる。

 こんな所か。
 見事にバラバラだな。
 エネルギーとか強化、精錬、レア度とレアリティも被っている。
 エンチャント系なんて三つもあるぞ。

 そもそも三人が共通としてゲームの世界だと思っているが、それぞれ別のゲームなんだよな。
 しかもジャンルすら違う。
 VRMMO、普通のMMO、コンシューマー。
 VRは良く知らないが、MMOとコンシューマーが同じシステムとかありえない。あったらファンゲーだろ。

 なんとなく俺の世界でもそれぞれが主張するゲームに似たシステムが使われている物がある。
 そう考えてみれば……別のゲームの知識を嘘として主張したとも言える。
 しかし……どうなのだろうか?

 俺は盾に目を向ける。
 伝説の武器ってどうも所持者の心に反映される所があるように思えてならない。
 カースシリーズだってそうだ。
 ツリーを最初に探しても見つからず、フィーロが死んだと思った時の怒りでツリーが裏返って現れた。

 そうだ。心……なんだよな。

 頭から否定していたら出ないのかもしれない。
 ウェポンコピー……これは三人共同意していたから嘘ではない。
 ドロップもそう。だけど俺は理解できていなかった。
 武器のアイコンを開いて、調べる。
 ……やはり見つからない。

 完全に別カテゴリーなのか? 奴等の理屈とは違う構造なのだろうか?
 伝説の盾。
 否定……そうだよな。
 心のどこかで否定してしまっている。
 だから……奴等が息をするようにできることが出来ないのではないか?
 客観的な視点を学ぼうとか言ったのに、これでは視野が狭まるばかりじゃないか。

 ドロップはある! コピーはある!
 三人が同時にあると認識しているんだ。無いはずがない。
 信じろ……信じるんだ。想像しろ、今まで倒した魔物のドロップ一覧が出る画面を。

 俺は盾のシステムの項目を押す。
 すると軽い音を立てて項目が開いた。
 ズラーっと今まで解体せずに吸わせていた魔物やアイテムの項目が現れた。

「なんだよこれ!」

 信じることも力になるって……騙されないように用心することで自分の可能性を狭めているのか。
 ……何か、アイテムボックスを開くみたいに魔物をクリックするとドロップが確認できる。
 あ、魔力水の材料になる薬草が出た。他にも魂癒水の材料も……。
 色々と出てくるなぁ。全部出したら凄いことになりそうだ。
 他に……あ、ゴミが結構ある。魔物の臓物とかもちゃんと入ってる。

 樹の鉱石に目を向ける。
 実際に奴は鉱石を購入している。これをどうやって使うのかも説明していた。
 なら信じてみるしかない。

 存在する。あれだけ怒っていたんだ。嘘を言うはずがない。

 と思って盾のアイコンを押してみる。
 ……しかし、表示されない。
 これは、どこかで否定してしまっているんだ。
 あの嘘吐きが本当の事を言うはずがないと。
 信じる力とやらが足りないのか? 子供向けアニメかよ……。
 だけど……信じるんだ。

「盾の勇者殿?」

 影が話しかけてくる。だけど、俺は自分が生きる為に信じると決め、盾とにらめっこをする。
 騙されたって良いじゃないか。これは伝説の盾だ。信じることも力になる。絶対に損はしない。
 信じろ!

 樹の強化はある。アイテムエンチャントはある。
 じゃなきゃ、俺達は普通より少し強いだけの冒険者なんだ。

 盾のアイコンを信じて押した。
 ザザ……と一瞬だけ、アイコンがざらついた。
 次の瞬間。
 軽い音を立てて、強化項目が出現する。

「よし!」

 リーシアから貰った鉱石を盾に吸わせて該当する盾を探す。
 あった。

 シャークバイトシールド 1/20
 能力解放済み……装備ボーナス、船上戦闘技能1
 専用効果 サメの牙

 試しにシャークバイトシールドを強化してみた。
 なるほど、簡単に強化できた所を見て、しかも分母が20と出ている。
 俺の世界でいう所のモンスターをハンティングするゲームの強化方法に近いようだ。
 というか……回避が割と前提って所も共通項が多いな。
 必要無い訳ではないというのも被ってる。盾を持ったのは鈍足なのも多いし……強い武器というには癖があって使いにくい。片手剣と盾の組み合わせは軽くて動きやすいが、防御するのは厳しいし最強とは遠かった。
 あのゲームは弓が便利と言えば便利だったな。それに近いのかもしれない。まあ、魔法とかは無いから違うのだろうけど。

 ついでに今まで吸ったアイテムからエネルギーを吸ってみよう。
 ……色々な効果があるっぽいなぁ。
 お? ブルーシャークの内臓に水生モンスターから受けるダメージ軽減というのを発見。やってみよう。
 確率は最初は絶対成功するみたいだ。

 シャークバイトシールド 1/20
 能力解放済み……装備ボーナス、船上戦闘技能1
 専用効果 サメの牙
 アイテムエンチャントLv1 水生モンスターから受けるダメージ軽減 2%

 まだ少しあるからもう一度挑戦。
 あ、失敗! 0になった。だが続ける。
 Lv2になった。

 シャークバイトシールド 1/20
 能力解放済み……装備ボーナス、船上戦闘技能1
 専用効果 サメの牙
 アイテムエンチャントLv2 水生モンスターから受けるダメージ軽減 3%

 と、どんどん付与して行って、7で止める。8の成功率がかなり低い。

 シャークバイトシールド 1/20
 能力解放済み……装備ボーナス、船上戦闘技能1
 専用効果 サメの牙
 アイテムエンチャントLv7 水生モンスターから受けるダメージ軽減 16%

 ……なんかこれだけで水生系の魔物と戦えそうな気持ちになるから凄いな。
 ともあれもう一つのゲージが存在する、樹の言葉ではJOBLvだったか。そっちにも挑戦だ。

 防御ジョブLv1
 防御ゲージ 0/5

 吸った数が多い、解体時の魔物の臓物を選んで連打してみる。
 ゲージの上昇は緩やかで1になるのも複数のアイテムを使うみたいだ。

 防御ゲージ 5/5
 ゲージアップ!『防御力+1』
 防御ジョブLv2

 そして防御ゲージが0/6と表示された。
 更にアイテムを加えようとしたが、クールタイムが表示されている。
 どうやら定期的に上げる必要があるみたいだな。
 凄く地味だ。でも集めると馬鹿にならなそう。
 ともかく、これは他の連中も嘘を言っていないのかもしれないぞ。

 まずは錬だな。
 樹の時と同じ様に強く念じながら項目を開いて、愛用しているキメラヴァイパーシールドを弾く。

 キメラヴァイパーシールド 0/30 C
 能力解放済み……装備ボーナス、スキル「チェンジシールド」 解毒調合向上 毒耐性(中)
 専用効果 蛇の毒牙(中) フック
 熟練度100

 なんか、ステータスが既に凄く上がっているのだが……。
 約1、5倍くらいか? 防御力だけなら相当だ。
 上限が100みたいだな。
 指で弾く、すると。

 熟練度をリセットしますか?

 というシステムメッセージが出た。
 迷いながら「はい」を押す。
 すると能力が俺の知る盾へと戻る。

 熟練度エネルギー2000獲得。

 ……そのままキメラヴァイパーに付与を選択。
 あ、足りない……必要量が4000。
 とりあえず使わない盾の熟練度エネルギーを集めて変換し、確保。
 何か注入する音が聞こえる。

 キメラヴァイパーシールド(覚醒) 0/30 C
 能力解放済み……装備ボーナス、スキル「チェンジシールド」 解毒調合向上 毒耐性(大)
 専用効果 蛇の毒牙(大) ロングフック
 熟練度 0

 基礎能力がかなり上がった。
 なんだよこれ!

 後はレアリティ増加だったか? Cはコモンの略だな。
 やはりエネルギーが足りない。色々と変換して確保しよう。

 挑戦!
 失敗!

 失敗するのか!

 成功!

 キメラヴァイパーシールド(覚醒) 0/30 UC
 能力解放済み……装備ボーナス、スキル「チェンジシールド」 解毒調合向上 毒耐性(大)
 専用効果 蛇の毒牙(大) ロングフック
 熟練度 0

 UC……アンコモン。
 か、能力は1、2倍程度増加している。
 その後何回か挑戦しR、レアまで上げる。それだけでかなりの能力が上がっていた。
 上昇量も異常だ。これに熟練度の増加分をプラスって……おいおい。

 更に元康のを参考にして……信じて開く。もはや、全てを信じて貪欲に迫ってみよう。
 くそっ……元康のは強化用の鉱石が無い。
 なのでスピリットエンチャントに挑戦する。
 この島の魔物マゼンタフロッグの魂の欠片というのが大量に集まっていたので、付与!

 キメラヴァイパーシールド(覚醒) 0/30 R
 能力解放済み……装備ボーナス、スキル「チェンジシールド」 解毒調合向上 毒耐性(大)
 専用効果 蛇の毒牙(大) ロングフック
 熟練度 0
 マゼンタフロッグスピリット 毒モンスターからの攻撃15%削減

 ついでにステータスエンチャントにも挑戦しよう。
 材料でやるのか……ああ、結果はランダムなのね。
 結果、魔力が付いた。

 キメラヴァイパーシールド(覚醒) 0/30 R
 能力解放済み……装備ボーナス、スキル「チェンジシールド」 解毒調合向上 毒耐性(大)
 専用効果 蛇の毒牙(大) ロングフック
 熟練度 0
 マゼンタフロッグスピリット 毒モンスターからの攻撃15%削減
 ステータスエンチャント 魔力20+

 でっか! 魔力の付与率でっか!
 あ、リセットできる。でもちょっと材料の数が少ないのでやめておこう。
 以前よりも盾が目に見えて強くなった。
 少々ステータスが難解でごちゃごちゃしているが、俺にとってプラスなのは事実だ。
 特に錬と樹のレアとレアリティが似ているのに別枠なのは困惑した。
 覚えなくてはいけないな。
 ついでにヘルプに目を通す。

「…………」

 案の定、全て追加されている。
 これは……よし、この勢いなら俺の知っている懐かしきネットゲームのシステムも使えるはず。

「あれ?」

 いくら操作しても、念じてみてもうんともすんとも言わない。
 既に相当強化されているのだから文句は言わないが、納得いかない。
 ともあれ……。

「影……」
「なんでごじゃる?」
「他の勇者に通達しておけ。お前等の言った事は全部本当だった。誰一人嘘を言っていない。相手を本当に信じないと出来ないと伝えろ」

 まさかこんな事になるなんて。そういえば以前女王が言っていた。
 教皇の持った模造品は本物と比べて4分の1の力しか出ないと。
 それも納得できる結果になっている。いや、下手をすると上回っている。
 出し抜いたと喜んでも良いが、この状態が本来の姿だとすると最悪の場合……まさかな。

 俺は影にそう注意して、会議をしていた部屋を後にするのだった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ