挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

短編 『思い出した』

作者:あーもんどツリー
この世で一番怖いものは・・・。
ふっ、と、眼が開く。
おもむろに持ち上げられた体は貧相にやせこけていて、およそ自分のものだなんて信じられるはずもなかった。

・・・思い出した。それは他の誰でもなく、俺である。

・・・寒い。
ナゼか異常に寒かった。
のそっ、と起き上がろうと、持ち上げようとした体はふらつき、若干薄い布団にドッサリ倒れこんでしまった。

なんだかなぁ、と天井を見上げ、自分の情けない姿をなげいた。
ため息は白く染まって、まるで冷蔵庫の中だった。
思い出した。昨日タイマーかけてなかったっけか?

・・・よし、ストーブ()こう。

そう思い立ったのでひとまず、俺は()って寝室を出ることにした。
が。

・・・何で・・・!!

何で部屋が凍ってるんだ?!!
これでは『まるで』ではなく、冷蔵庫そのものである。
通りで寒いわけだ。
ストーブ焚かなきゃ寒くて死んじまう!!
と焦り、かじかんだ手を震わせながら、ストーブのスイッチに手を伸ばす、そしてカチッ、という音とともに訪れる安心感。

・・・アレ?

暖かくならない、それどころかストーブが付かない。
オイ、どうしたってんだよ!
付けよ、付けよ!!

何度もカチャカチャいじっていると、バキッ、という嫌な音がした。
スイッチが割れたのだ。

ああ、もう!!
腹が立って、ストレス発散の為にとテレビを付ける。
画面は黒を映したまま、どうやら凍っていた。

いわゆるフリーズ。雑に言えば『ぶっ壊れていた』。

腹が立って家具にあたる。
凍って丈夫になっていたそれは、俺の貧相な体を笑うかのように、冷たく、痛みを刻みつけてきた。
傷ができ、寒さはよけい体に染み込んできた。
やせた体は、最早力を使い果たした。

出汁(ダシ)の出ない(とり)ガラ。母親か俺を馬鹿にして散々言ってきた言葉が、ふと思い出された。

時間が経っていくと、だんだん気力も()げてきてしまった。
疲れてしまった俺は、万事休す、とテーブルの上に横になる。

俺はこのまま、凍っていくのだろう。
それならいっそ、先程の焦っている俺のような痴態(ちたい)なんかじゃなく、逆らうことなく、(いさぎよ)く男らしいザマでいこう。

最早、手足の感覚はなかった。

頭も正常に働いていないのか、『もう凍ってもいいや』と思いさえしている。

ガチャンッ。

突然、何かが動く音がした。
続いて勢いよく、家の中がやけに明るくなった。
ああ、思い出した。俺がいじってたストーブだ。どうやら壊れずについてくれたらしい。

横を向く。

確かにストーブが付いていた。
だがそれよりもあきらかに(すご)い事が、目の前で起こっていた。

家の至るところ、家具のおそらく全てに火が付いていたのだ。
壊れてんじゃねぇか、とビビって飛び上がる。

飛び上がるハズが倒れてしまう。
凍って、背中がテーブルの天盤に張り付いてしまっていた。

逃げようにも、天盤が邪魔して動き辛い、しかもドアも開かず、開いている寝室へのドアもくぐることができない。

今度こそ本当に万事休す。

ブツンッ。
突然、テレビの電源が入る。

映像が映る、それは報道番組だったようで。
写りこんだ一人の極悪犯の、死刑を伝えるものだった。

どうやらその犯罪者、かなりの人数を手に掛けたヤバいヤツらしい。
世の中ってのは、恐ろしいもんだな・・・。

『その様子を、これから公開いたします』

え。
俺は一瞬頭が空白になった。
そして、一つ思い出した。
ここは日本じゃない、ということ。

そしてその直後、アナウンサーのいう通り、公開処刑の様子は映し出された。

燃える部屋。
テレビを食い入るように(なが)める人影。
大きな板を背負って、無様な、やせこけた体型の男。


それは俺だった。


・・・思い出した。俺、人殺しだった。





「・・・ッ!!」
ふっ、と、眼が開く。
嫌な夢を見たな、と、痛む頭を手で押さえながらのそっ、と起き上がる。
いつも、この夢を見ると頭が痛む。
体を持ち上げようと動くと、俺は布団に倒れこんでしまった。
アレ?と違和感が頭をよぎった。
なんだかなぁ、と思った瞬間、何度も見た夢が脳裏をよぎり、違和感がデジャビュにかわっていった。
寒気が背すじをはい回る。
異常なほどの寒気は、俺の記憶をよみがえらせた。


・・・思い出した。俺は・・・・・・。
自分が何者か知らない事、と私は考える。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ