挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

Rhapsody in Blue

 激しい雨音に隠れるように聞こえてきた音楽にふと少年は足を止めた。
 「なんだろう」
 なぜかリズムがすこしずれた、それでいて調和した音色に惹かれ少年はその音のする方に歩き出した。
 その音源に近づくにつれなぜか心が浮いてくる。
 きっと楽しい事が待っているのだろうと少年は足を速める。
 それから30秒も歩くと一軒のカフェに着いた。『Rhapsody in Blue』それがこのカフェの店名だ。
 ゆっくりとその戸を少年は開くとそっと中へ体を滑り込ませた。
 「いらっしゃいませ。お席へどうぞ」
 そうにこやかにカフェの店員の可愛らしい少女が言い少年は言われるままカウンター席に着く。
 「少年、ここは初めてか?」
 ふとそんな声を聞き、少年はその声の主を見る。
 それはとても品のいい老紳士だった。
 「ええ、まあ」
 「この音楽に誘われて来たのか?」
 「そうです」
 少年がそういうと老紳士は顔をほころばせた。
 「なら運がいい、この曲は雨の日にしか流さないんじゃよ」
 「はあ、なんでですか?」
 「それは―――
 「あ、いっけない空が晴れるわ」
 店員の少女はそういい曲を止めた。
 魔法はもうおしまいと言うように。
 「それじゃあ、わしは行くかの」
 「まってください」
 少年は気が付くとそう口にしていた。
 「どうしてあの曲は雨の日にしか流さないんですか?」
 「あの曲の名前をしっとるか?」
 「いえ」
 「あの曲の名前はRhapsody in Blue。意味は――この曲はまだ青い」
 「?」
 あっけにとられる少年をよそに老紳士は去ってゆく。
 青すぎた少年は、ただそれを見つめた。


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ