挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

いちひくいち

作者:藤崎珠里
 ぐずっ……ひっ、ひっく。ふっ……。

 どこからか聞こえてきた泣き声に、あおは首をひねった。どこかで誰かが泣いているらしい。子どもの泣き声に聞こえるが、はて、この家には子どもがいないはず。ではなんだ、とますます首をひねって、あおはどてんと尻もちをついてしまった。おかしくなって、口からくふっと笑い声がもれた。
 いけないいけない、泣いてる人がいるのだった、とあおは立ち上がって歩き出した。
 ぺたぺたと足音を立てて、泣き声のほうへ向かう。庭であれば下駄を出すが、どうやら泣き声の主は家の中にいるようだから、裸足のままだ。
 歩くあおのおかっぱ髪が、ふんわりふんわり揺れる。この柔らかい髪の毛は、あおの自慢だった。
 この家の人間とすれ違った。何も気にせずそのまま行く人を、あおは振り向いて見送った。廊下の角を曲がって姿が見えなくなると、あおはまた歩き出す。

 ぺたぺた……ぺたぺた……。
 ぐずっ……ふぇ……ひっく……。

 近づいていくにつけ、もしや仲間なのではないか、とあおの心にむくむくと期待がわいた。
 あおは、生まれてこのかた、この家から出たことがない。当然、仲間に会ったこともなかった。会ったことはないが、自分の他にもたくさんいることは知っている。初めて会う仲間はいったいどんな子だろう、とあおはわくわくした。
 それにしても、なぜ泣いているのだろう。いつまで泣くのだろう。
 そんなことを考えながら歩き続けると、ついに泣き声がする部屋に着いた。
 えい、とふすまを開けば、ぱちっと大きな目がこちらを向く。

「おまえ、どうしてそんなに泣いているの。そんなに泣いたら、目が溶けてしまうよ」

 あおと同じくらいの背丈の男の子は、ひっく、としゃくりあげた。あおがいるのが不思議なのか、瞬きをしては、その大きな目から涙をぽろぽろこぼした。真っ黒で、どこまでも澄んだ目だった。
 あおは、その子にかけよった。

「ねえ、どうしたの」
「きみは、だれ?」

 もう一度尋ねると、問い返された。

「あおは、あおだよ。おまえは?」
「ぼく? ぼくは……つき」
「つき、どうして泣いているの? 悲しいの?」
「悲しい?」

 つきは、ぽよぽよした眉を寄せて、うーんうーんと考え始めた。もしや、悲しいという気持ちがわからないのかもしれない。
 誰かにものを教えられる嬉しさに、あおは頬を染めて口を開いた。

「あのね、悲しいと、ぎゅって痛くなるの。それで、涙が止まらなくなってしまうの。誰かにそばにいてほしくなるの。つきは? 悲しい?」
「……そうかも、しれない」
「じゃあ、あおと一緒にいよう。一緒にいれば悲しくない」

 いっしょ。つきは不安げにつぶやいた。
 つきは、不幸を呼ぶのだ。誰かのそばにいると、決まって何か悪いことが起こる。人間は、つきの前では笑顔になることがない。
 一緒にいたら、あおにも何か起きてしまうかもしれない。
 そう考えてから、つきはそういえば、と思った。

「あおは、どうしてぼくが見えるの?」
「あおはつきの仲間。つきも座敷わらしだ」
「……座敷わらし?」
「違うの?」
「うん、きっと……」

 座敷わらしは、幸運を呼ぶのだ。だとしたら、つきは座敷わらしではない。
 うつむいたつきを、あおはきょとんと見つめた。

「でも、つきは見えないのでしょ、人間には」
「うん……」
「だったら、あおと同じよ? 座敷わらしじゃなくても、仲間だ」
「そうなのかな?」
「そうよ、絶対。だからほら、一緒に遊ぼう」

 最近あおは、この家の人間が裁縫するのを見ることが好きだ。ただ見ているだけでも面白いし、そのうえちょっぴり笑ったり、くしゃみをしてみせれば、人間はびくっとするのだ。きょろきょろ周りを見て、これはおかしいぞ、と不思議そうにするのを見るのは、とても面白い。
 もしつきがそれに飽きたら、今度は暖炉の灰を外に撒き散らして、足跡をつけて遊ぼうか……。
 考えるだけで楽しくて、あおはくふっと笑う。一人でも楽しいのに、二人で遊んだらいったいどれだけ楽しくなってしまうのだろう。
 つきは、一緒に遊んでいいのかまだ不安だった。けれど、やっぱり誰かと一緒にいたくて、うなずくことにした。

「じゃあ、向こうの部屋に行こう。今の時間、きっと裁縫をしているよ。……あ、料理かもしれない。料理だったら、じっと見ているだけね。びっくりして怪我をさせてしまったらかわいそうだから。あのね、ここの人は、すごく美味しいものを作るの。たまに家族の数より多くお皿にもって、置いてくれるから、きっと見えなくてもあおたちに気づいているのね。たまーに、おーい、って声をかけてくれる人もいるの。はあい、って返すと、びっくりして、でも喜んでくれるのよ。ね、今度つきも一緒にしよう。楽しいよ」

 たくさんたくさんあおは喋って、嬉しそうに笑った。それを聞いて、見て、いつの間にかつきも笑ってしまっていた。
 笑ってしまってから、あれ、自分は笑えたのか、とびっくりした。自分の顔は見えないけれど、もしあおみたいに素敵な笑顔だったら嬉しいなぁ、と思った。

「さあ、着いた。通り抜けられるけれど、ふすまを開けて入ってみる?」
「どっちが楽しいの?」
「え、うぅん……きっと、開けないでそのまま入ったほうが楽しい。でもつき、最初は気づかれないようにしなければだめよ。そのほうが面白いから」

 まじめな顔のあおに、つきも、うん、と返事をした。
 足音を立てないように、そうっとそうっと中へ入った。あおは、ついくすくすと笑いそうになってしまった。それでも自分からつきに『気づかれないようにしなければ』と言ったのだから、と、あおは自分の両手で口を塞いだ。
 中には、女がいた。赤い着物はあまり上等なものではなかったけれど、丁寧に洗濯されていて綺麗だったし、髪の毛もきちんとまとめてあって、とても上品に見えた。あおと着物の色が同じで、ちょっと嬉しくなった。
 女は座って裁縫をしていた。お日様に当たってぴかぴか光る針で、布を縫っていた。
 あおは、この女が裁縫をしているところを見るのが好きだった。この家では、女しか裁縫をする人がいないけれど、それでも裁縫上手なのだということはわかる。するすると迷わずに縫っていって、綺麗な着物や手巾をあっという間に縫い上げてしまうのだ。
 あおとつきは、二人でしばらく女をじっと見ていた。


 これは、いるわね。と、女は心の中でふふふと笑った。
 姿は見えないけれど、この家には子供が二人いる。片方は女が物心つくころにはいて、もう片方はつい最近住まうようになった。最近のほうは、何が悲しいのかずっと泣いていたけど、どうやら元からいるほうに連れられて、女のことをじっと見ているらしい。
 姿は見えなくとも、声は小さく聞こえるし、足音も聞こえるし、気配もする。暖炉の灰が撒き散らされて、そこに小さくかわいい足跡がついていたときには、つい笑ってしまったものだ。この家に住んでいない者には、足跡などはっきりしたものしかわからないようだけれど。
 よかったわ、と針を動かしながら女は思う。
 ずっと泣いていたあの子は、こちらが近づくと更に泣くので困っていたのだ。理由はわからないけれど、近づくと決まって何か悪いことが起きたので、それが嫌だったのかもしれない。元からいるほうは逆に、近づくと良いことが起きるのだった。
 人に不幸を起こしたくないから泣くなんて、なんて優しい子なんだろう。人間ではないけれど、そういう優しい心を持っているのだと思うと、心がほっこり温かくなる。
 くしゅん、と小さなくしゃみの音がした。言葉は聞き取れないけれど、そのあとに二人で何か話している。あら、泣いていた子は男の子なの。声の調子で、そうわかった。

「でーきた」

 見せびらかすように、女は手巾を広げた。途端に喜ぶような声が聞こえたので、くすくすと笑ってしまう。ああかわいい。私もいつかは子供がほしいものだわ。
 すると何かが、女の背中に乗ってきた。とんとん、と軽く叩いてやると、嬉しそうな笑い声が上がった。続いて、そうっとまた何かが乗ってくる。後から来た子はきっと男の子のほうね、と女はそちらもとんとんと叩いてやった。
 そういえば、二人の近くにいるというのに、今日は何も起こらない。
 不思議ね、とちょっぴり首をかしげて、ああ、と納得した。二人が一緒にいることで幸福と不幸が混ざり、互いに打ち消しあったのだろう。
 でも、と女は思う。打ち消しあったところで、残るのは変わらない日常だけ。それは、とても幸せなことではないだろうか。

 これできっと、もう泣かないわね。

 女は笑みを浮かべて、二人の小さな小さな話し声を聞いていた。




評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ